Office365

TOPへ戻る

Office365とは?誰が使えるの?

Office365とは、Microsoft社が提供するクラウドサービスで、最新バージョンのMicrosoft Officeをダウンロード、インストールできるサービスです。
本学に在籍し、利用資格を有する期間のみ利用できます。
詳細は「Office365の利用」を参照してください。

TOPへ戻る

[Officeのインストール] ボタンが表示されない

Office365サイトにサインインする際にWaseda IDを入力する画面が表示されたり、サインインした後に、 [Officeのインストール] ボタンが表示されず下図のような画面が表示されたりする場合、サインインに用いるIDが誤っています。
右肩の人物の部分(画面右上部分)をクリックしてサインアウトし、正しいIDで再度サインインしてください。
IDは「Waseda ID@o365.waseda.jp」です。WasedaメールアドレスやWaseda [email protected]o.waseda.jpではありません。
サインインしなおしても同じ画面になってしまう場合は、別のブラウザを用いて再度お試しください。

サインインに異なるIDを用いている場合に表示される画面の例

Officeポータル
サインイン時
Waseda IDを入力する画面が表示される。
【対処方法】
サインアウトしてブラウザを閉じ、正しい正しいIDとパスワードでサインインしてください。
Officeポータル
サインイン後
【例1】
Officeポータル画面で、次の表示がある。
・「アプリ」に「Outlook」「予定表」「連絡先」などがある。
・「予定表」にカレンダーが表示される。
【対処方法】
サインアウトしてブラウザを閉じ、正しい正しいIDとパスワードでサインインしてください。
【例2】
Officeポータル画面で、次の表示がある。
「Office のデスクトップ アプリが含まれている Office のライセ
ンスが現在割り当てられていません。組織の Office を入手する
方法の詳細については、管理者にお問い合わせください。」
と表示される。
【対処方法】
サインアウトしてブラウザを閉じ、正しい正しいIDとパスワードでサインインしてください。

TOPへ戻る

Office365のダウンロード/インストールができない

Office365サイトにサインインできているにもかかわらず、Office365のダウンロード/インストールができない場合があります。原因のひとつとして、以前、OfficeをインストールしたときのファイルなどがPCに残っていることにより、Office365のダウンロード/インストールやアンインストールに失敗することが考えられます。さらに、通常のアンインストール手順(「プログラムと機能」からアンインストール)では問題が解消できない、あるいは「プログラムと機能」に「Office」がないのでアンインストールの操作そのものができない場合の解決方法として、Microsoft社からOfficeを完全にアンインストールできるツール(Easy Fixツール)が提供されています。

アンインストール用ツールの利用については、次のWebサイトを参照してください。

Microsoft Office 2013 または Office 365 のアンインストール(Microsoft社のサイト)

※アンインストール用ツールは、必ずPC上に保存してから実行してください。直接実行するとアンインストールに失敗する可能性があります。

TOPへ戻る

Office Onlineが利用できない

早稲田大学が提供するOffice365にはOffice Online(Excel Online、Word Onlineなど)の利用は含まれません。
このため、Office Onlineに早稲田大学のOffice365のアカウント([Waseda ID]@o365.waseda.jp)でログインしても「ライセンスがありません。」という表示が出て、利用することができません。

TOPへ戻る

OneNoteの保存先にOneDriveが表示されない

早稲田大学が提供するOffice365にはOneDriveの利用は含まれません。
OneDriveを利用したい場合は、早稲田大学のOffice365のアカウント([Waseda ID]@o365.waseda.jp)以外のMicrosoftのアカウントをご利用ください。

TOPへ戻る

インストールしたPC・タブレットの確認方法

インストールしたPC・タブレットは、Office365ポータル画面(サインイン後に表示される画面)から確認およびライセンスの無効化(非アクティブ化)ができます。
ライセンスの切り替え(Office365のライセンスを利用する機器の変更は、次の手順で行います。

1 Office 365のポータルサイトにサインインします。
2 画面右上の氏名が表示されている部分の横の「▼」をクリックし、表示されたメニューの中の「アカウントの表示をクリックします。
3 左列メニューの「インストール ステータス」をクリックします。
4

インストールされている機器の一覧が表示されます。

[ライセンスの無効化]
ライセンスを無効化したい機器があれば、対象の機器欄の 「非アクティブ化」 をクリックします。
PC側でライセンス認証が無効になるまで、最大24時間かかりますが、新しくライセンスを利用するPCへはすぐに利用(インストール)できます。
ライセンスが無効化されたPC側のOfficeは機能制限モードになりますが、自動でアンインストールされるわけではありません。

