Waseda-net WWW

TOPへ戻る

WWWサービスの申請はどこから行えばいいですか

Waseda-netのWWWサービスでは、主に研究・教育情報の公開を支援・促進するため、利用目的別に各種のWWWサービスを用意しています。
各WWWサービスの詳細および申請方法は、Waseda-net WWWサービスを参照してください。

各種申請はMyWasedaから行っていただけます。

【申請方法】
MyWaseda
 →グローバルメニュー [ITサービス]
 →左のサービスメニュー [システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)]
 →次のフォルダ、ファイルをクリック
   [申請/Application]
    └ [Waseda-netメール・WWW・メーリングリスト]
     ├ [WWWサービスに関する各種申請(教員向け)]
     └ [ゼミ用WWWセミナー受講申込]  ※ゼミ用WWWセミナー受講の申込みはこちら

TOPへ戻る

非常勤講師ですが、教員用WWWサービスは利用できますか

はい、利用できます。
非常勤講師の方の場合は、事前に申請が必要です。
申請はMyWasedaより行ってください。申請方法はこちらを参照してください。

TOPへ戻る

CGIは使えますか

Waseda-net WWW サービスでは、次のCGIを利用することができます。
各CGIの詳細は、ご利用のWWWサービスに応じた「CGIの利用方法」を参照してください。

  • メール送信フォーム
  • アクセスカウンタ

なお、各自で作成したCGIは利用できません。情報企画部のCGI利用に関する見解は次のWebページを参照してください。
各WWWサーバにおけるCGI利用について(情報企画部)

TOPへ戻る

FTP接続の方法は?

FFFTPを用いたFTP接続方法は、利用環境およびWWWサービスに応じて、次のマニュアルを参照してください。

なお、教員用/実習用WWW以外のWWWサービスは、次のような制限がありますのでご注意ください。
  • 学外ネットワークからのFTP接続は不可
  • 汎用プロキシの併用が必要(事務系PCを除く)

TOPへ戻る

アップロードしたページが表示されない

「ページが見つかりません」
「Not Found」

などのエラーが表示される場合は、次の原因が考えられます。

Webページ作成の詳細は、「Webサービスの利用方法」を参照してください。

TOPへ戻る

アップロードしたページが文字化けしている

アップロードしたページが文字化けしている場合は、次の原因が考えられます。
対処方法の詳細は「文字化けについて」を参照してください。

  • 古いページが表示されている
  • ブラウザのエンコードがWebページの文字コードと一致していない
  • ページ(アップロードしたファイル)で、ソースで指定した文字コードとファイル保存時の文字コードが一致していない

TOPへ戻る

アクセスカウンタをページごとにおきたい

アカウントに対して1箇所のみの設定となりますので、複数のページに設定することはできません。
アクセスカウンタ設定の詳細は「CGIの利用方法」を参照してください。

TOPへ戻る

メール送信フォームを複数作りたい

アカウントに対して1つの定義のみの設定となります。異なるフォームのものを複数設定することはできません。
メール送信フォーム設定の詳細は「CGIの利用方法」を参照してください。

TOPへ戻る

FTPパスワードがわからない
(1)教員用WWWサービス
FTPのパスワードは利用者個人のMyWasedaのパスワードとなります。
MyWasedaのパスワードを失念した場合は、窓口でパスワード再発行申請を行ってください。
(2)実習用WWWサービス
FTPのID、パスワードは、科目の担当教員から履修者に配付される利用者控に記載されています。
ID、パスワードが不明な場合は、科目の担当教員に確認してください。
(3)サークル等学生団体用WWWサービス
学生生活課、または、競技スポーツセンターの窓口にてパスワード再発行申請を行ってください。
(4)(1)~(3)以外のWWWサービス
掲示責任者(教職員)から、パスワード再発行の申請を行ってください。
申請はMyWasedaより行ってください。申請方法はこちらを参照してください。

TOPへ戻る

ページ管理者が変わったのでFTPパスワードを変えたい

ページ管理者が変更した際には、セキュリティの観点からFTPパスワードを変更してください。
FTPパスワードの変更方法は、アカウント、パスワードの管理を参照してください。

TOPへ戻る

サーバ(ディスク)の容量について
容量は1GBです。
詳細は、「WWWサービスの機能一覧」を参照してください。

TOPへ戻る

ゼミ、研究室でホームページを開設したい

ゼミ用WWWサービスを利用して、研究室・ゼミ・卒業論文指導などの単位、教員が学生とともに研究成果や教育活動を公開することができます。
開設申請を教員が行い、学生は作業を担当することができます。
作業を担当する学生は、事前に申し込みのうえCourse [email protected]でセミナーを受講しテストに合格する必要があります。
セミナー受講申し込み方法、および、開設までの流れは、ゼミ用WWWサービスを参照してください。

