研究所紹介 
Introduction of nextGV

熱・流体エネルギー研究所 
Research Institute for Thermal and Fluid Energy Machinery

推進装置の熱流動研究

所長:宮川 和芳(基幹理工学部 教授)

当研究所では、各種公的プロジェクトおよび産学共同研究により熱力学および流体力学の研究に基づいた過給機などの推進システムの性能と信頼性の向上を実施および推進しています。

■研究テーマ

推進装置の熱流動研究

当研究所では、産学共同研究による熱力学および流体力学の研究に基づいた推進システムの性能と信頼性の向上を実施および推進しています。

1. 自動車用エンジンの熱効率向上技術を創出することを目的にターボ過給機について研究を行う。

a. ターボ過給機システム技術の確立 排気タービンによる排気エネルギーの回収: ターボ過給システムの高効率化を目指して、タービンベンチによる実験と数値流体計算を駆使し、過給タービンの翼、ハウジング形状などの最適化を図る事で可能な限り排気エネルギーを回収する。 b.システム評価 上記aとエンジンの技術を組み合わせシミュレーション等でシステムの有効性を実証する。

2. 自動車構成機器の特性把握

自動車を構成する要素に関して、産学共同研究を利用して性能、信頼性の把握を行う。 a.自動車用ラジエータの流体損失把握 解析、実験により自動車用構成機器の圧力損失を定量化する。 b.要素の性能、信頼性評価 解析、実験結果を基に性能、信頼性評価を実施する。

3. 自動車用機器技術の産業応用推進

自動車用ハイブリッドシステムの発電用負荷への適用を図り、産業用機器の低コスト、高効率化を図る。 a.ハイブリッド(HV)システムの風力・水力タービン負荷への適用 水力タービンの負荷としてHVシステムを用いるための課題抽出、実験を実施。 b.HVシステムを用いた水力タービンシステムの構築 HVシステムを用いた水力タービンシステムの実験により、システムの性能、信頼性評価を実施する。 c.HVシステムの最適化、水力タービンに適用するための課題の解決 実験結果をベースとしたシステムの最適化を図り、水力タービンシステムに適用する。

4. 個別研究

各研究員が実施している個別の研究において、関連研究を実施する。

プロジェクトメンバー

所長:宮川 和芳(基幹理工学部 教授)

  • 顧問
  • 大聖 泰弘(早稲田大学名誉教授)
  • 研究所員
  • 紙屋 雄史(大学院環境・エネルギー研究科教授)
  • 草鹿 仁(大学院環境・エネルギー研究科教授)
  • 滝沢 研二(理工学術院教授)
  • 中垣 隆雄(理工学術院教授)
  • 宮川 和芳(理工学術院教授)
  • 客員研究院
  • 朝倉 啓(客員上級研究員(研究院客員教授))
  • 連絡先
  • 宮川研究室
  • 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
  • 63号館414号室
  • TEL:03-5286-2736(直通)
Page Top