法学研究科
21/32

主な進路実績修了・退学後の主な進路実績 ※以下は、当研究科として把握している情報に限られます。教育機関 平塚学園(平塚学園高等学校)官公庁 財務省東京税関、関東信越国税局、総務省、香川県庁、千葉市役所、国税庁・東京国税局法律関係 TMI総合法律事務所、KU行政法務事務所、金杜法律事務所東京支店、東京国税局、特許庁、財務省東京税関、文部科学省、ベリーベスト弁護士法人、若狭法律事務所、King&Wood Mallesons 法律事務所・外国法共同事業その他(民間企業等) 深澤社会保険労務士事務所、(一財)日本海事協会、三菱商事(中国)、国家煙草専売局(中国)、社会保険労務士事務所(予定)、JPモルガン証券(株)、社会保険診療報酬支払基金、日本銀行、京セラ(株)、(社)日本鉄鋼連盟、IPTech特許業務法人、(株)船井総合研究所、(株)情報通信総合研究所、(株)マネーフォワード、(株)日本経済新聞社、(株)日本能率協会コンサルティング(株)プロネクサス、OURS小磯社会保険労務士法人、Maulana and Partners Law Firm、サノフィ(株)、クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社、(株)阪急阪神エクスプレス、マニー株式会社、損害保険ジャパン(株)、(株)格付投資情報センター、株式会社テイクオーバル、McCann Erickson Japan、(株)ニコン、(特非)e-Education、アクセンチュア(株)、第一中央汽船(株)、(株)インテック、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株)、(株)朝日新聞社、特許業務法人志賀国際特許事務所、エンプラス(株)、花王(株)(1)修士課程 2017年~2019年度 ※主な進路を抜粋、社会人学生の現職復帰含む。教育機関 首都大学東京(東京都立産業技術高等専門学校)、早稲田大学、駒澤大学、愛媛大学、大東文化学園、聖路加国際大学法律関係 水戸家庭裁判所、隼あすか法律事務所その他(民間企業等) (株)リオ・ホールディングス(2)博士後期課程 2017年~2019年度 ※主な進路を抜粋、社会人学生の現職復帰含む。留学制度 法学研究科では海外協定校と複数の学生交流協定を締結しています。海外の大学より交流学生を受け入れると同時に、当研究科の学生も海外大学で学ぶ機会が提供されております。詳細につきましては法学研究科事務所までお問い合わせください。 また、2020年度より新たにKU Leuven(ベルギー)とのダブルディグリー協定を締結し、交流を開始いたします。ダブルディグリープログラムは、法学研究科在学中にダブルディグリーのカリキュラムを提供する大学に留学し、所定の要件を満たすことで、早大修了時に本学の学位に加え、留学先大学所定の学位も取得することができるプログラムになります。留学先大学での所定要件を満たすためには、外国語に関する高度な読解力、聴解力、会話力が求められるため、参加希望者の語学力については特に厳格な審査を行います。Columbia Law School KU Leuven国立台湾大学機 関アメリカ合衆国Columbia Law School Cornell Law School Duke University School of Law カナダOsgoode Hall Law School of York UniversityドイツUniversity of OsnabruckフランスUniversité Pantheon-Assas ParisⅡベルギーKU Leuven台湾国立台湾大学台湾国立政治大学法学院韓国梨花女子大学中国上海交通大学凱原法学院交換留学プログラム(Exchange Program)機 関ベルギーKU Leuvenダブルディグリープログラム(Double Degree Program)※ 2021年4月時点Graduate School of Law19

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る