IT利用

TOPへ戻る

PC利用について相談したい

学生IT相談窓口を利用してください。

  • ※個人所有のパソコンについての相談も受付けておりますが、全ての相談に対応できるわけではないことを予めご了承ください。
  • ※持ち込みになられたパソコンのOSやアプリケーションの設定変更により発生した不具合、データ消失等の責任は負いかねますので、ご了承ください。
  • ※作業を代行するわけではありません。実際に作業をして頂くのはご本人となりますのでご注意下さい。

TOPへ戻る

Office2007で作成したファイルの利用について

Officeのバージョン2003までは同一の拡張子(Wordなら.doc)が使用されていましたが、2007からは新たに.docxという拡張子が採用されており、旧バージョンで開けないことがあります。
Office2007で作成したファイルについて、学内端末環境や自宅での利用、また、Course [email protected]などで学生・教職員とファイルをやり取りする場合の注意点は、「Office2007で作成したファイルの利用について」を参照してください。

TOPへ戻る

Office2007以上で作成したファイルをを97-2003形式で保存する方法

Office Word2007以上で作成したファイルは、PCの環境によってはひらくことができない場合があります。
自宅等のOffice2007以上でファイルを作成した場合には、多くの人たちが利用している97-2003形式で保存するのもよいでしょう。
また、Macの環境ではOffice2007のファイル形式を表示することができないので、必ず97-2003形式あるいはPDFなどのファイル形式としてください。

Office2007にて、ファイルを97-2003形式で保存する方法(Wordの場合)

TOPへ戻る

Officeの表示言語を切り替えたい

Office Multi Language Pack がインストールされている場合は、Officeの表示言語を切り替えることができます。
早稲田大学の教室常設PC、および、コンピュータ教室の教卓PCにはOffice Multi Language Pack (English)がインストールされていますので、次の手順で表示言語を英語に切り替えることができます。

  1. 「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」をクリックし、続いて「Microsoft Office」、「Microsoft Office ツール」、「Microsoft Office xxxx 言語設定」の順にクリックします。
  2. 「表示言語とヘルプ言語の選択」項目で表示したい言語を選択し、枠の右側にある上向き三角ボタンを目的の言語が一番上になるまでクリックします。
  3. [OK]ボタンをクリックします。
  4. Officeが開いている場合は、Officeを一旦閉じて再度開き直すと表示設定が有効になります。

TOPへ戻る

InternetExplorer7でファイルのダウンロードができない

InternetExplorer7で、 ファイルのダウンロード時に「ファイルを取得中・・・」のメッセージのままとまってしまったようになることがあります。この場合は、InternetExplorer7のアップデート(WindowsUpdate)を行うことで解消されることが多いです。 手順Aを試してください。
すでに最新の状態になっている場合、もしくはUpdate後も 同様の不具合が発生する場合は手順Bを試してください。

手順A(Windows Update)
  1. 他に立ち上げている全てのブラウザを閉じ、新たにInternet Explorerを起動する。
  2. Internet Explorer 7の場合「ツール」が表示されている 「メニューバー」自体が表示されていないので「Alt」キーを押し、一時的に表示させます。
  3. 表示された画面上部の「メニューバー」の「ツール」から「Windows Update(U)」を選択する。
  4. 「Windows Update」の画面が表示されるので、画面の指示に従い、最新の状態に更新してください。
手順B
  1. [スタート]から[ファイル名を指定して実行] をクリックする。
  2. 「control international」と入力し、[OK] をクリックする。
  3. [言語] タブをクリックし、[詳細] をクリックする。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、[詳細なテキストサービスを  オフにする] チェックボックスをオンにする。
  5. [OK] を 2 回クリックし設定画面を閉じる。

TOPへ戻る

OpenOfficeについて知りたい

OpenOfficeとは、無料で入手できる、ワープロや表計算・プレゼンテーションツールなどを含んだオフィス統合ソフトウェアです。WindowsでもMacでも利用でき、コンピュータルームにも導入されています。
OpenOfficeの簡単な利用方法や利用上の注意点は、「OpenOfficeの利用」を参照してください。

TOPへ戻る

Outlookについて知りたい

Outlook2007の利用にあたり、よくある質問と回答は「Outlookの利用」を参照してください。

TOPへ戻る

ブラウザで証明書エラーが表示される

ブラウザでWebページを閲覧する際に、証明書に関するエラーが表示されることがあります。
まずは利用中のパソコンのOSやブラウザの設定を確認してください。

利用中のパソコンに問題がないようであれば、閲覧先のサイトに問題がある可能性があります。
閲覧をやめるか、 サイトの管理者に確認してください。
なお、Google Chrome 70以降をご利用の場合は、次のWebページも参考にしてください。

証明書に対するセキュリティ警告について(Google Chrome)

TOPへ戻る

自分のPCで学内ネットワークを利用したい

所有しているノートパソコン等を学内ネットワークに接続して利用したい場合は、無線LAN接続または有線LAN接続が利用できます。
学内ネットワークに接続するためには、いくつかの準備が必要です。

設定方法、利用可能場所

無線LAN接続、有線LAN接続を利用するために必要な設定、および、学内の利用可能な場所の案内は次の通りです。

  必要なこと 案内ページへのリンク よくあるご質問へのリンク
学内ネットワークを利用する 1. ネットワーク設定
2.(有線LANのみ)ブラウザのプロキシ設定
3.認証(ログイン、ログアウト)
再び学外に持ち出して利用する 有線LANの場合は、学内ネットワーク利用のために設定したプロキシ設定を解除する必要があります解除方法はこちら)。
また、利用場所に合わせたネットワーク設定を行う必要があります。

※研究室、ゼミ室などでは独自のネットワーク環境を構築している場合があります。その場合は、ネットワークの管理者に相談してください。

利用可能な場所について

無線LANアクセスポイント
学内の無線LAN接続が利用できる場所(アクセスポイント)は、次のページをご覧ください。

無線LAN接続 ~利用可能な場所(アクセスポイント)

自習やグループ学習に適したスペース
無線LANのアクセスポイントや電源コンセントの設備がある、自習やグループ学習に適したスペースがあります。

グループ学習施設

いずれの場所でも、利用場所に掲示された注意事項を守って利用してください。

TOPへ戻る

自分のPCで学内ネットワークやCourse N@viは利用できるのか

所有しているノートパソコン等で、学内ネットワーク、MyWaseda、Wasedaメール、およびCourse N@viなどの各サービス・システムが利用できるかは、各システムの推奨環境一覧を参照して確認してください。

各種システムの推奨環境

  • 推奨環境の範囲内であっても、OS、ブラウザ、ウイルス対策ソフトウエア、および、ご利用のネットワーク環境等の組み合わせによっては、正常に動作しない場合があります。
  • 推奨環境の範囲外のOSやブラウザは問題なく動作する場合もありますが、正常な動作は保障できません。 「主なブラウザ、バージョンの対応表」を参考に、適宜利用してください。
    判明している不具合現象の一覧および対処方法は「推奨環境範囲外のブラウザに関する注意」を参照してください。

所有しているノートパソコンで各サービスが利用できない場合には、コンピュータルームのパソコンを利用してください。
科目登録やCourse [email protected]などの期限があるようなものについては、あらかじめ動作することを確認するなど、余裕をもって利用してください。

TOPへ戻る