教育学研究科
10/24

 社会科教育専攻は、社会科教育の人材育成に貢献してきた本学教育学部社会科の歴史のうえに立って、新しい時代に望まれる高度な見識と力量を持った社会科教育の実践者ならびに専門研究者の育成を目指すと同時に、社会一般が求める職業人の育成にも貢献することを目的としています。 本専攻では、社会認識に関する学問分野のなかから、社会科教育、歴史学、地理学、政治学、経済学、社会学、メディア・コミュニケーション学という7つの専門分野を設定しています。入学者は、まず、専門の演習と研究指導を受講することを通じて、各自が選んだ専門分野の研究を深く掘り下げて学び、具体的な研究方法論を会得し、優れた修士論文を作成することを目指します。しかし、それと同時に、各自の専門以外の隣接学問分野の多様な講義も積極的に受講することにより、知的視野を拡大し、総合的な知見を養うことも期待されています。このような専門研究の見識と総合的教養とを併せ持ち、今後のわが国の社会科教育のみならず、さまざまな分野で広く将来を担うことのできる人材を育成することが、本専攻の教育の目標となっています。社会科教育専攻 本研究指導では、メディア研究、コミュニケーション研究の視点から、劇的な変容をとげつつあるメディア生態系に関する様々な問題を、理論的に、かつ実証的に分析できる研究能力を培うことを目標にしています。情報技術のめざましい発展と社会の変化に対応してメディア研究自身も大きな変革の時期にあり、新しい視点や方法の検討も求められます。学生の問題関心にもとづいてテーマを設定し、先行研究の成果を検証して具体的なアプローチを議論しますが、学生相互の批評も積極的に行います。指導学生は、SNS時代のファン研究、性的マイノリティの表象、ハーフのメディア実践など、多様なテーマで研究しています。メディア・コミュニケーション学研究指導 伊藤 守 教授 私は歴史学を専攻しており、大門正克先生の下で戦前の帝国議会について研究しながら、教員を目指しています。歴史を研究する上で史料を用いることは必須ですが、その際には繊細な読解力が求められます。ゼミではそうした力の向上を目指して、研鑽に励んでおり、この力は「歴史総合」で求められる資料の活用について生徒に指導する上でも、役立つと感じています。 大学院では第一線で活躍する先生方から直接ご指導を頂けるだけではなく、様々なバックボーンを持った知識や経験溢れる学生たちと議論を交わせることが非常に魅力的だと感じています。そこで得られる知見や刺激は自身の学習意欲をより高めてくれますし、それを支える学習環境は大学図書館を始め、成長するには申し分ないと思います。河野 友輔社会科教育専攻2020年入学在学生の声修士課程8社会科教育研究指導社会科教育研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導歴史学研究指導地理学研究指導地理学研究指導政治学研究指導経済学研究指導経済学研究指導社会学研究指導メディア・コミュニケーション学研究指導メディア・コミュニケーション学研究指導科目名担当教員研究指導内容社会科教育論のうち、主として地理教育論についての研究指導を行う。公民教育・歴史教育研究を自立的に進めるための知識・技能の習得を目指す。日本中世の社会や経済、環境や文化の諸問題を考察し、研究と教育を両立する教員の育成を目指す。日本近世史の研究指導。「生活の専門家」(民衆)の視座を大事にする。近現代日本の社会・経済・政治・文化などをめぐり歴史学的な研究指導を行う。チベット、モンゴル、中国の歴史についての実証的研究を行う。オスマン帝国史を中心にトルコ史全般にわたって研究指導を行う。古代から17世紀頃までのヨーロッパ史についての研究指導。東欧(ロシアを含む)・北欧近現代史研究。中東欧・バルト地域研究。経済地理学、都市地理学の視点から、都市の産業立地や中心市街地問題を考察する。人口地理学や農山漁村地理学に関する研究指導を行う。憲法解釈論及び憲法理論に関する各自のテーマについて研究指導を行う。経済構造の変化への企業の適応力・競争力等について分析する。価格変動メカニズムと不確実性の下での意思決定についての分析。都市、メディア、時間、空間、身体等を対象とした社会学理論、比較社会学、現代社会論。メディア研究、SNSを介したコミュニケーション研究のための理論と方法について指導する。民主主義社会におけるジャーナリズムのミッションについて検証、考察する。池  俊介近藤 孝弘高木 徳郎大橋 幸泰大門 正克石濱裕美子小松 香織堀越 宏一小森 宏美箸本 健二山内 昌和遠藤 美奈藁谷 友紀熊谷 善彰若林 幹夫伊藤  守野中 章弘2022年度開講予定

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る