statシステム

TOPへ戻る

概要

statシステムは、SASなどの統計処理システムをUNIX上で利用するためのシステムです。SAS(R9.2)、TSP(V4.3A)の利用がサポートされています。
statシステムは統計処理専用システムですので、上記システムの利用以外の目的で、statシステムを利用することはできません。

TOPへ戻る

利用資格

statシステムを利用できるのは、「早稲田大学の教職員、学生、科目等履修生、芸術学校学生、高等学院および本庄高等学院生徒ならびに情報企画部長が適当と認めた者」とします。詳細は情報関連システム利用内規を参照してください。

TOPへ戻る

利用申請

statの申請は、MyWasedaの「ヘルプデスク」から申請してください。
statシステムへの登録が完了したら登録完了のメールを送付します。

注意事項

  • 学部学生、大学院生は学籍番号(9桁)がstatシステムのユーザIDになります。
    申請時には、"希望ユーザID"は空欄としてください。
  • 教職員は、"希望ユーザID"をご記入下さい(最大9桁)、こちらがstatシステムのユーザIDになります。
    なお、希望ユーザIDは半角英数字のみご使用となっており、また必ず1文字以上は半角 英字を入れてください。

TOPへ戻る

利用期限

statシステムの利用期限は当該年度内とします。あらかじめ申請した利用期限を過ぎると、ログインは不可能となり、所有するファイルも削除されます。
利用期限の延長は、当該年度内に限って再申請によって認めます。(年度を超えて利用を継続することはできません。)
翌年度も引き続き利用する場合には、必ず年度末の利用終了日までに所有するファイルのバックアップを各自で取り、翌年度始めに改めて利用申請を行ってください。

TOPへ戻る

利用方法

statシステムへの接続方法

コンピュータルームからの利用

コンピュータルームからstatシステムを利用することができます。

持込PCを学内ネットワークに接続して利用

持込PCを学内ネットワークに接続した状態で、statシステムに接続することができます。

自宅からの利用

VPN接続を利用することにより、学外(自宅)からstatシステムに接続することができます。
接続方法については、『VPNを利用した学外からの接続』を参照ください

ログイン可能なホスト名

利用できるホストは次のとおりです。

ホスト名 利用できるシステム
stat1.comp.waseda.ac.jp SAS, TSP
stat2.comp.waseda.ac.jp SAS, TSP

統計ソフトウェアの利用方法

以下のガイドをご参考ください。


プリンタ

statシステムにはプリンタは用意されていません。PC側にファイルを転送した後、研究室やコンピュータルームのプリンタをご利用ください。

TOPへ戻る

利用時間

statシステムは基本的に24時間運用されています。ただし、コンピュータルームからの利用は教室の開室時間中に限られてしまうなど、利用形態によって制限される場合があります。また、システム保守などの理由からシステムが停止する場合があります。

TOPへ戻る

利用上の注意

statシステム利用の際は、以下の点に注意してください。

各種規約の遵守

(準備中)

バックアップについて

利用者が自分のホームディレクトリに保存したファイルのバックアップはシステム側では行いません。重要なファイルは各自でバックアップをとってください。

システムの利用終了日

statシステムは、毎年3月24日正午に停止し、運用を終了します。年度を超えて利用を継続することはできません。(ログインは不可能となり、所有するファイルは削除されます。)
翌年度も引き続き利用する場合には、必ず上記利用終了日までに所有するファイルのバックアップを各自で取り、翌年度始めに改めて利用申請を行ってください。

パスワードの管理

パスワードは、利用申請者と利用者が同一であるかを認証するためのものですから、決して他人に知られてはいけません。自分のパスワードが他人に知られた場合、自分の個人的な情報が他人に洩れるだけでなく、本来の利用者になりすましてstatシステムおよびインターネット上で違法な行為がなされる場合があります。また、この様な不正利用に対する責任はパスワードの管理をおろそかにした利用者自身が負うことになります。

TOPへ戻る

statシステムの利用に関する質問

statシステムの障害に関する質問

statシステム利用中に突然システムから応答がなくなったり、普段はできることがその日に限ってできなかった場合などは、システムに障害が発生している場合があります。その場合は次の手順にしたがって対処してください。

利用場所の責任者への連絡

障害の原因がstatシステムそのものではなく、端末室などの利用場所にある可能性もあります。利用場所に常駐しているTAまたは責任者に、障害と思われる状況を説明してみてください。

問い合わせ方法

MyWaseda「ITサービス 」の左のサービスメニュー「システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)」よりお問い合わせください。
※状況を詳しく説明してください(障害内容、発生場所、障害発見時刻、どの端末、使用ソフトウェア 等)。
 これらが満たされない場合には回答が行われない場合もあることを予めご承知ください。

TOPへ戻る