Webページ改ざん検査サービス

はじめに

「Webページ改ざん検査サービス」とは

近年、Gumblar(ガンブラー)によりWebページが改ざんされ、そのWebページを参照したPCがマルウェアに感染する情報セキュリティ事件が増えています。早稲田大学ではこのようなWebページ改ざんを早期に検出するため、「Webページ改ざん検査サービス」を提供しています。

検査の概要

Webページ改ざん検査システムにより、1ヶ月に1度Webページを検査します。
申請されたWebページ(URL)を起点として、同一ドメイン内の5段リンク先までのWebページを対象とします。
Webページが改ざんされ、セキュリティ上問題があると判定された場合は、Webページの管理者(設置責任者、運用担当者)まで連絡を行います。

検査対象範囲

Webページ改ざん検査サービスにより検査するWebページは次のとおりです。
「申請の必要なし」以外のWebページを検査対象に含めるには、設置責任者による申請が必要です。

申請の必要なし
  • 早稲田大学Webサイト
    http://www.waseda.jp/
  • 早稲田大学図書館Webサイト
    http://www.wul.waseda.ac.jp/
  • 早稲田大学教員用WWWサービス(~@waseda.jpを利用する専任教員のみ)
    http://www.f.waseda.jp/教員アカウント/
申請が必要
  • 申請者が指定するWebページ
    自主管理ドメイン/キャッシュドメイン内Webサイト
    箇所/研究室等で契約した学外Webサイト
    Waseda-net WWWサービス(~@waseda.jp以外の教員用WWWを含む)

TOPへ戻る

利用方法

申請方法

Webページの設置責任者(専任教職員)より申請可能です。
申請は、MyWaseda [ITサービス] の [ヘルプデスク] より行います。

申請後の流れ

  1. Webページ改ざん検査システムにて、定期的にWebページを検査します。
  2. Webページの改ざんを検知した場合、管理者(設置責任者および運用担当者)にメールにて連絡します。
    ※改ざんを検知しなかった場合には、特に連絡は行いません。
  3. 管理者にて、Webページの修正を行っていただきます。

TOPへ戻る