教育学研究科
11/24

9 数学教育専攻は、数学教育をはじめとする多方面での人材の育成に貢献してきた本大学教育学部数学科の歴史の上に立って、教育にかかわる総合的見識と高度な専門的能力を備え、主として高等学校での数学教育において指導的な役割を果たすことのできる研究的実践者としての教員の養成および専門的数学能力を必要とする研究機関・企業で働く人材の育成を目的としています。 本専攻では、数学教育学、代数学、解析学、応用解析学、確率論、幾何学、トポロジー、情報数学の8つの基本的な分野を設定し、コンピュータの理論・実習を含めて数学の教科教育及び専門教育と研究を行います。入学者には、各自が選んだ専門分野を中心として研究を深めさせるとともに、隣接分野の学問にも目を広げさせるよう講義を受けさせ、かつ演習と研究指導を行うことによって、わが国の今後の数学教育・数学研究に貢献し、数学を活用できる人材の育成をめざしています。数学教育専攻解析学・応用解析学研究指導 新井仁之 教授 私は高校時代に教師を志し、学部時代は早稲田大学教育学部数学科に所属しておりました。しかし、このまま教師になってしまっては、人間としても、数学の能力としてもまだまだ未熟であると考え、学問と教職の実践を両立出来る本専攻に進学することを選択しました。 現在は、中高一貫校の非常勤講師をしながら、大学院ではファジイ理論という学問の研究指導を受けています。この学問は、AIなど工学への応用がなされており、私の研究では心理学や教育学への応用を行いたいと考えています。大学院で理論を学び、勤務校では実践を行うという形は、この先教師を志す私にとってとても充実した時間だと思います。 教師を志す方、自分の将来に少しでも役立つ勉強がしたい方には進学をお勧めします。花岡 沙紀数学教育専攻2019年入学在学生の声修士課程数学科教育研究指導(教科内容・方法)数学科教育研究指導(教育情報・評価)解析学・応用解析学研究指導解析学研究指導代数学研究指導代数学研究指導幾何学研究指導情報数学研究指導トポロジー研究指導科目名担当教員研究指導内容数学の指導・学習の理解を目的とする数学教育学の研究指導を行う。テスト理論やファジィ理論の数学的基礎と応用についての研究指導。応用調和解析、数理視覚科学、画像処理への応用、AIとの関連。確率論や確率解析などに関する研究指導を行う。対称形式やエルミート形式などに関わる数論の研究指導。可換環論や凸多面体の組合せ論に関する研究指導を行う。鏡映変換群の幾何、及び複素解析幾何に関する研究指導を行う。暗号理論・量子計算等の研究が自主的に遂行できるよう指導する。位相幾何学の中でも特に結び目理論を中心として研究指導を行う。宮川  健瀧澤 武信新井 仁之梁   松広中由美子村井  聡小森 洋平小柴 健史谷山 公規2020年度開講予定この十数年、数学は新たな展開を見せています。それは数学の科学・技術・産業への応用です。私は特に脳と視知覚について先端的な数学を使った数理視覚科学とその応用を研究しています。「脳」は現代科学のファイナル・フロンティアの一つです。私の研究テーマは、脳の中の視覚に関する部分の数理モデルの構築、人の視覚を超える「超視覚システム」の開発、画像処理、視覚芸術への応用、人工知能(AI)との相互関連などです。また同時にこれらの基盤となる数学そのものも創り研究しています。私の場合、こういった数学と諸科学の融合領域の研究指導が主となります。本研究室での学習・研究を、科学・技術・産業への活用は勿論のこと、数学教育の現場でも役立たせることを期待してます。

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る