法学研究科
6/32

修士課程民事法学専攻 当研究科民事法学専攻の特長は、研究指導体制の質・量における充実度、および学生の質・量における充実度にあります。まず、当研究科では、法務研究科の所属教員も含めた、学術院一体での指導がなされており、これにより、他大学を圧倒する教員陣容の中で、幅広く、質の高い研究指導を受けることができます。次に当研究科には、早稲田大学に限らず、国内の他大学や国外における、トップレベルの学生が多く入学しており、学生同士での切磋琢磨により、研究のレベルが高められています。この結果、当研究科は、多数の法学研究者を輩出し、当研究科出身の法学研究者によるネットワークは、全国に広がっています。また、とりわけ民事法学専攻の学生には、修士課程終了後に、企業や公務員等の道に進む者も多く、採用や、採用後のキャリアアップにおいて、専門性やリサーチ能力を生かすことにより、そのアドバンテージを著しく活かしている例が多いことも特徴です。4Graduate School of Law

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る