教職大学院
15/20

教員紹介細谷 美明 客員教授【基本科目】カリキュラム開発の理論と実践/授業技術の理論と実践/学級経営の実践力研究/児童生徒の社会性・規範意識を育てる開発研究【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【分野別選択科目】授業力向上の実践演習【共通選択科目】人権教育/学校マネジメントの視点で見た学校教育研究東京都教育委員会等において教員指導、教員採用等に従事。その後、2つの公立中学校長を歴任。1998年に中学校学習指導要領作成協力者(社会)、2013年に全日本中学校長会会長、日本中学校体育連盟会長、中央教育審議会委員、2019年から全国図書教材協議会会長、教育新聞社論説委員、日本教材学会理事。著書:共著「中学校担任がしなければならない保護者対応の仕事12か月」(明治図書、2011)等。担当科目プロフィール三村 隆男 教授【基本科目】児童生徒の社会性・規範意識を育てる開発研究【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【分野別選択科目】キャリア教育の理論と実践/キャリア教育の実践プログラム開発/教育行政実地研修【共通選択科目】教育実践論文演習/学校マネジメントの視点で見た学校教育研究県立高校教師(24年間)、上越教育大学准教授を経て現職。学会認定キャリア・カウンセラー。アジア地区キャリア発達学会副会長、日本キャリア教育学会理事。日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2017、2018)、UC Berkeley Visiting Fellow(2018)。専門はキャリア教育、生徒指導、教師のキャリア形成。著書等:「教師というキャリア」(2013)、「書くことによる生き方の教育の創造」(2013)、Career Counseling in Asian Countries, Journal of Asia Pacic Counseling, 3(1),(2013)、「新版キャリア教育概説」(2020)等。担当科目プロフィール三﨑 良章 客員教授【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【共通選択科目】教育実践論文演習早稲田大学第一文学部東洋史学専修卒業、同大学院文学研究科史学(東洋史)専攻博士後期課程満期退学。博士(文学)早稲田大学。早稲田大学本庄高等学院教諭として「世界史」、「近現代の世界」等を担当し、入試担当主任等を歴任。専門は東アジア史(特に魏晋南北朝時代)。著書に『五胡十六国の基礎的研究』(汲古書院、2006年)、『五胡十六国 中国史上の民族大移動』新訂版(東方書店、2012年)等がある。担当科目プロフィール羽入田 眞一 客員教授【基本科目】学校組織開発の理論と実践【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【分野別選択科目】学校マネジメントと学校再生に関する理論と事例研究【共通選択科目】進路多様校の教育課題/学校マネジメントの視点で見た学校教育研究神奈川県教育委員会教職員課専任主幹(管理主事)、県立総合教育センター担当部長を経て、県立高等学校3校の校長を務める。県立高等学校長会副会長、全国高等学校長協会常務理事、同協会国際教育交流委員会委員長、全国英語科・国際科高等学校長会理事長。県立国際高校では、日本初の取り組みとして教育課程にアラビア語を設置した。現在、実践女子大学、青山学院大学で非常勤講師を兼任。「アラビア語教育の10年」(『アラブ』No.164号・日本アラブ協会・2018)担当科目プロフィール濱中 淳子 教授社会調査東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(教育学)。専門は教育社会学、高等教育論。リクルートワークス研究所、独立行政法人大学入試センター、東京大学高大接続研究開発センターを経て現職。主な著書は『検証・学歴の効用』(単著、勁草書房、2013)、『大衆化する大学』(編著、岩波書店、2013)、『教育劣位社会』(共著、岩波書店、2016)、『教育研究の新章(教育学年報11)』(編著、世織書房、2019)等。担当科目プロフィール松本 芳之 教授【共通選択科目】社会的自己と教育早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻後期課程退学。博士(文学)早稲田大学。帝京科学大学理工学部専任講師、同助教授、早稲田大学教育学部助教授、同教授を経て、2016年度より教職大学院教授。「紛争解決の社会心理学」(共著:ナカニシヤ出版・1997)、「中学・高校版『総合的な学習の時間』教材研究」(分担執筆:学文社・2006)、「人間関係の心理学」(共著:誠信書房・2007)担当科目プロフィール油布 佐和子 教授【基本科目】教員の社会的役割と職業倫理【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【分野別選択科目】担任学の実践研究/学校経営に活かす教育データ分析の実践研究【共通選択科目】教育実践論文演習東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。福岡教育大学教育学部教授を経て現職。日本教育学会・日本教育社会学会・日本教師教育学会理事、日本学術会議連携会員、「現代日本の教師―仕事と役割―」(NHK出版 2015)[教育労働者の労働問題]2016年度版「日本労働年鑑」第86集、「教師教育の高度化と専門職化」(佐藤学編『学びの専門家としての教師』2016 岩波書店)、「教員養成の現状と社会学の貢献可能性」(北澤毅編『教師のメソドロジー』2018 北樹出版)、「教育労働の視点から見た教師の多忙化」(『教職員の多忙化と教育行政』2020 福村出版)等。担当科目プロフィール李 軍 講師【学校における実習】学校臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ【分野別選択科目】授業力向上の実践演習/教材開発と実践早稲田大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(教育学)。専攻は国語科教育学。早稲田大学、学習院大学、国際基督教大学の非常勤講師を経て現職。主な著書は、『日中漢字文化をいかした漢字・語彙指導法』(早稲田大学出版部・2016)、『明日の授業をどう創るか-学習者の「いま、ここ」を見つめる国語教育』(共著・三省堂・2011)、『中学校・高等学校文学創作の学習指導』(共著・溪水社・2018)、『実践国語科教育法(第三版)』(共著・学文社・2019)等。担当科目プロフィール河村 茂雄菊地 栄治小林 敦子坂爪 一幸教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授主な担当科目主な担当科目主な担当科目主な担当科目学級経営の理論/学級経営の実証的研究学校経営に活かす教育データ分析の実践研究 A/学校組織開発の理論と実践A・B学校とコミュニティ開発脳の働きの障害と教育支援(教育分野に関する理論と支援の展開)長島 啓記本田 恵子前田 耕司宮崎 里司教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授大学院日本語教育研究科 教授主な担当科目主な担当科目主な担当科目主な担当科目世界の教育制度・政策研究/学校臨床実習Ⅰ ・Ⅱ ・Ⅲ 個別カウンセリング理論と実践(心理支援に関する理論と実践)多文化・異文化間教育の実践的研究2多文化・異文化間教育の実践的研究1 矢口 徹也藁谷 友紀教育・総合科学学術院 教授教育・総合科学学術院 教授主な担当科目主な担当科目学校とコミュニティ開発A・B競争社会における教育兼担教員※2021年4月現在※2021年度休講科目含む13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る