早稲田-ナンヤン ダブルMBA
6/8

毎年10月1日から出願期間が開始されます。出願期間は下記の通りです。Round 1:10月1日~11月1日Round 2:11月2日~1月15日Round 3:1月16日~3月31日出願期間費用入学金10,000授業料56,340.00諸経費522.50合計66,862.50※GSTを含む。シンガポール及び日本での住居費や生活費は含まれません。(参考:NBS寮費 S$400〜)費用(シンガポールドル)※奨学金額200万円(最大)ダブルディグリー取得をめざす日本人学生※を対象とした奨学金制度で、出願時に申請し、入学前に採用が内定します。予約型(入学前)奨学金※在留資格が「永住者」「定住者」「日本人(永住者)の配偶者、子」の方も対象になります。1. 大学での成績、学力 (TOEFL又はIELTS、GMAT又はGRE)2. 実務経験3. 小論文および推薦状4. 一次選考合格者に対する面接選考基準(シンガポール国内の出願者は対面、同国外からの出願者は電話もしくはスカイプやTV会議システム等利用)アジアトップ校のナンヤンビジネススクールで学ぶMBA世界トップ100(Financial Times 2020)位35世界国際競争力ランキング(IMD World Competitiveness ranking 2019)位1シンガポール 世界水準を誇り、アジアでトップクラスのビジネススクールに選ばれているNBSは、アジアでは3番目にEQUISとAACSBの両方から認証を受けたビジネススクールです。アジアを中心にグローバルなビジネスリーダーを育成するという使命を掲げ、優れた教育、革新的なカリキュラムと質の高い研究に取り組んでおり、世界のトップクラスの大学との提携を通じて、学生が国際的な場での経験を重ねることのできる有益な機会を提供しています。150名の専任教授陣は、経営、マーケティング、IT、ファイナンス、会計の分野において第一線で活躍しています。また、卒業生はシンガポールやアジアの産業界や政府機関で重要な地位を占めています。ナンヤンビジネススクール(NBS)※シンガポール国立南ナン洋ヤン理工大学とは QS World University Rankings 2020では11位にランキングされる、アジア屈指の名門国立大学です。専門性の高い職業・産業・ビジネスのトップに立つリーダーの育成と、ビジネス・技術・コミュニケーション・教育・生命科学の分野における研究開発の促進を使命とし、世界中から精鋭の研究者が集まっています。そして卒業生はアジアやその他の地域における学問、社会、経済の発展に影響を与えています。

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る