TOPへ戻る

.htaccess、.htpasswdは設置可能か

利用可能です。
基本的な利用方法はこちらを参照してください。
.htaccess、.htpasswd の記述方法についてはご自身で調べてください。

TOPへ戻る

CMSは利用可能か

箇所用、学会用、共同研究・プロジェクト用WWWサービスは、CMS環境、DB環境を提供しています。
教員用、ゼミ用は、基本環境のみとなるため、WordPressなどのCMSは利用できません。

箇所用、学会用、共同研究・プロジェクト用では、WordPressの利用方法は2通りあります。

  1. CMS環境を利用する
    大学が用意した「WordPress」がセットアップされていますが、文章の入力や画像の貼り付けなど簡易的な機能のみとなります。
    テーマやプラグインの追加はできません。
  2. 基本環境とDB環境を利用する
    CMS環境は利用せずに、WordPressを基本環境へインストールすることにより、テーマやプラグインの追加が可能です。
    ※DB環境の実行権限は「ユーザー権限」となります。

各WWWサービスの環境・機能については、「WWWサービスの機能一覧」を参照してください。
利用を希望する場合はMyWasedaより申請を行ってください。申請方法はこちらを参照してください。

TOPへ戻る

MySQL、PHPは利用可能か

MySQL、PHPにつきましては、開設済みのWWWページのURLを明記のうえ(開設前であれば、利用を検討しているWWWサービス名)、MyWasedaからお問い合わせください。

【問い合わせ方法】
MyWaseda
 →グローバルメニュー [ITサービス]
 →左のサービスメニュー [システムに関する問い合わせ、申請(ヘルプデスク)]
 →次のフォルダ、ファイルをクリック
   [問い合わせ/Support]
    └ [ITサービス/IT Service]
     └ [Waseda-netメール・WWWサービスに関する相談/Mail,WWW support]

TOPへ戻る

ゼミ用WWWサービスについて
学生にゼミ用WWWの更新作業を担当してもらいたい

設置責任者(教員)が作業担当者(学生)を指定することで、Webページの更新作業を学生に担当させることができます。
作業担当者(学生)は、オンデマンドセミナーを受講し、確認テストに合格する必要があります。
開設時利用申請は、まず、オンデマンドセミナーの受講申し込みをし、受講およびテスト合格後に配付される申請書にて開設申請を行っていただきます。詳細および申請方法は、ゼミ用WWWサービスを参照してください。

作業担当の学生を交代したい

作業担当者(学生)を追加あるいは交代する場合は、新たに加わる方はオンデマンドセミナーの受講および確認テストに合格する必要があります。
設置責任者(教員)または作業担当者(学生)は、MyWasedaよりオンデマンドセミナー受講の申し込みを行ってください。申請方法はこちらを参照してください。
なお、作業担当者(学生)が交代した場合には、FTPパスワードを必ず変更してください。FTPパスワードの変更方法は、アカウント、パスワードの管理を参照してください。

ゼミ用WWWのFTPサーバに接続できない

汎用プロキシの認証は成功していますか?
成功していない場合は、まず「汎用プロキシ」を用いて学外接続を行います。接続方法はこちらを参照してください。

なお、 ゼミ用WWWのFTPサーバ接続時に用いるIDとパスワードは、
 ・汎用プロキシ → 作業担当者(学生)自身のWaseda-net IDおよびパスワード
 ・FFFTP → ゼミ用WWWのFTPアカウントおよびパスワード
となります。 両方のIDおよびパスワードが間違いないか確認してください。

ゼミ用WWWのFTPパスワードがわからない

公開URL、FTP接続時の各設定値は次の通りです。
WinSCPを用いたFTP接続方法は、「Webサービスの利用方法」を参照してください。

公開URL ファイル転送サーバ FTPアカウント名(ユーザー名) FTPパスワード
http://www.waseda.jp/sem-***/ ftp.www.waseda.jp sem-*** ***は申請した任意の文字列 利用者控に記載

FTPパスワードが不明な場合は、パスワード再発行申請が必要です。
パスワード再発行申請は設置責任者(教員)からのみ行っていただけます。
申請はMyWasedaより行ってください。申請方法はこちらを参照してください

TOPへ戻る

急に「潜在的なセキュリティ違反」の警告が表示された

ファイル転送ソフトで基本環境にSFTP接続する際、セキュリティに関する警告画面が表示されることがあります。

2018年7月に実施したメンテナンスの影響で、メンテナンス実施後の初回利用時にホスト鍵の更新を確認する警告となります。
この警告画面が表示された場合は、[更新]をクリックすることで、SFTP接続(ログイン)を続行してください。
警告画面に不信な点がある場合、あるいは、更新をクリックしても接続できない場合、ヘルプデスクよりお問い合わせください。


警告画面の一例(WinSCPの場合)

TOPへ戻る