教育学研究科
11/24

9 数学教育専攻は、数学教育をはじめとする多方面で活躍する人物の育成に貢献してきた本大学教育学部数学科の歴史の上に立って1998年に開設されました。それ以来教育にかかわる総合的見識と高度な専門的能力を備え、主として高等学校での数学教育において指導的な役割を果たすことのできる研究的実践者としての教員の養成および専門的数学能力を必要とする研究機関・企業で働く人材の育成を目的としています。 本専攻では、数学教育学、解析学、代数学、幾何学、情報数学、トポロジー、確率論、応用解析学の8つの基本的な分野を設定し、コンピュータの理論・実習を含めてこれらの分野の専門教育と研究を行います。入学者には、各自が選んだ専門分野を中核として研究を深めさせるとともに、関連分野への学識をも広く学ばせ、演習と研究指導を通し数理的思考能力を養い、それを活用できるように指導します。これをもってわが国の今後の数学教育・数学研究に貢献できる人物を育成することを期しています。数学教育専攻幾何学研究指導 小森 洋平 教授 私は、中・高の数学教員を志望しています。生徒に数学を教えるにあたり、自分自身がもっと数学を知らなくてはならないと思い、当研究科に進学しました。 現在は小森洋平教授のもと、圏論という、数学的には比較的新しい分野を研究しております。暗黙に了解されている事柄を抽象的に捉えようとする圏論は、中・高数学を再構築してゆく教員の在り方に、どこか通ずるものがあります。 研究と並行し、中高一貫校の非常勤講師も勤めております。2年間の研究は、教壇での視野の広さをもたらし、授業に一層の深みを出してくれることでしょう。 数学を自由に研究したい方、教員になる前にもう一度数学と向き合いたい方はぜひ数学教育専攻へ。村松 倭国数学教育専攻2020年入学在学生の声修士課程数学科教育研究指導(教科内容・方法)数学科教育研究指導(教育情報・評価)解析学・応用解析学研究指導解析学研究指導解析学研究指導代数学研究指導幾何学研究指導情報数学研究指導情報数学教育研究指導トポロジー研究指導科目名担当教員研究指導内容数学の指導・学習の理解を目的とする数学教育学の研究指導を行う。教材構造分析や教育評価システムなどに関する研究指導を行う。応用調和解析、数理視覚科学、画像処理への応用、AIとの関連に関する研究指導を行う。確率論や確率解析などに関する研究指導を行う。関数解析学や作用素環論に関する研究指導を行う。可換環論や凸多面体の組合せ論に関する研究指導を行う。離散群の幾何、及び複素解析幾何に関する研究指導を行う。暗号理論・量子情報学基礎理論の研究が自主的に遂行できるよう指導する。暗号理論、暗号数理、計算数論に関する研究指導を行う。位相幾何学の中でも特に結び目理論を中心として研究指導を行う。宮川  健高木  悟新井 仁之梁   松戸松 玲治村井  聡小森 洋平小柴 健史高島 克幸谷山 公規2022年度開講予定 幾何学研究指導では、リーマン面や双曲多面体など、長さや角度などの幾何構造を持った図形の研究を行っています。ある共通の性質を持つ図形たちが集まると、そこには図形の社会(モジュライ)ができ上がり、図形どうしの相互作用が生まれます。そして図形の社会そのものが、豊かな幾何構造を持ち始めます。このような図形たちの社会性を研究するには、点の集まりとして図形を捉えるという古典的な集合論の立場に加え、それぞれの図形間の相互作用を考えるという圏論の視点も有効であることが分かってきました。個々の図形の特性に興味を持ちながら、図形が集まることから生じる社会性(モジュライ問題)にも関心を持つよう研究指導をしています。

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る