Office、Office for Mac

TOPへ戻る

Office、Office for Macとは?誰が使えるの?

Office、Office for Macは統合アプリケーション(文書作成、表計算、プレゼンテーション等)です。

大学が提供するマイクロソフトのOffice製品の利用方法は2通りあります。本FAQで紹介する 「Office Professional Plus」「Office for Mac」は、複数の利用資格者が利用するPCにインストールする場合にご利用ください。個人のPCなど利用者が特定されているPCでは「Office365」をご利用ください。
 例)研究室・ゼミ室等に設置して複数の利用資格者が共用で利用するPC:「Office Professional Plus」「Office for Mac」をご利用ください
   個人のPC(特定の1名の利用者が基本的に使用するPC):「Office365」をご利用ください

「Office Professional Plus」「Office for Mac」の 詳細は「Office」を参照してください。
「Office365」の 詳細は「Office」を参照してください。

TOPへ戻る

Officeのライセンス認証でエラーが表示された

正しいプロダクトキーを入力しているにもかかわらず、「0x800」で始まるエラーが表示されライセンス認証できない場合は、Microsoft社の認証サーバーへの接続に問題があり認証できないことが原因として考えられます。

まず、PCがネットワークに接続にできているか、確認してください。
ネットワークに接続できている場合は、少し時間(場合によっては数日)をおいて再度認証を試みてください。
その際には、インストールしてからライセンス認証までの既定の日数(30日)を超えないようご注意ください。

TOPへ戻る

Officeのライセンス認証をしても、認証されていないと表示される

正しいライセンス認証を行っているにもかかわらず、Office 2010起動時にライセンス認証が必要とのエラーが表示される場合があります。
この現象は、Microsoft社より、既知の問題として報告されています。

ライセンス認証後にOffice 2010のアプリケーションを起動した時に、再度認証が必要との画面が表示された場合は、次の解決方法を参照してください。

TOPへ戻る

ライセンス期限切れのメッセージが表示されて使用できなくなった

インストール時に何らかの原因で正常にライセンス認証が終了しなかった場合、別途ライセンス認証を行う必要があります。
ライセンス認証の方法は個別にがご案内しますので、ITヘルプデスクにお問い合わせください。

TOPへ戻る

複数バージョンのOfficeの共存について

複数のバージョンのOfficeを共存させるためには、古いバージョンのOfficeから順にインストールを行う必要があります。
古いバージョンのOfficeを新しいバージョンのOfficeの後からインストールすると、各バージョンの設定が正しく動作しません。

古いバージョンのOfficeがインストールされている場合
  • Outlookを使用している場合、送受信したメールやアドレス帳などのデータは削除されませんが、念のため事前にバックアップを取ることをお勧めします。
  • 新しいバージョンのOfficeをインストール (「カスタム インストール」、または「ユーザー設定 インストール」)します。

※Outlookは一番新しいバージョンのみが有効となります。複数バージョンの共存はできません。

新しいバージョンのOfficeがインストールされているPCに、古いバージョンのOfficeをインストールする場合

共存させるためには、古いバージョンのOfficeから順にインストールを行う必要があります。
次の順番どおりに作業を行わないと、各バージョンの設定が正しく管理されません。

  1. 新しいバージョンのOfficeをアンインストールします。
    Outlookを使用している場合は、 事前に必ずバックアップを取ってください。
  2. 古いバージョンのOfficeから順番(例:Office2010 → Office2013)にインストールを行います。
注意事項
  • エクスプローラでOfficeで作成したファイルをダブルクリックした場合、以下のルールが適用されます。
    ファイルを作成したバージョンのOfficeがインストールされている場合 ファイルを作成したバージョンのOfficeがインストールされていない場合
    そのバージョンのOfficeで開かれます。 最後にインストールされたバージョンのOfficeで開かれます。
  • WordまたはAccessを起動すると「インストールの準備中...」との メッセージが表示され、起動までに数分かかることがあります。

TOPへ戻る

言語の変更方法

Officeに言語パック(Multilanguage Pack)を適用すると、Officeの表示言語の変更、ヘルプへのアクセス、指定した言語での校正ツールと編集ツールの使用が可能になります。

  1. 「スタート」ボタンー「すべてのプログラム」をクリックし、「Microsoft Office」内の「Microsoft Office ツール」をクリックし、「Microsoft Office xxxx 言語設定」をクリックします。
  2. 「表示言語とヘルプ言語の選択」項目で、表示したい言語をクリックし、枠の右側にある上向き三角ボタンを目的の言語が一番上になるまでクリックします。
  3. [OK]ボタンをクリックします。

※Officeが開いている場合は、Officeを一旦閉じて再度開き直すと設定が有効になります。

参考

TOPへ戻る

Office for Macを最新の状態にする

Office for Macでは、Microsoft AutoUpdate (MAU) を用いてOffice for Macの状態を最新にします。

Microsoft AutoUpdateでOffice for Macを最新の状態にする
  1. WordやExcelを起動する。
  2. メニューバーの [ヘルプ] から [更新プログラムのチェック] を選択し、MAUを起動します。
  3. 「更新プログラムのチェック」を行います。

MAUを起動できない、あるいはMAUで「現在利用可能な更新プログラムはありません」と表示される場合は、MAU自体のアップデートが必要な場合があります。次項を参照の上、最新版のMAUをインストールしてください。

最新版のMicrosoft AutoUpdateをインストールする

次のサイトで最新版のMAUをダウンロードしてインストールできます。
注意事項を確認のうえ作業を行ってください。

TOPへ戻る

WordやExcelなどでプルダウンリストが表示されない

Office for Macの状態が最新になっていない場合に発生することがあります。
Microsoft AutoUpdate (MAU) を用いて、Office for Macの状態を最新にしてください。

TOPへ戻る

Office for Mac 2016のmacOS10.15(Catalina)への対応について (2019年10月28日時点)

Office for Mac 2016をmacOS10.15(Catalina)で使用する場合は、次の点に注意してください。
Office for Mac 2016が最新の状態になっていない場合は、CatalinaでOffice製品が起動しなくなる恐れがあります。
なお、Office for Mac 2011はCatalinaには対応していません。Office for Mac 2019またはOffice365をご利用ください。

Office for Mac 2016がインストールされたMacのOSをCatalinaにアップグレードする場合

OSをCatalinaにアップグレードする前に、Microsoft AutoupdateでOfficeを最新の状態にしてください。

Catalinaに新規でOffice for Mac 2016をインストールする場合

Download StationからCatalinaにOffice for Mac 2016をインストールすると、Office製品が起動しない場合があります。
Microsoftのサイトから最新のMicrosoft Autoupdateをダウンロード、インストールし、Officeを最新の状態にしてください。

TOPへ戻る