有線LAN接続

TOPへ戻る

DHCP接続方法が知りたい

詳細な接続方法は、「有線LAN (DHCP) 接続ログイン/ログアウト方法」を参照してください。

TOPへ戻る

DHCP認証してもWebページが見られない

学内ネットワークに接続する場合は、プロキシの設定が必要となります。
ブラウザのプロキシが設定されているか確認してください。
設定方法の詳細は、「プロキシサービス」を参照してください。

TOPへ戻る

DHCP接続ができない

学内の教室や研究室でインターネットに接続できない場合は、いくつかのポイントを順番にチェックして原因を調べます。
学内での有線LAN接続(DHCP)トラブルシューティング」を参考に確認してください。

TOPへ戻る

DHCP認証ができない

ユーザIDとパスワードを入力する画面が表示されない場合は、設定が誤っている可能性があります。「DHCP接続ができない」を参考に設定を確認してください。

ユーザIDとパスワードを入力する画面が表示されている場合、ユーザIDとパスワードを正しく入力しているか確認してください。
ユーザIDはWaseda IDまたはWasedaメールアドレスです。

Waseda ID、Wasedaメールアドレスを取得した当日は、ユーザIDは初期Waseda IDとなります。
Waseda IDを変更した当日は、ユーザIDは変更前のWaseda IDまたはWasedaメールアドレスとなります。

取得、変更の翌日以降は通常通り、ユーザIDはWaseda IDまたはWasedaメールアドレスとなります。
なお、いずれの場合もパスワードは最新のパスワードです。

校友(卒業生)は学内ネットワークを利用することはできません。

TOPへ戻る

研究室で安全にPCやプリンタを共有したい

研究室内でネットワークプリンターの利用やファイル共有などを行うと、次のようなトラブルの原因となる場合があります。

  • うっかり他の研究室のプリンターに出力してしまった。
  • 誰が出力したものかわからない印刷物がプリンターに出力される。
  • 研究室内のみで共有するつもりだったファイルが、隣の研究室のPCからも閲覧できてしまっている。

このような問題を防いで研究室内のPCを管理する方法として、ルーターを設置して、 研究室内を「Privateネットワーク化」する方法があります。
次の資料を参考に適切に運用してください。

研究室内Privateネットワークの利用

TOPへ戻る

自宅のネットワークに接続できなくなった

プロキシは学内有線ネットワークを利用するための設定ですので、PCを自宅など学外で利用する場合は、プロキシの設定を解除する必要があります。
一時的な解除の手順は次のWebページを参照してください。

一時的にプロキシの設定をはずす

TOPへ戻る