教育学研究科
8/24

 国語教育専攻は、国語教育界への人材の育成に貢献して来た本大学教育学部国語国文学科および現職教員の再教育に貢献してきた専攻科(国語国文学専攻科)の歴史の上に立って、新しい時代に望まれるより高度な学識と実践力を備えた国語教育の実践者ならびに専門研究者の育成を目標としています。 本専攻では、以上の見地から、国語科教育、日本語学、国文学、中国古典文学の四つの分野を設定し、各自が選んだ専門分野の研究を演習と研究指導によって深めるとともに、講義科目を履修することによって隣接分野を学ぶことを通じて、わが国の今後の国語教育界をはじめとして、さまざまな専門分野で活躍し得る高度の専門性を身につけることができます。 また本専攻では、日本語教育のためのカリキュラムを用意し、日本語教師たろうとする者のためにも道を開いています。国語教育専攻 私は中世の軍記物語に見られる人物描写について研究しています。学部は他大学に在籍していましたが、教員になる前に、批判的な視点で作品と向き合う大津雄一先生の下で軍記について考えてみたいと思い、本専攻に進学しました。文学だけでなく、教育に関しても学ぶことができる点にも魅力を感じました。 本専攻の授業では、古典文学・近現代文学・中国古典文学・国語科教育といった多様な専門分野を持つ学生との発表・討議を通して、文学や国語教育の可能性について深く考えることができます。また、インターンシップ科目における現場での授業見学や実践は、国語科の授業作りに対する問題意識を強く持つ機会になりました。他専攻の内容を知ることができる授業もあり、新たな視点を得やすい環境が整っています。 『古事記』『日本書紀』「風土記」『萬葉集』等の上代文学作品と、それに関する古典教育についての研究を指導します。上代の作品はそれぞれが「日本初」として現在に伝えられていますが、この列島の上には、それより以前にも文化の累積がありました。例えば神話は、宇宙の成り立ち、社会の規則、人の生死を決定づける力を持って人々に伝えられていましたが、その神話力を利用しながら、『記』『紀』が記す国家の〈歴史〉としての〈建国神話〉が作られました。また、ウタは非日常の言語として共同体で口承されていましたが、それが記紀歌謡に形を留めて特定の登場人物の歌となり、やがて初期万葉の「和歌」が生まれました。上代文学の研究は「日本」とは何かを問うことにつながります。授業では、本文の校定、注釈史、研究史の調査を通して基本の知識と研究スキルを身につけ、その上で、研究論文の作成を目指します。国文学研究指導 松本 直樹 教授田原 未雪国語教育専攻2020年入学在学生の声修士課程6国語科教育研究指導日本語学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導国文学研究指導科目名担当教員研究指導内容主として国語教育の歴史的研究、理論的研究について指導する。日本語学の各領域・分野につき、言語資料の整理・分析を通して指導を行う。『記』『紀』「風土記」『萬葉集』等の上代文学を対象とした研究指導を行う。平安時代における散文と後世の受容を中心に研究指導を行う。中古の物語文学や日記文学を対象に研究指導を行う。軍記あるいは説話などの中世の散文作品について指導する。平安時代後半から中世の和歌・日記・女房文学の研究指導を行う。唐宋詩文の研究を主とするが、漢文教育についても指導を行う。中国文学(古典小説)、日中比較文学、漢文教育の研究指導を行う。日本近現代文学に関する修士論文作成に向けて、アドバイス、添削などを行う。日本の近現代文学について、雑誌や教科書といったメディアを参照しつつ、作品や作家を理解する。日本の近現代文学・文化を対象とする研究の支援と指導を行う。日本の近、現代文学研究。読者・読書の歴史、出版史を含む。幸田 国広松木 正恵松本 直樹新美 哲彦福家 俊幸大津 雄一田渕句美子内山 精也堀   誠石原 千秋金井 景子五味渕典嗣和田 敦彦2022年度開講予定

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る