SSLとTLSの設定

TOPへ戻る

概要

SSL(Secure Socket Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する方法のひとつです。TLS(Transport Layer Security)は、SSLをもとに標準化させたものです。
通常、インターネット上では、暗号化されずにデータが送信されています。もし送信途中でデータを傍受されてしまった場合は、第三者にデータが漏れてしまう可能性があり、また、相手のなりすまし(Webサイトの偽造)に気付かずに利用していると、大切な個人情報がなりすましの相手に取得されてしまう可能性があります。
そのため、個人情報を扱う多くのWebサイトでは、通信途中での傍受やなりすましによる情報漏洩を防ぐ目的で、SSLやTLSを利用しています。

なお、SSL3.0は脆弱性が報告されています。セキュリティの観点よりブラウザのSSL設定を無効化することをお勧めします。設定変更方法は「SSL/TLSの設定方法」を参照してください。

サービス・システムによってはセキュリティのためSSLを無効とし、TLSの対象バージョンを有効にしないと利用できないものがあります。利用できないサービス・システムがある場合、ご利用のブラウザのTSL対応状況を確認し、必要に応じて設定変更またはバージョンアップを行ってください。

TOPへ戻る

ブラウザ等のSSL、TLS対応状況

* 2018年2月時点

代表的なブラウザのSSL/TLS規定値の一覧

  • Web科目登録やBoxなどのTLS対応ブラウザでのみ利用可能なサービスを利用する場合は、下表で示すTLS対応ブラウザをご利用ください。
    TLS対応ブラウザのみで利用可能なサービスの詳細はこちらを参照してください。
  • TLSが規定値で無効となっているブラウザを利用している場合は、手動で有効にしてください。
  • SSLが有効となっているブラウザを利用している場合は、セキュリティの観点より無効化することをお勧めします。
ブラウザ バージョン SSL2.0/3.0
(安全ではない)
TLS1.0/1.1/1.2 備考
Internet Explorer 11 規定で無効
対応  
8,9,10 2.0:規定で無効
3.0:規定で有効
規定で無効 SSLの無効化、TLSの有効化の手順はこちらを参照してください。
Microsoft Edge   規定で無効 対応  
Safari 11以降 非対応 対応  
Firefox/Firefox for Mobile 39以降 非対応 対応  
Google Chrome/Chrome for Android 44以降 非対応 対応  
Safari モバイル 9以降 非対応 対応  
Android ブラウザ 5.1以降 非対応 対応  

TLS1.2に対応するOS・デバイス/ブラウザ・メールソフトの一覧

  • 教職員向けWasedaメールは、2018年11月1日以降TLS1.2対応ブラウザ・メールソフトでのみ利用可能となります。下表に示す対応ブラウザ・メールソフトをご利用ください。
  • TLSが規定値で無効となっているブラウザ・バージョンは手動で有効にしてください。
○:対応、▲:既定で無効のため手動で有効にする必要がある(設定変更方法はこちら)、×:非対応、-:サポート外
OS・デバイス
/ブラウザ・メールソフト
Webメール(OWA:Outlook Web App) メールソフト
Internet Explorer Safari Firefox Chrome Android
ブラウザ
Outlook Thunderbird OS標準
メール
8,9 10 11 9 10 11 デスクトップ版 モバイル版
Windows 7 × - - - 27以降 30以降 - 2010以降 - 31以降 -
Windows 8.1 - - - - 27以降 30以降 - 2010以降 - 31以降 -
Windows 10 - - - - - 27以降 30以降 - 2010以降 - 31以降 -
macOS (OS X v10.11 El Capitan) - - - 27以降 30以降 - 2016以降 - 31以降
macOS (OS X v10.12 Sierra) - - - - 27以降 30以降 - 2016以降 - 31以降
macOS (OS X v10.13 High Sierra) - - - - - 27以降 30以降 - 2016以降 - 31以降
Android 6.0-6.0.1 - - - - - - - - - - -
Android 7.0 - - - - - - - - - - -
iOS 10 - - - - - - - - - -
iOS 11 - - - - - - - - - -

TOPへ戻る

SSL/TLSの設定変更方法

SSLを無効にする、または、TSLを手動で設定する必要があるブラウザの設定方法です。
Internet Explorer以外のブラウザについては、ブラウザを最新バージョンにしてください(ブラウザのバージョン確認・更新方法はこちら)。

Internet Explorer

1 メニューの「ツール」(または、右上にある[ツール](歯車)ボタン)をクリックし、「インターネットオプション」をクリックします。
2 「詳細設定」タブをクリックします。
3

「セキュリティ」項目にあるSSL/TSLを設定をします。

SSLを無効にする場合
SSL 2.0を使用する チェックを外す
SSL 3.0を使用する
TLSを有効にする場合
TLS 1.0を使用する チェックを入れる
TLS 1.1を使用する
TLS 1.2を使用する
3 [適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
4 Internet Exploerをすべて閉じます。

TOPへ戻る

関連リンク