情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

巻末コラム

教室AV機器の説明会について

教室AV機器について

教室で授業を行う際、どのようなAV機器をご利用になっていますか。最近は、PC(PowerPoint、Keynoteなどのプレゼンテーションソフト)の画面を、プロジェクタや教室のディスプレイに投影して授業を行うことが多いのではないでしょうか。他には、DVDやブルーレイデッキ、書画カメラなどが使われています。

こうした教室のAV機器環境について、どの教室でもなるべく同じような操作でご利用いただけるよう、整備を進めています。

参考
教室機器環境の紹介ページ(ITセンターWebサイト『ITサービスナビ』内)

しかし、初めてご利用になる場合や、いつもとは違う機材を使う場合など、不安に思われることがあるかも知れません。そうした時のために、教職員やTAを対象にした「教室AV機器の説明会」を行っています。ここではその概要と、随時ご利用いただける「教室AV機器の利用相談窓口」についてご紹介します。

実施期間

授業開始日の前後(4月第1、2週、10月第1週頃)

memo
※次回は、2012年10月 第1週をめどに行う予定です(具体的な実施日は各学部、大学院事務所と調整をします)。
※前回(2012年度春学期)の実施状況は次表のとおりです。
学部/大学院名実施日時実施場所参加状況
国際教養学部4月2日
16:00~
11-709教室教員6名、職員2名が参加。
政治経済学部4月3日
10:00~
1-101教室教員5名、職員3名が参加
文学学術院4月3日、5日
15:00~
31-106教室教職員20名程度が参加
社会科学部4月4日
10:30~
15-201教室職員2名、TA 16名が参加
商学部4月5日
10:00~
11-501教室職員2名、TA 16名が参加
日本語教育研究センター4月5日
13:30~
22-202教室教員8名が参加
教育学部4月10日
12:15~
16-607教室教員 5名、職員1名、TA 15名が参加
前回の実施風景

前回(2012年4月)の実施時には、教室のAV機器に加え、クリッカー(リモコン型の機器で、教員と学生の双方向のやり取りを可能にする授業支援ツール)の説明も行いました。

各教室での実施風景 各教室での実施風景
【31-106教室での実施風景】【11-709教室での実施風景】
各教室での実施風景 各教室での実施風景
【22-202教室での実施風景】【16-607教室での実施風景】
教室AV機器の利用相談窓口について

教室AV機器説明会は、授業開始日の前後に行っていますが、それ以降にも例えば「次回の授業で使う予定のDVDプレーヤーについて、操作方法を確認したい」など、操作説明や相談を希望されることがあると思います。その際は、14号館6階605マルチメディア支援室にある「教室AV機器の利用相談窓口」をご利用ください。

参考
教室AV機器の利用相談窓口(ITセンターWeサイト『ITサービスナビ』内)

AV機器の操作について事前にレクチャーを受けたい、TAに操作を覚えてほしい、など様々な目的にご活用ください。

  • 初めて使う教室なのでAV機器の操作に関して事前にレクチャーを受けたい
  • AV機器使用中のトラブル発生時の対処方法を学んでおきたい
  • パソコン利用に関する操作を教えて欲しい
  • 持っているDVDやブルーレイディスクの再生が可能か事前にチェックしたい
  • TAも含めて機材の操作方法を覚えておきたい
  • その他 各種相談
今後の整備について

創立150周年を迎える2032年(今生まれた子供達が早稲田大学で学んでいる時)を考え、あるべき方向を示した「Waseda Vision 150」における教育と学習内容の公開や対話型、問題発見、解決型教育への移行と教室機器環境の整備はとても関連が深いと考えています。

また、そのビジョンを情報化の側面から具体化するための中長期計画である「情報化推進プログラム」には、教室機器環境の整備に関する以下の記載があります。

教室のAV環境については、これまでの「DVD・VHS・ブルーレイディスクプレイヤー、書画カメラ、教卓PC、ディスプレイ(プロジェクタ)、マイク」といった多様かつ複雑な機器構成から、利用頻度の高い「PCとディスプレイ(プロジェクタ)」中心のシンプルな構成に変更する。また、PCやタブレット端末などの持ち込み機器から簡単に投影できるような仕組みや、双方向授業を支援する機器・ソフトウェアの導入も進め、学生・教員が双方向でコミュニケーションできる教室環境にシフトしていく。
 加えて、これまで専門の機材やスタッフが必要であった授業収録をより簡便にできるシステムを導入・展開し、履修者や学生教職員、さらには学外にも公開できるよう整備を進める。

こうした方針に沿って、皆さんのご意見を取り入れながら整備を進めていく予定です。ご意見・ご要望などありましたら、Waseda-netポータルログイン後の「ITセンター ヘルプデスク」より是非声をお寄せください。

Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.