教室常設機器

TOPへ戻る

AV機器
教室ごとの利用できる機器が知りたい

教室機器環境案内」で、教室ごとの教室機器を写真入りで紹介しています。

PCでDVDが再生できない
  • DVDは、リージョンコード、作成機器と再生機器との互換性、ファイナライズの状況などさまざまな要因により再生できないことがあります。
    海外製のDVD(リージョンコードが2以外、NTSC方式でないもの)は再生できません。
    教室でDVDを再生させる」では、各教室機器の対応状況やDVD再生の注意点などの情報を掲載しているので参照してください。
  • DVD-R等に録画した地上デジタル放送の番組もPCでは再生が不可能です(Blu-Rayデッキ、またはCPRM対応のDVDデッキならば再生可能です)。
  • Blu-RayディスクはPCでは再生できません。
Blu-rayデッキ/DVDデッキでDVDが再生できない
  • 海外製DVD(リージョンコードが2以外、あるいはPAL方式のソフト)、また海外製Blu-Rayディスク(リージョンコードがA以外のもの)は常設デッキでは再生できません。また再生可能な貸出機もありません。どうしても利用されたい場合は、事前に箇所事務所にご相談ください。
  • ご自宅等のデッキでDVD-R等に地上波の番組などをダビングした場合、最後に「ファイナライズ」という操作を行われていないディスクは、他のデッキでの再生ができません。この事象は、ダビング元のデッキでファイナライズを再度行っていただく以外、いかなる方法でも解決不能です。ディスク作成時に必ず確認してください。
  • DVD-Rは、作成した環境やディスク自体の特性に基づき、特定のデッキで再生ができない事象が発生することがあります。
    「A教室にあったデッキaでは再生ができたが、B教室にあったデッキbでは再生ができなかった」といったような場合も稀にあります。
    その場合、代替のBlu-Rayデッキ等を用意するなどの対応ができることがありますので、早稲田ポータルオフィスにご相談ください。
教室にVHSを再生する環境がない
2013年度後期より、設置機材の老朽化ならびにメーカーの修理サポート期限切れなど、安定したサービス供給が危ぶまれることから、VHSデッキの撤去を開始しています。
VHS以外の教材をご用意いただくか、または、VHSデッキが設置された教室をご利用いただくようお願いします。
どうしてもVHSデッキが必要な場合は早稲田ポータルオフィスで管理する機器をお貸出ししますので、事前にご相談ください。
なお、14号館6階605室にある「マルチメディアコンテンツカナリー(MCC)」では、VHS教材をデジタルメディアにダビングする、等のサポートを行っています。
必要に応じてご利用ください。※教材コンテンツの著作権、ライセンスによっては対応できない場合があります。事前に予約が必要です。
PCの映像がプロジェクターに投影できない
下記の順序でご確認ください。
  1. ケーブルが正しく接続されているか確認してください。
  2. コントロールパネルで常設PC/外部PCを選択されているかご確認ください。
  3. 上記2点が問題ない場合、PCでの映像送出操作が必要な場合があります。次の操作を行ってください。
  • Windows7以前のOS:
    「Fn(ファンクション)」キーを押しながら、「F7」(※LenovoPCの場合はF7が該当しますが、PCメーカーによってキーが異なります)を押して下さい。
    [PCモニタのみ投影→プロジェクタ画面のみ投影→PCモニタ+プロジェクタモニタ投影]といった順番で画面の送出信号が切り替わります。
  • Windows8以降のOS:
    Windowsキーを押しながら「P」キーを押して下さい。画面の送出信号が切り替わります。
  • MacOSの場合:
    モニタ設定でミラーリング設定(プロジェクターを含め、複数のディスプレイに同じPC画面を送出させる設定)を行っていない場合、画面が送出されないことがあります。[システム環境設定]→[ディスプレイ]設定画面で、ミラーリング設定を行って下さい。
PowerPointを使用している場合は「PowerPointのスライドショーがプロジェクターに投影されない」も参照してください。
プロジェクターの投影画面サイズを変更したい
プロジェクターは教室ごとに適切な画面サイズを予め設定しています。標準的な環境で利用いただけるよう、設定変更は基本的に行うことができません。ご了承ください。
※天井吊りタイプでないプロジェクターの場合は設定変更ができてしまいますが、画面のアスペクト比については変更できません。
PowerPointに埋め込んだ動画が再生できない
動画が再生されない、音声がでない、など現象は、さまざまな原因が考えられます。
 例)ファイルの指定先が異なる、インターネットに接続されてない、再生ソフトウェアがない、など
常設PCでの再生に不安がある場合は持ち込みPCを利用いただくか、または、 事前に早稲田ポータルオフィスへご相談ください。
教室に持込PC用のケーブルがない
プロジェクター/液晶ディスプレイの設置がある教室のほとんどに持ち込みPC用のケーブルが常設されています。しかしながら、ご利用者の方が誤ってケーブル類を持ち帰ってしまった、紛失してしまっている場合が稀にあります。
教室に持ち込みPC用のケーブル類がないことにお気づきの場合は、お手数ですが早稲田ポータルオフィスまでご一報ください。
なお、Mac用のケーブルの変換コネクタは常設していません。利用者ご自身でご用意ください。
書画カメラ(OHC)の使い方

