プロキシサービス

Click here for the English version.

TOPへ戻る

プロキシサービスの概要

学内の情報コンセントに接続されたPCは、ネットワークのセキュリティに対する配慮から、基本的には学内ネットワーク(早稲田大学インターネットドメイン:WIND)内のPCに対してのみアクセスが可能で、かつ、学外のPCからアクセスできないようになっています。
そこで、このようなPCから、例えば学外のWebページを閲覧するなど、学外のPCにアクセスしてインターネットの様々なサービスを利用するために「プロキシ(proxy=代理)」サービスを用意しています。
また、特定のポートについては「汎用プロキシ」を用いて接続が可能となります。

プロキシが必要なインターネットサービス

インターネットサービスにより、プロキシが必要ないもの、あるいは、プロキシまたは汎用プロキシを利用する必要があるものがあります。
利用する学内ネットワーク接続方法、および、インターネットサービスに応じてご利用ください。

インターネットサービス 学内ネットワーク接続方法
無線LAN接続 有線LAN接続
Webブラウザを使ったWWW、 anonymousFTPなど プロキシ不要 プロキシが必要
Waseda-netメール(POP、SMTP)、Wasedaメール(IMAP) プロキシ不要 プロキシが必要
学外メールサービス(POP、SMTP)、 FTP、Telnet、SSHなど プロキシ不要 汎用プロキシが必要
Waseda-net WWWサービス(教員、実習用以外)のFTP 汎用プロキシが必要 汎用プロキシが必要
電子ジャーナルなど利用者を特定して提供されるサービス プロキシが必要 プロキシが必要

TOPへ戻る

プロキシの設定方法

設定値

サービス名 説明 ホスト名 ポート
HTTPプロキシ Webブラウザを使ったWWW、
anonymousFTPなどの利用
www-proxy.waseda.jp 8080
西早稲田 www-proxy.mse.waseda.ac.jp
所沢 www-proxy.tokorozawa.waseda.ac.jp
本庄 www-proxy.honjo.waseda.ac.jp
高等学院 www-proxy.shakuji.waseda.ac.jp
RTSPプロキシ Realストリーミング real-proxy.waseda.jp 554

設定方法(HTTPプロキシ)

設定方法の詳細は、次の設定方法を参照してください。

Windows 10 Windows 8、8.1 Internet Explorerで設定(Windows 7/8/8.1/10) Mac

プロキシの一時解除方法

PCを自宅など学外で利用する場合は、プロキシの設定を解除する必要があります。
一時的な解除の手順は次のWebページを参照してください。

一時的にプロキシの設定をはずす

TOPへ戻る

汎用プロキシの利用方法

汎用プロキシとは特定のポート番号において学内ネットワークから学外ネットワークへの接続を可能にするサービスです。
汎用プロキシを用いることにより、Waseda-netメール/Wasedaメール以外のプロバイダのメールの送受信や、外部サーバへの接続が、従来のソフトウェアを用いて可能になります。
学外直接接続(IP-Reachable)とは異なりオンデマンドセミナーの受講や申請等は不要なため、利用者の管理上の負担が軽減されます。 同時に、学外への接続を特定ポートに限定しているため、セキュリティの観点からリスクが低いというメリットがあります。

利用可能なポート

汎用プロキシで利用可能なポートは次の通りです。

サービス名 FTP-data FTP SSH Telnet SMTP POP3 IMAP SMTPS SUBMISSION IMAPS POP3S
ポート番号 20 21 22 23 25 110 143 465 587 993 995

設定・接続方法

汎用プロキシを利用するには、あらかじめ「Cisco AnyConnect Secure Mobility Client」というソフトウェアをインストールしてから、VPN接続をします。

1 必要なものをそろえる 動作環境
Windows Vista/7/8/8.1/10、Mac OS X 10.7以降
ソフトウェア

 Cisco AnyConnect Secure Mobility Client

【マニュアル、ソフトウェアのダウンロード】
MyWaseda
→グローバルメニュー [ITサービス]
→左のサービスメニュー [システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)]
→次のフォルダ、ファイルをクリック
  [マニュアル等/Manual and Software]
   └[ネットワークサービス/Network service]
    └[汎用プロキシ/General Purpose Proxy]
      ├[マニュアル/Manual]
      └[ソフトウェア/software ]
2 必要な設定をする
(最初に行うこと)
Cisco AnyConnect Secure Mobility Client
のインストール
3 接続する
(毎回行うこと)
VPN接続用ソフトウェアを起動し、ユーザIDとパスワードを用いて認証を行います。

※ユーザIDはWaseda IDまたはWasedaメールアドレス/Waseda-netメールアドレス、パスワードはMyWasedaのパスワードです。

TOPへ戻る

接続できない場合

よくある質問と回答【FAQ】を参照してください。

TOPへ戻る