情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

教員コラム

数学嫌いの人達へ

新庄 玲子
メディアネットワークセンター 助教

DrShinjyo

「数学が好き」と言うと「なんで?」と聞かれたり、怪訝な顔をされたりする。こんな経験が今までに何度もある。その一方「数学が嫌い」という言葉は多くの人に、それもごく自然に受け入れられるように思える。(私のような数学が好きな人間は「なんで嫌いなの?」と問いかけたくなるが…。)。しかし「音楽が好き」「絵を描くのが好き」と言う人に対し、「なんで?」と尋ねたり、怪訝な顔をする人は少ない。この差は数学好きとしては少し悲しい。

「簡単な計算ができれば日常生活には困らない」、「生活に必要ないから」などの具体的な理由に後ろ盾を得て, 「数学嫌い」という言葉が日本では市民権を得ている。しかし、私は「数学嫌い」の人たちは「数学」を誤解しているところがあり、その誤解さえ解ければ、「数学好き」とまでは言わないが「数学嫌いではない」くらいには昇格するのではないかと思っているのである。

フィールズ賞(※)を受賞されている数学者広中平祐氏は著書「可変思考」(光文社文庫)の中で以下のように述べている, 「そもそも数学嫌いがなぜ起こるのか、(中略) 日常の経験の裏づけがなく、意味が把握できないまま機械的に覚えていく。現実の生活のものから切り離された数の抽象概念は、それ自体、現実とのかかわりをもたないから、抽象に抽象を重ねることになって、決定的な数学ぎらいをつくっていくことになる」。

この数学嫌いが作られていく過程、身に覚えはないだろうか。初めて見る記号や初めて聞く言葉、それらの入り混じった定義や公式を暗記し、解法パターンを暗記し、それらを組み合わせることによって問題を解く。何をやっているのか、どんな意味があるのか、何の役に立つかは分からないけど、言われたとおりにやってみたらとりあえず答えはあっていた。そんな経験があるのではないか。このような経験が数学嫌いを作っている、広中氏の著書にある、この一節はそう解釈することはできないだろうか。数学が現実の生活関わりがあること、役に立つことを知らなかったから、数学嫌いになっただけだとしたら、「現実の生活で役に立つ数学」を知ったら数学嫌いではなくなるかもしれない、そうは思わないだろうか。

しかし、「そんな数学あるのか」と疑問に思う人もいるだろう。そんな人はオープン教育センターの「数学基礎プラスシリーズ」をぜひ受講してみて欲しい。例えば、α(金利編)β(金利編)においては「ローン計算」の仕組みが学べる。ローンというと住宅ローンなど、そのうちお世話になる可能性が大いにある。知っていて損はない。ローンの計算にはさまざまな数学が使われている。借りたお金を返す際には、ローン残高の変化や返済回数、毎回の返済額を考えなければいけないが、これらを正確に把握するためには「指数」「対数」「数列」「数列の漸化式」などが必要となる。遠い昔、どこかでお目にかかったことがあるであろう「log」も現れて活躍してくれる。

挙げたのはもちろん1つの例に過ぎない。身近なところに数学は案外たくさん隠れている。そのことに気づく機会がないというだけで、数学嫌いになってしまっているのだとしたらそれはとても勿体ないことである。「数学が役にたつなんてホントなの?」と疑う人は、だまされたと思ってオープン教育センターの「数学基礎プラスシリーズ」などを受講してみて欲しい。数学好きとまではいかなくとも、数学嫌いは卒業できるかもしれない。

※ 数学のノーベル賞とも言われることがある賞です。

Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.