教育学研究科
16/24

INFORMATION14 私は研究科在籍中に、結婚(修士終了時)と子ども2人の出産(博士課程中)という大きな2つのライフイベントを迎えました。この激動の道のりを乗り切れたのは、研究科で出会った方々の多大なサポートのおかげです。研究と家庭の両立に悩む私に「大丈夫、頑張ろう!」と声をかけ続けてくれた先生、研究に悶々としていた私に「このアイデアはどう?」と新しい視点を提供してくれた仲間たち。これから研究科で学ぶ皆さん、ここでの学びは手強いです。しかし、この研究科で出会う素晴らしい人たちと共に、この手強い道のりを乗り越え、夢に向かって突き進んでください。修了生インタビュー修士・英語教育専攻 (2011年度修了)博士・教科教育学専攻(2018年度修了)博士(教育学)早稲田大学 2018年取得勤務先名:東京理科大学半沢 蛍子さん 京都市立堀川高等学校で、主に数学と探究活動(総合的な学習の時間)の指導を担当しています。これらの指導を行う上で大切なのは、教科(数学)に関する確かな知識と、学習者の認知に関する教育学的な知識、そして自身が研究に従事してきた経験です。大学院では、指導教員をはじめとして、多くの数学者に囲まれて「数学教育における教材研究」に関する研究を行い、これらの重要性と基礎知識、数学との向き合い方を学びました。また、積極的に自主ゼミを開き、地域の高校生や現職教員、他大学の教授や院生など様々な人と議論を行ったことで、高校生の認知、学校現場の課題、他分野の数学なども学ぶことができました。そのどれもが現在に繋がっており、日々の指導の土台となっています。修士・数学教育専攻 (2011年度修了)博士・教科教育学専攻(2015年度修了)博士(教育学)早稲田大学 2016年取得勤務先名:京都市立 堀川高等学校     (数学科教諭) さん 大学院時代は、生徒に歴史を学ぶ面白さを伝えるにはどうすれば良いのかを模索し続けていました。私は小松香織先生のもとでオスマン帝国近代史と、歴史教育における世界システム論の活用について研究し、講義を通じて歴史教育に関する理解を深めるとともに、高校の非常勤講師として勤務し、世界史の授業を担当しました。歴史学や教育学の研究と、自分が学んだことの実践を繰り返したこの2年間は、教職を志した私にとってかけがえのない経験となりました。歴史研究と授業準備の両立は決して楽なものではありませんでしたが、私の進路を尊重して温かく見守り、ご指導いただいた先生方の優しさに、世界史教員となった今でも深く感謝しています。修士・社会科教育専攻(2015年度修了)勤務先名:成城学園中学校高等学校     専任講師(地歴公民科)岡部 大悟さん 私は研究科在籍中に、小林(新保)敦子先生の下で社会教育、家庭教育を研究していました。卒業後、東京で5年間スポーツ小売業のバイヤーを経験し、現在は上海で自動車関係の国際貿易の仕事をしています。難題に合ったときでも、その原因を突きとめ修正し、結果が出るまでに絶対諦めない姿勢で日々の仕事に取り組んでいます。こうした論理的な思考方法は、研究科で学びました。また、研究科に在籍中、諸外国に交換留学できたおかげで視野が広がり、国際貿易業に自分の社会的価値を見いだしたいと思いました。お世話になった指導の先生や、出会った先輩・後輩の皆さん、経験した様々な研究活動を思い出すたびに、幸せに感じます。一生感謝します。修士・学校教育専攻(2013年度修了)勤務先名:TOYOTA TSUSHO     (SHANGHAI) Co.,Ltd.楊 潔さんInterview

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る