法学研究科 現代アジア・リージョン法LL.M.コース
2/6

経済のグローバル化が進展するとともに社会は急速な変化を遂げ、実務法曹でもない、法学研究者でもない、高度な法的分析能力を有する人材が求められるようになりました。これまで日本の法学を牽引する優れた研究者や実務家を数多く輩出してきた早稲田だからこそ、時代の要請に応える学問の府であり続けたい││。その想いが結実して生まれたのが「先端法学専攻」です。これまで培った教育研究の実績、幅広い専門性を礎に、次代が求める真のプロフェッショナルを育成します。卓越した法的分析能力を育む新たな「知の学府」が誕生早稲田大学 大学院法学研究科先端法学専攻2018年4月開講予定2つのコースで「知」の連環をつむぐ知的財産法LL.M.コース知的財産の実務を完遂するエキスパートを養成現代アジア・リージョン法LL.M.コース世界初、アジア・リージョン法を体系的に提供

元のページ 

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です