TOPへ戻る

MacでOffice365利用時にサインイン(ライセンス認証)に失敗する
MacでOffice365利用時に何度もサインインを求められる

次のいずれかを行うことで改善する場合があります。上から順にお試しください。

資格情報のリセットとスクリプトの実行

資格情報のリセット、およびMicrosoftが提供しているスクリプトの実行を行ってから、再度サインイン(ライセンス認証)ができるか確認します。
資格情報のリセットとスクリプトの実行の手順は次のリンクからマイクロフトのページを参照してください。

コンピュータ名が全角文字の場合

Macのコンピュータ名に日本語が使われている場合、インストール後のサインイン(ライセンス認証)ができない、またはOfficeが起動できないなどの問題が起きる場合があります。次の手順によりコンピュータ名に日本語が使われていないか確認し、日本語が使われている場合は半角英数に変更してください。

  1. メニューの「システム環境設定」の「共有」を開きます。
  2. コンピュータ名に日本語が使用されている場合は、半角英数のみのコンピュータ名に変更します。
  3. Macを再起動し、Office365のサインイン(ライセンス認証)ができるか確認します。
日付と時刻の変更

日付と時刻の設定をいったん変更し、Office365のサインイン(ライセンス認証)を行うことで改善する場合があります。
手順は次の通りです。

  1. すべてのOfficeソフトウェアを終了します。
  2. 「システム環境設定」の「日付と時刻」を開きます。
  3. 「時間帯」タブをクリックし、[最も近い都市]ボックスでに日本以外の都市を選択します。
  4. WordやExcelを開き、表示されたOfficeのサインイン画面にてOffice365のサインインIDとパスワードを入力してサインインします。
  5. タイムゾーンの設定を[東京 - 日本]に戻します。
アンインストールと再インストール

どうしても正常に動作しない場合は、インストール済みのOfficeを削除(アンインストール)し、再インストールしてください。
アンインストールの手順は次のリンクからOfficeサポートのページを参照してください。

アンインストールが完了したら、次のページを参考にインストールしてください

Office365(Officeアプリケーション)

TOPへ戻る

Macで別のサインイン情報が表示される。

Waseda [email protected]でサインインしているにも関わらず、別のサインイン情報が表示される場合、一度ライセンス情報を削除してください。
ライセンス情報の削除の手順は次のWebサイトを参照してください

ライセンス情報を削除すると、次のOfficeアプリケーションを利用する際に、サインインを求められます。
その際、正しいIDとパスワードでサインインを行ってください。

TOPへ戻る

アプリケーションでファイルの保存ができない/機能制限モードになってしまった

誤ったIDでサインインしている場合はライセンス情報がないため、Officeアプリケーションが機能制限モードになります。
機能制限モードでは、書類の表示、印刷のみができ、保存などはできなくなります。

正しいIDでサインインしている場合は下表のような画面が表示されます。
このような表示になっていない場合は「ライセンス認証方法」を参考に正しいIDとパスワードでサインインしなおしてください。

正しくサインインされた場合に表示される画面の例

Windows Excelなどのアプリケーションを起動し、 メニューバーのファイルをクリックして表示される画面で、「アカウント」をクリックします(左図)。
サブスクリプション製品の欄に、「Waseda [email protected]」が表示されていれば、正しくサインインされています。

※IDは一部が伏字になっています。
Mac Excelなどのアプリケーションを起動し、 ギャラリーの画面(メニューバーのファイルからテンプレートから新規作成をクリックすると表示)で、画面左側のアイコンをクリックします(左図の赤丸部分)。
Waseda IDおよび「Waseda [email protected]」が表示されていれば、正しくサインインされています。

正しいIDでサインしていない場合に表示される画面の例

Windows(準備中) (準備中)
Mac
メニューの下に、
「Office365を更新して作成や編集を行う アカウント
****@****.waseda.jp のOfficeサブスクリプションは有効期限
が切れています。 [更新]」
というメッセージが表示されます。

TOPへ戻る

Officeのバージョン情報

Office365では基本的に最新バージョンのOfficeが利用できます。
ただし、本学ではリリース後の安定したバージョンを提供するためシステム担当者によりバージョンを制御しています。
最新バージョンではない場合でも、一定期間後に提供されるのでしばらくお待ちください。

