Office365

Click here for the English version.

TOPへ戻る

お知らせ

Office 365サービス開始

2015年8月26日に、Office 365のサービスが開始されました。
詳細は「Office 365サービス開始のお知らせ(8/26)」を参照してください。(2015年8月26日掲載)

お知らせ履歴
過去のお知らせはこちらを参照してください。

TOPへ戻る

利用資格および対象PC

  • 本学に在籍し、利用資格を有する期間のみ利用できます。
  • PC・タブレット・スマートフォンのそれぞれ5台づつ(合計15台)までインストールできます。
     1ユーザー15台=PC/Mac 5台、タブレット 5台、スマートフォン 5台

  • 教室やゼミ室など、複数の利用者が使用する共有PCでは利用することができません。
  • Windows XPまたはWindows Vistaにはインストールできません。

利用可能なソフトウェア 【Windows】
Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Publisher、Outlook、InfoPath

【Mac】
Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote
  • すべてのアプリケーションがインストールされますが、OneDrive for BusinessとSkype for Businessは利用できません。
  • インストールしたOfficeは、インターネット経由で30日に1度ライセンスの確認が行われます。ライセンス認証に失敗すると、一定の猶予期間後、Officeの利用が制限されます。
    Officeの利用ができなくなった場合でも、すでに作成しているWordやExcelなどのファイルが削除されるわけではありません。
利用資格 ○学生 ※科目等履修生は除く
○専任教員(特任教授、教諭を含む)、任期付教員(助教を含む)、訪問教員、任期付研究員、訪問研究員、助手、研究助手
  ※非常勤教員は除く
○専任職員、常勤嘱託職員
  ※業務目的の利用に限ります。
  ※本学では在宅での業務は認められておりません。

TOPへ戻る

ソフトウェア概要

Office365とは、Microsoft社が提供するクラウドサービスで、最新バージョンのMicrosoft Officeをダウンロードして利用できます。
Office 365の詳細については、次のマイクロソフト社のサイトをご参照ください。

TOPへ戻る

インストール方法

PC

1

Office 365のポータルサイトにサインインします。

サインイン
https://login.microsoftonline.com/にアクセスします。
サインインID、パスワード
ID Waseda IDに続けて「@o365.waseda.jp
パスワード MyWasedaのパスワード
サインインIDについて(補足)
  • サインインIDは、Wasedaメールアドレスではありません。
  • @アルファベットの「オー」365.waseda.jp と入力します。
     例)Waseda IDが「xxxxxx」の場合、「xxxxxx@o365.waseda.jp」
  • Waseda IDは、MyWasedaにログインするときのIDです。

(!)Waseda IDがわからない場合

2
  • 言語(日本語)を変更する必要のない場合は、「Office2016をインストールする」ボタンをクリックします。
  • 日本語以外の言語をインストールしたい場合や、インストールするバージョン(32ビット、64ビット)を指定したい場合は、「その他のインストール」をクリックします。

(!)「Office2016をインストールする」ボタンが表示されない

「その他のインストール」をクリックした場合は、次に表示される画面でインストールする言語などの詳細を変更して「インストール」ボタンをクリックします。

3 Officeのインストーラーがダウンロードされます。
インストール用のファイルを実行するか保存するかのポップアップが画面下部に表示されたら「実行」をクリックします。
4 ダウンロードが完了すると「新しいOffice へようこそ」画面が表示されるので、画面の指示にしたがってインストール作業を進めます。
5

サインインを求める画面が表示される場合は、「いいえ、後にします。」をクリックします。

インストール処理が終了するまでは、ネットワーク接続を切断したり、PCの電源を切らないでください。※ネットワーク環境により時間がかかる場合があります。

「準備が整いました」と表示され「完了」をクリックすると、インストール作業は完了です。

Androidフォンまたはタブレット

  1. Android版Officeアプリは、Google PlayストアでWord、Excel、PowerPoint、およびOneNoteを個別にダウンロードします。
    インストール時に「デバイスに互換性がありません」エラーが発生した場合、デバイスがシステム要件を満たしていないか、またはデバイスが現時点でサポートされていないため、利用できません。
  2. 任意のOfficeアプリをタップして起動します。
    説明を読んだ後、[サインイン]をタップし、 サインインしてOfficeの利用を開始します。
    サインインするアカウントは、PC版のインストール方法を参照してください。

iOSデバイス(iPhoneまたはiPad)

※iOS8.0以降が実行されている必要があります。

  1. iOS版Officeアプリは、Apple App StoreでWord、Excel、PowerPoint、およびOneNoteを個別にダウンロードします。
  2. 任意のOfficeアプリをタップして起動します。
    説明を読んだ後、[サインイン]をタップし、 サインインしてOfficeの利用を開始します。
    サインインするアカウントは、PC版のインストール方法を参照してください。

TOPへ戻る

ライセンス認証

インストールしたOfficeは、インターネット経由で30日ごとに自動的かつ定期的にライセンスの確認が行われます。 通常は確認された結果は表示されません。

卒業などにより利用資格がなくなった場合など、ライセンス認証に失敗すると、直近のライセンス認証から一定期間経過後にOfficeの機能が制限されますが、すでに作成しているWordやExcelなどのファイルが削除されるわけではありません。

ライセンス認証の確認後Officeアプリケーションの動作
30日以内通常動作
30日を過ぎたOfficeアプリケーションにライセンス認証を促す警告を表示
60日を過ぎたOfficeアプリケーションは機能制限モードへ移行

機能制限モードの[Office製品を起動すると、製品のライセンス認証が取り消されたことを示すメッセージが表示されます。
また、リボンメニューの下のメッセージバーにも製品のライセンス認証が取り消されたことが表示されます。
機能制限モードでは、Officeファイルを開いて表示することはできますが、他のほとんどの機能を使用することはできません。

TOPへ戻る

よくあるご質問

ITサービスナビの「よくあるご質問」では、Office365で発生するトラブルの対処方法などを案内しています。

よくあるご質問の一例

TOPへ戻る