教育学研究科
12/24

 博士後期課程は、専門的学術研究者、教育専門職の指導者、さらには高度な専門職業人たるべき人材が共に学ぶ場として、他大学の教育学研究科にはあまり例をみない複合的な目的で構想されています。したがって研究指導の目標は、理論と実践のいずれかに埋没することなく、複合的な視野で教育にかかわる研究を深めることにあります。この目標を実現するため、本課程では、学生が自己の研究領域の深化に加えて、幅広い視点や実践的能力をたくわえることをねらいとして、他の研究指導に併設されている「研究演習」科目で1年間の指導を受ける「複合履修制」を設けていることが大きな特徴です。 本課程において取得できる学位は、その研究領域の内容に従って、博士(教育学)に加えて、専門性の高い諸学の領域に対して博士(学術)、数学の専門的分野に対して博士(理学)となっています。これらの学位は研究者のみを対象とするものではなく、教育の実践的指導者、あるいは専門的職業に携わる社会人をも対象としており、教育を通して社会一般に必要とされる高度な人材の育成に貢献するものとなっています。この点も本課程の特徴の一つです。カリキュラム・特徴 〈博士後期課程・科目等履修生〉博士後期課程10 教育学・社会教育学・教育心理学・初等教育学の4つの学問領域からなり、いずれの領域でも、理論研究や実践的研究を深めるための多彩な研究指導を開設し、さらにそれに対応する研究演習を配当しています。両者を合わせて履修することにより、理論的研究と実践の統合をめざした学際的研究の道を開くと共に、専門的研究の深化・拡充を可能にしています。 また、本専攻に進学した現職教員等にとっては、自己の実践的な知見を一段と高度に理論化する能力の開発が期待でき、高度な専門職業人にとっては、自己の実際的・体験的な知見を広く教育の観点から再構成し、その理論化を進める能力の開発が期待できます。教育基礎学専攻A 私は吉田文先生のゼミに所属し、教育社会学を専攻しています。取り組んでいる研究テーマは、中高の保健体育科における性教育を知識社会学的に分析することです。 吉田ゼミは修士・博士後期課程合同で、各自の研究発表と文献購読(英語)を行っています。ゼミ生の研究テーマは、先生が専門とする高等教育以外にも、学力問題や教師教育など多岐にわたっています。ゼミ生には留学生も多く、教員または民間企業を経て入学したゼミ生などもいます。このように、吉田ゼミには多様な研究テーマやバックグラウンドの学生が集まっており、互いに刺激を受け合い、切磋琢磨して研究に臨んでいます。ゼミを通して「あたりまえ」を疑う批判的思考力と、教育に関する事象を実証的に読み解く力の習得を目指します。反橋 一憲教育基礎学専攻2016年入学 本専攻は、国語科・英語科・社会科・数学科のそれぞれについて高度な教科教育の理論的・実践的研究を深めるための研究指導を開設していることに加え、それらの教科を支える諸学の専門的研究を深めるために、国語科内容学・英語科内容学・社会科内容学・数学科内容学として、それぞれ多彩な学問領域の研究指導を開設しています。さらに、前述の複合履修制度によって、教科ないしは諸学の専門性を深めつつ、より幅の広い研究者に育つ道を開いています。教科教育学専攻B 私は和漢比較文学を専攻しており、堀誠教授のもとで日中古典小説の比較、特に江戸時代における玉藻前(狐が変じた妖婦)説話を研究しています。 ゼミでは、主に漢文古典作品の講読や、漢文教育の研究などが行われていますが、ゼミ内の演習を通じ、漢文の読解力、漢学の教養を身につけることができます。一方、他ゼミの演習も履修可能ですので、国語教育、日本古典・近現代文学、日本語学などの分野にも親しめます。自分の研究に専念しながら、広い視野で国語教育、ないし日中双方の学問知識を学べることが、本研究科の最大の魅力だと思います。 また、さまざまな国籍の留学生や現職の教師も多数在籍しており、交流を通して刺激を受けることが、自分の研究にも見聞を広めるにも有益だと思います。馮 超鴻教科教育学(国語)専攻2015年入学在学生の声在学生の声

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る