TOPへ戻る

個人でOffice365 Soloを利用している場合の注意事項

今まで個人でOffice365 Soloを利用していて、大学提供のOffice365に切り替える場合は、次の点に注意してください。

  • 大学提供のOffice365では、OneDrive for BusinessとSkype for Businessは利用できません。
    引き続き利用する場合は、取得済みの個人用Microsoftアカウントに切り替えてご利用ください。
  • 個人用Microsoftアカウントで利用中のOneDriveに保存しているデータは、個人のOffice365 Soloの契約期間が切れた後でもデータの閲覧やダウンロードなどの利用は可能です。
    ただし、OneDriveの無料ユーザーとしての保存容量の上限が5GBのため、上限以上のデータを保存していた場合は、5GB以下になるまでファイルの追加はできません。
  • Skypeを利用していた場合は、個人のOffice365 Soloの契約期間が切れた翌月以降は、毎月60分の世界通話プランが付与されなくなります。
PCでOffice365のソフトウェアを利用していた場合
  • 個人のOffice365 SoloでインストールしていたOfficeはアンインストールし、あらためて大学提供のOffice365にてダウンロードしたOfficeをインストールしてください。
    Office365のライセンス認証は、Officeをインストールした際に利用したアカウントがOffice365の利用ライセンスを保有しているかを定期的に確認しています。
    インストール時に使用したOffice365 Soloの契約期限が切れた後、サインイン可能な別のアカウントの保有の有無に関わらず、Officeの機能に制限がかかります。個人のOffice365 Solo契約終了後、大学提供のOffice365を利用する際の手順の詳細は、次のMicrosoft社のサイトで確認してください。
    <参考>
     Office 2016 と Office 2013 のインストールのトラブルシューティング(Microsoft社)
      「一般法人向け」内の「Office 365 プランを切り替えたところ Office を使用できなくなった」を参照してください。
  • AndroidフォンまたはタブレットやiOSデバイス(iPhone, iPad)でOfficeアプリを利用していた場合は、次の点に注意してください。
AndroidフォンまたはタブレットやiOSデバイス(iPhone, iPad)でOfficeアプリを利用していた場合
  • Officeアプリを削除する必要はありませんが、サインイン資格情報を削除してライセンスの再認証を行う必要があります。
  • サインイン資格情報の削除を行うと、アカウントに紐づいたオフライン情報やキャッシュも削除されます。
    サインイン資格情報の削除を行う前に、オフライン状態になっているファイルがある場合は、かならず有効なアカウントのBOXやOneDriveなどに保存し、保存内容が最新の状態になっていることを事前に確認しておいてください。
    また、アプリの設定や「最近使ったファイル」などの表示を移行することはできません。
  • サインイン資格情報の削除方法:※アカウント自体が削除されるわけではなく、サインインしている情報だけが削除されるのみです。
    <Android>
    1.Officeアプリの「メニュー」をタップしてアカウントを表示します。
    2.「設定」をタップし、「このアカウントからサインアウト」(または「このアカウントを削除」)をタップします。
    <iOS>
    1.「設定」アプリを起動します。
    2.画面左側の項目の中から、いずれかのOfficeアプリを選択します。
    3.メニューの「<Officeアプリ名>のリセット」をタップします。
    4.「サインイン資格情報の削除」をスライドして、このオプションを有効にします。
    5.[ホームボタン]を2度早押しし、起動中のOfficeアプリをすべて上へスワイプして閉じます。
    すべてのOfficeアプリを閉じた後、再度Officeアプリを起動し、大学提供のOffice365アカウントにてサインインします。
    ※インストール済みのOfficeアプリすべてに、自動的に新しくサインインしたアカウントが適用されます。

TOPへ戻る

進学、卒業、退職の際の注意事項
進学時の注意事項

学部から大学院への進学など、進学の前後ともOffice365の利用資格がある場合はインストール済みのOffice365を継続して利用することができます。
なお、進学時のID継続手続きの実施時期によっては継続して利用ができない場合があります。進学後にOffice 365のポータルサイトにサインインしても、インストール済みのPCやタブレットが表示されない場合は、インストール済みのOffice365を一度削除して再度インストールし直して下さい。なお、その場合でも作成済みのファイルがなくなることはありません。

卒業/修了、退職時の注意事項

卒業/修了や退職などで利用資格がなくなると、Office365は利用できなくなります。
その場合でも作成済みのファイルがなくなることはありません。

卒業/終了後も使えるOfficeがほしい方へ
早稲田大学はAXIES(大学ICT推進協議会)の正会員のため、次のサイトの「卒業割」の価格より、さらに割引価格で購入できます。
卒業後にOfficeの購入を考えている方はぜひご利用ください。 (最終学年~卒業後6ヶ月まで購入可能)

Microsoft Office学割(内田洋行)

TOPへ戻る