利用する教室の案内ページで書画カメラの機種名を確認し、下表のリンクからそれぞれのマニュアルを参照してください。

メーカ 機種、メーカサイトへのリンク
エルモ社 MO-1 P30S P30A HV-400XG
ヴォルフビジョン VZ-8light VZ-8plus3 VZ-9Plus
※主要なものを抜粋して掲載しています。
macOS 10.15(Catalina)でwiviaが使えない
(2019年12月時点)
専用ソフトウェアはmacOS 10.15(Catalina)に対応していません。
macOS 10.15(Catalina)ではwiviaは利用できませんので、Macをご利用の場合はご注意いただきますようお願いいたします。
なお、メーカ(内田洋行)に確認したところ、macOS 10.15 Catalina対応の専用アプリケーションのリリースは2020年夏前後になる見通しとのことです。

TOPへ戻る

教卓PC
教卓のPCの有無を知りたい

教室機器環境案内」で、教室ごとの教室機器を写真入りで紹介しています。

インストールされているソフトウェアが知りたい

教室常設PC」で、教卓のPCのソフトウェアを紹介しています。
コンピュータ教室の教卓のPCは、教室によってソフトウェアが異なります。詳細はこちらから各キャンパスを選択し、各教室のページを参照してください。

電源が入らない、電源が切れてしまう

電源ケーブルが緩んでいる、あるいは抜けている可能性があります。
PCとの接続部分、ACアダプタと電源ケーブルの接続部分、および、コンセントへの差込、それぞれを確認してください。
バッテリーの劣化により、電源ケーブルを抜いた状態では稼動しない場合もあります。

コンピュータ教室の教卓PCの使い方が知りたい

コンピュータ教室、および、コンピュータ教室の教卓PCの使い方は、コンピュータルームガイド「授業での利用」を参照してください。

Officeの表示言語を切り替えたい
教室常設PCにはOffice Multi Language Pack (English)がインストールされていますので、次の手順で表示言語を英語に切り替えることができます。
利用方法の詳細は、よくあるご質問「IT利用」の「Officeの表示言語を切り替えたい」を参照してください。
PowerPointの「発表者ツール」を使いたい
PowerPointスライドショータブの「モニタ」項目の「発表者ツールを使う」にチェックが入っていることで「発表者ツール」の利用が可能です。ただし一部の教室の教卓常設PCでは外部投影機器(プロジェクタ、液晶ディスプレイ等)に正常に表示されない場合があります。
対処方法は「PowerPointのスライドショーがプロジェクターに投影されない」を参照してください。
どうしても、正常に表示できない場合は 持ち込みPCを接続して使用するか、事前に早稲田ポータルオフィスにお申し込みのうえ貸出PCを利用してください。
Audacityで録音ボタンを押しても「録音機器が接続されていません」と表示される

録音機器(ヘッドセットなど)を取り付ける前にAudacityを起動すると、機器が自動認識されず当該エラーがでて録音ができません。

先に録音機器をPCに接続してからAudacityを起動してください。
Audacity起動後に録音機器をPCに接続した場合は、「オーディオデバイスの再スキャン」を祖押して録音機器の再認識を行ってください。

