情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

MNCの視点

セカンドメールについて

セカンドメールとは

セカンドメールとは、メインとなるWaseda-netメールを補完する役割を担うメールシステムです。ヤフー株式会社が教育機関向けに提供する「Yahoo!メール Academic Edition」を早稲田大学仕様にカスタマイズして提供しています。Waseda-netポータルから利用開始手続き(アクティベーション)を行った利用者のみ利用可能です。

セカンドメールは、2009年7月に在学生向け、9月に教職員向けにサービスを開始しました。2010年5月には校友向けのサービスも開始し、卒業後は転送専用になってしまうWaseda-netメールを補完するサービスとして多くの方にご利用いただいています。セカンドメールのご利用方法については、以下のURLをご参照ください。

参照
【セカンドメール利用ガイド】
http://www.wnpspt.waseda.jp/common/mail/

セカンドメールはYahoo!メールをベースにしていますが、大学で利用するということで、オークションの機能を制限したり、不要な広告が表示されないようなカスタマイズを施しています。卒業後、校友となられた場合にはこうした制限がなくなりますが、Waseda-netメールアドレスをベースとしたメールアドレスを卒業後も利用することができます。

memo
【セカンドメールアドレス】
[email protected] (※1)
※1「y.」以外はWaseda-net メールアドレスと同一。
例)Waseda-netメールアドレスが「[email protected]」である場合、セカンドメールアドレスは「[email protected]」となります。

セカンドメールを導入した当時、Waseda-netメールでは使用できる容量が限られており、教職員でも80MB、学生にいたっては5MBしかありませんでした。Waseda-netメールは2011年3月に新しいシステムに移行し、容量の問題は解消されましたが、その他にもセカンドメールを利用すると受けられる便利な機能、サービスをご紹介します。

便利な機能

セカンドメールは現在、容量が無制限です(ただし校友は10GB)。画像や動画など、大容量のファイルをやり取りすることも増えていますので、この機能はかなり便利だと思います。

また、2011年10月より、新たにYahoo!ボックスというサービスが開始されました。Yahoo!ボックスとは、写真や文書など、さまざまなファイルをサーバ上に置いて管理できるサービスで、Yahoo!ボックスに置いた写真などのファイルは、自宅以外のパソコンや携帯電話、スマートフォン(アプリケーション)などからも利用できます。また、アップロードしたファイルを公開することができますが、そのファイルが公開してもよいものかどうかを十分にご確認の上、公開の設定を行ってください。

このサービスはセカンドメールのサービスではありませんが、セカンドメールを利用されている方はYahoo!ボックスを無料で利用することができます(容量5GBまで)。ただしYahoo!ボックスには校友以外の方にも広告が出てしまうことをご了承ください。また、Yahoo!ボックスのご利用方法につきましては以下のURLをご参照ください。

参照
【Yahoo!ボックス使い方ガイド】
http://info.box.yahoo.co.jp/guide/index.html
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.