情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

特集

2012年度秋学期メディアネットワークセンター設置科目の紹介

メディアネットワークセンター(以下、MNC)では所属学部や研究科にかかわらず履修できる情報リテラシー教育・マルチメディア教育を提供しています。統計や情報技術の科目で得られる知識は、専門研究や就職活動でも、あるいは社会に出てからでも強みとなりますので、自分のニーズにあった科目がないか探してみましょう。

MNCの科目構成について
【図1:MNCの科目構成について】
参照
PDF版:MNCの科目構成について

今回は、そのうちいくつかの秋学期開講科目を紹介しますので、興味をもった方はぜひ詳細を確認し登録してください。

~大学生なら知っていて欲しい=1、2年生にお薦め~
  • 「早稲田大学情報環境の活用(アカデミックリテラシー)」
    早稲田大学の情報環境(コンピュータやネットワーク)を十分に活用し、どの専門分野に進む上でも必要になる基礎的なコンピュータ知識、論文作成に必要な様々なルール、学問的情報収集の方法、論理的で説得力のある資料作成やプレゼンテーションの技法を修得します。また、関連する著作権法や情報倫理といった知識や作法を実際の情報環境を活用して身につけていきます。
「早稲田大学情報環境の活用」の共通参考書
【図2:「早稲田大学情報環境の活用」の共通参考書】
~ITに強い文系学生になるために~
  • 「情報科学の基礎」
    現代生活の基盤となったコンピュータやネットワークの理解のためには、文系学生にとっても「情報科学」の基礎的な理解が欠かせません。
    本科目は文系学生のために情報科学の基礎部分を扱います。
    ※この科目は全学共通副専攻「ソフトウェア学」のコア科目です。
参照
オープン教育センター > 学部学生の方 > 全学共通副専攻 > ソフトウエア学
~数字やデータから読み取る力を養う~
  • 「コンピュータによる統計入門・統計解析」
    日常生活や研究において欠かすことのできない統計やデータ解析のスキル。特に、社会に出てビジネスを行う上でもこの二つは欠かすことができません。
    本科目では、Excel等の表計算ソフトを使用し、統計処理について講義と演習を交えて学ぶことが出来ます。ぜひ、統計入門・統計解析をセットで履修しましょう。
    ※この科目は、全学共通副専攻「データ解析」のコア科目(履修必須科目)です。
参照
オープン教育センター > 学部学生の方 > 全学共通副専攻 > データ解析
~卒業前に知っておくべき情報がここにある~
  • 「情報化社会概論」
    さまざまな業界で活躍する講師の現場での体験・経験を踏まえた話を聞くことができる貴重な講義です。クラスのテーマによって講義内容が異なるのでまずはシラバスで各クラスの内容をチェックしてください。
    クラス名(曜日時限)テーマ(キーワード)
    D(土2時限)情報化の実相をさぐる(情報化、メディア)
    E(金5時限)教育とコンピュータ(教育情報科学、教育情報工学)
    F(木5時限)ITと経営戦略・システム監査(ビジネス業界)
~起業家を目指す学生は必見~
  • 「情報化社会における起業概論」
    情報化社会における先輩たちの起業の事例等に触れ、そのポイントを学びながら、情報の活用の方法、倫理的側面、アントレプレナーシップ(起業家精神)についても考えていきます。また、起業をする際に必要となる法律の知識や起業後に重要となる技術戦略、マーケティング、さらに知財マネジメントに関わる法律の知識についても学びます。なお、授業では事業の企画・立案・提案をグループワークを通じて実践していきます。
    自らのアイデアや研究成果を活用して起業を目指す学生のみならず、企業や省庁への就職や研究者を目指す学生にもお薦めの科目です。
~アジアで活躍するビジネスマンを目指す~
  • 「アジアのITと社会(パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社 寄附講座)」
    アジア各地におけるIT活用による社会イノベーション、政府の経済発展戦略・IT戦略、企業活動とITなどの事例紹介・解説とディスカッションを通して、ITによる社会イノベーションの意義と方法、利用者視点からの情報システム構想を修得します。最終的に未来を自ら創造する精神を学びます。
    【科目の特徴】
    ・多くの事例紹介とディスカッション重視の講義
    ・外部講師による最先端情報の提供
    ・現地の第一線で活躍するゲストの講義(現地からのオンライン授業)
    ・アジア各地への現地調査(希望者のみ・費用自己負担)
【受講生の声】
メディアネットワークセンター > 教育 > 受講生の声 > シンガポール・アジアのITと社会

科目情報の検索には以下URLからシラバス検索をご利用ください。

参照
シラバス検索

なお、単位の取り扱いについては各学部や研究科の「科目登録の手引き」等を参照するか、窓口にて確認してください。

Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.