Boxからフォルダ単位または複数ファイルのダウンロードができない
(2019年4月時点)
Internet Exploerで現象が発生します。
Google Chrome、Firefoxなどの別のブラウザをご利用ください。
VLCメディアプレイヤー操作中に突然「Windowsセキュリティの需要な警告」が表示される
※2019年9月に本現象は解消しました。
(2019年4月時点)
VLCメディアプレイヤー操作中に突然「このアプリの機能のいくつかがWindows Defenderファイヤウォールでブロックされてしまいます」というポップアップが表示されることがあります。
これは、VLCプレイヤーでタブメニュー「再生(L)」を表示した状態で操作をしている際に、メニュー「レンダラー(R)」にカーソルが乗るだけで表示差されてしまいます。もしこのポップアップが表示されたら「キャンセル」ボタンを押して閉じて下さい。
VLCメディアプレーヤーでDVDを再生すると字幕が表示されない
VLCメディアプレーヤーでDVDを再生すると字幕が表示されないことがあります。
DVDデッキのある教室の場合は、そちらをご利用ください。
DVDデッキが常設されていない教室の場合は、事前に早稲田ポータルオフィスにご相談ください。
Flashコンテンツが再生できない
FlashPlayerのインストールを求められる
Adobeが発表した2020年のFlash終了をうけ、教室常設PCにおいても2019年3月をもってFlashプラグインの導入を終了しました。
Flashコンテンツを再生しようとすると、再生ができなかったり、FlashPlayerのインストールを求められたりすることがありますが、教室常設PCではFlashコンテンツの再生はできません。
スタートメニューからSophosメイン画面が起動できない
※2019年9月に本現象は解消しました。
スタートメニューの「ウイルススキャン」内にある「Sophos Endopoint Security and Control」ショートカットからSophosメイン画面が起動できない場合があります。その場合は画面右下のタスクトレイ内にある、Sopohosアイコンから起動してください。
PowerPointのスライドショーがプロジェクターに投影されない
※2019年9月に本現象は解消しました。
  • プロジェクターに画面が正常に投影されない
  • 動画がプロジェクターに投影されない
  • ハイパーリンク(関連ファイルおよびWebページへの接続)を クリックした場合にプロジェクターに投影されない など

以上のような不具合が発生した場合は次の手順をお試しください。

  1. キーボードの左上にある「ESC」キーを押し、スライドショーを終了します。
  2. PowerPointで、「スライドショー」タブの『発表者ツールを使用する』のチェックボックスを外します。
  3. 再度、スライドショーを開始します。

万が一、不具合が解消されない場合は各キャンパスの窓口にご連絡ください。

キャンパス 問い合わせ先
早稲田 早稲田ポータルオフィス(7号館1階) 71-8500
戸山 MM準備室(36号館4階) 72-3126
所沢 技術管理室(100号館A208) 76-3207
東伏見 東伏見共通事務所 (東伏見専用内線)2011
その他
iPadを持ち込みたい
プロジェクタ等に投影する場合は、iPad用の「VGA変換アダプタ」や「HDMI変換アダプタ」を接続し、持ち込みPC用の接続端子を利用してください。
なお、iPad用の「VGA変換アダプタ」や「HDMI変換アダプタ」は常設、貸出とも行っていません。利用者ご自身でご用意ください。
iPadの無線LAN接続については、こちらを参照してください(無線LAN利用可能場所のみ)。
持込PCでネットワーク接続ができない
  • 有線LAN接続の場合:
    LANケーブルが正しく接続されていない場合があります。PCへの差込が緩んでいないか確認してください。
    また、有線LAN接続の場合は場合には「プロキシ設定」が必要です。正しく設定されているか確認してください。
    その他の有線LAN接続設定については、こちらを参照してください。
  • 無線LANの場合:
    無線LAN接続の利用可能場所でない可能性があります。利用可能場所(アクセスポイント)の詳細はこちらを参照してください。
    利用可能場所に含まれない場合は、有線LAN接続をご利用ください。
持ち込み機材に制限があるのなら、あらかじめ知りたい
ご利用の機器により様々なケースが考えられますので、事前に早稲田ポータルオフィスへご相談ください。
借りられるケーブルと借りられないケーブルがあるの?
ご利用の機器により様々なケースが考えられますので、事前に早稲田ポータルオフィスへご相談ください。

TOPへ戻る