Windows 7のサポート終了に関する重要なお知らせ

お知らせ

2020年1月14日(米国時間)にMicrosoft社によるWindows 7のサポートが終了します。また、2020年10月13日(米国時間)にOffice 2010のすべてのサポートが終了します。
サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムの提供がなくなり、セキュリティ上の危険性が高まるため、利用者による、サポートが継続しているOSへの移行などの対策の実施が求められます。
サポート終了による影響、安全にPCを利用するための注意事項についてお知らせします。

TOPへ戻る

サポート終了について

サポート終了日

Windows 7   : 2020年1月14日(米国時間)
Office 2010  : 2020年10月13日(米国時間)

サポート終了後も使い続けた場合のリスクについて
サポート終了後は、Windows 7の新たな脆弱性が発見された場合でも、Microsoft社からセキュリティ対策などの更新プログラムの提供はなく、OSは無防備な状態となります。Windows 7のサポート終了に伴い、最も心配されるのは、脆弱性を悪用した攻撃による情報漏洩やマルウェア(ウイルス)感染などの被害を受ける可能性があることです。

さらに、利用可能なハードウェアやソフトウェアも近日中のサポート終了が予想される、Webブラウザ、Officeソフト、ウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品の更新、および各種ソフトウェアのアップデートなども行われず、アプリケーションの脆弱性に対しても無防備な状態となってしまいます。

脆弱性が解消されていないPCを継続して利用(インターネットやメール)する場合の危険性の一例

 ・PCのセキュリティが甘くなったことにより、ウイルス感染をはじめ、個人情報漏洩やフィッシング詐欺、なりすましの被害を受ける。
 ・悪意あるWebサイトを閲覧するだけで、ウイルスに感染させられてしまう。
 ・ウイルスに感染させる仕掛けを施されたファイルを開くことにより、ウイルスに感染させられてしまう。

セキュリティが甘くなったPCを使い続けた結果、知らないうちにPCの乗っ取り、遠隔操作、PC内にある情報の漏えい、および他のサーバーに対して攻撃を行う踏み台として悪用されてしまうなど、被害を受ける可能性があります。
たとえウイルス対策ソフトウェアが導入されていたとしても、Microsoft社の更新プログラムの適用による脆弱性の解消、マルウェア対策を始めとしたさまざまな防御策が必要です。

TOPへ戻る

安全にPCを利用するために

個人のPC、ゼミ室や研究室のPC
サポート終了後でも、Windows 7が導入されたPCが使えなくなることはありません。
ただし、使い続けた場合、セキュリティのリスクが極端に高まりますので、サポート終了(2020年1月15日)までに最新のOSに更新することを強く勧めます。
大学のコンピュータルーム、教室常設PC

2019年度より、大学のコンピュータルーム・情報企画部管轄教室のPCのOSはWindows 10、Officeは2016を導入済みです。

※注1:職員が使用する事務系PCは別途対応します。

TOPへ戻る

大学が提供する関連サービスについて

ソフトウェア貸出サービス
ソフトウェア貸出サービスを利用して最新のOS(※注2)およびOfficeを入手することができます。

ソフトウェア貸出サービスの詳細については、こちらを参照してください。

※注2:ソフトウェアの利用資格を満たす場合のみ利用できます。各ソフトウェアの利用資格はこちらを参照してください。

教員用共通プラットフォームPC
教員用共通プラットフォームPCは、2019年12月末までに返却してください。

教員用共通プラットフォームPCの詳細については、こちらを参照してください。

TOPへ戻る

関連リンク

TOPへ戻る