情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

Course [email protected]事例紹介

Twitterで学生の疑問点を把握し 授業理解度の向上につなげる

尾澤 重知
人間科学学術院 准教授

Twitterは、ここ数年、若者を中心に利用者が急増しているSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)だ。インターネットに接続できる環境さえあれば、PCはもちろん、携帯やスマートフォンからでも、簡単に140文字以内の文章を投稿することができる。尾澤准教授は、このTwitterを使って授業中の質問や意見をリアルタイムに投稿させ、Course [email protected]と連携して活用している。その利用法と効果についてお話を伺った。

授業中にTwitterで質問 ログをCourse [email protected]に掲載

DrOtsuji

教育工学・知識科学を専門とする尾澤准教授は、インターネットなどの情報通信技術を用いた教育実践を研究領域としているだけあって、現在担当している授業において、Course [email protected]のほぼ全ての機能を利用しているという。

その中でも特にユニークな試みとして注目したいのは、大教室で行う授業で導入しているTwitterと連携した利用法だ。この授業では、15~20分ほど講義を行った後、学生たちが各自で課題に取り組み、提出用の用紙に記入する。そして、その内容について、数人の学生同士でグループディスカッションを行うという流れになっている。

この授業では、質問や意見のある学生は、いつでも自由にTwitterに投稿することが出来る。Twitterには、「#(ハッシュタグ)」という記号に続けてキーワードを入れて投稿すると、関連する投稿を簡単に一覧表示できる機能がある。これを利用し、あらかじめ指定しておいた授業用の識別キーワードを添えて投稿させることで、授業への投稿のみを並べて読むことができるようになるのだ。

投稿内容については特にルールを設けてはいない。「主に期待しているのは、講義中に分からなかったことに対する質問です。私自身は授業中には投稿しませんが、学生が課題やディスカッションをしている合間にチェックして、簡単な質問にはその授業内でコメントすることもあります」

Twitterに投稿された内容は、授業終了直後にTAがログのまとめ作業を行い、そのURLをCourse [email protected]の資料コンテンツとしてアップロードしておく。尾澤准教授もこのまとめサイトは必ず確認し、Twitterに投稿する形で質問に答えるほか、学生の理解が不足していると感じられる内容については、次回の授業で補足することもある。

他人の投稿を読むだけでも理解度が深まると好評

投稿は質問だけでなく、それぞれの学生の意見がコメントとして書き込まれることもある。講義を聴いたり、ディスカッションをする中で自分が感じたことを投稿しておけば、投稿者本人も記録として残せるだけでなく、他の学生がどう考えているのかを知ることができる。「授業では、なるべく多様性を引き出すような問いかけをしているのですが、グループディスカッションでは、せいぜい4~5人の間でしか情報交換ができません。その点、Twitterを使うと、より多くの人の意見を知ることができます。このことは、自分自身は投稿せずに見ているだけの学生にとっても、勉強になっていると思います」

この授業では、履修生に対し、Twitterに投稿することを義務づけてはいない。200~300人が履修している中で、実際にTwitterで投稿する学生は、約20%程度だという。アンケートの結果では、よく投稿する学生、そうでない学生のいずれも、「Twitterの導入により、授業の理解が深まった」として好評だそうだ。

Twitter自体はオープンなサービスなので、ここでのやりとりは、指定したハッシュタグさえ知っていれば、履修者以外も見たり投稿したりすることができる。そのため、この授業を現在履修している学生だけでなく、前年の履修者が追加の情報などを投稿してくることもある。「彼らが社会人になった後も、こういう参加の仕方を続けてくれるといいなと期待しています」

さらには、他大学の教員が情報を寄せてくれるケースもあるのだという。「私にとってはプレッシャーがかかる部分もありますが、オープンにしていることのデメリットは、今のところ感じていません。むしろ、幅広い情報が得られるのは、学生にとって大きなメリットだと思っています」

学生が使い慣れたツールで授業参加の敷居が下がる

Twitterの利用方法については、初回にマニュアルを配布するなど説明も行っているが、8割程度の学生はすでに使ったことがあるようだ。「携帯から気軽に利用できますし、日常的に使っている学生にとっては、参加への敷居がかなり低くなっているようです。使い慣れたツールで気軽に授業参加する経験を重ねることで、Course [email protected]等のツールを使いこなすためのきっかけになれば良いとも思っています」

Twitterのアカウントは本名での登録ではないため、投稿者がどの学生であるのか、基本的には分からない。「提出用の用紙に自分のアカウント名を書いていれば、その学生がTwitterでどんな投稿をしていたか分かります。しかし、積極的に投稿したからといって、それを成績に加点するということはしていません」。それでも、匿名だからこそ書きやすいと感じる学生もいる。教員に対して聞きたいことや、発言したいことのある学生にとっては、Twitterの導入により、それが気軽にでき、より学びを深める手助けとなっているといえるだろう。

気楽に使えると歓迎する学生がいる一方で、Twitterを使いたがらない学生もいる。そういう場合は強制することはせず、時間軸ごとに質問が記入できる用紙を準備して代用させている。その紙を授業終了後に回収し、その内容について次回の授業で取り上げることもある。

Twitterに投稿した内容は自分も他人も後から見返すことができるのに対し、紙で提出した場合は他の学生には見えず、自分の手元にも残らない。「控えを残すために、記入した用紙をデジカメで撮影している学生もいるので、公開してもいいと考える学生については、それを画像として投稿させる方法も検討しています」

しかし、できるだけ新しいメディアを使うように誘導したいという意図から、「質問への回答は、TwitterやCourse [email protected]での質問が優先で、紙に書いただけではすぐには回答できないということを、学生には伝えてあります」

外部ツールの学習履歴もCourse [email protected]に集めておく

この授業では、Course [email protected]上のBBSも設置されている。履修生は、Twitterには授業中に思いついたことをリアルタイムに投稿、BBSには授業終了後にある程度まとまった内容を書き込む、というように両者を使い分けているという。Twitterが半匿名状態であるのに対し、BBSは必ず本名が表示されるという違いもある。学生が自分で調べた内容を外部のブログなどにまとめている場合には、Course [email protected]のBBSにそのリンクがはられていれば、Course [email protected]上からそれを参照することができる。

このように、Twitterや外部ブログなど、Course [email protected]以外の外部のサービスを利用した場合も、それらの情報がすべてCourse [email protected]に集約されていれば、学生も教員もCourse [email protected]上からそれを見ることができる。また、Course [email protected]から辿れるようにすることにより、学生がいつ何回サイトにアクセスしたかも全てCourse [email protected]上に履歴が残るようになる。「私自身も、終了した授業のTwitterのログを見るときは、Course [email protected]上から見るようにしています。昨年の履歴を参照したいときにも、直接Twitterサイトで検索するより簡単に見られますから。」

Course [email protected]には年々改良が重ねられ、さまざまな機能が備えられている。とはいえ、あらゆることをCourse [email protected]上でやろうとしても限界があるだろう。外部にはオープンにしづらいこと、授業内だけにとどめておいたほうがよいものは、Course [email protected]の機能を利用するのが望ましい。しかし、外部から見られてもかまわない内容であれば、学生が普段から使い慣れた外部サービスを取り入れていくという方法も有効であろう。今回の事例は、Course [email protected]を利用した方が良い場面と、外部のサービスを取り入れた方が運用がしやすい場面とを、ケースバイケースでうまく使い分けている好例だといえるだろう。

ポイントとなるのは、Course [email protected]以外の外部のものを利用したとしても、そこにアクセスできるような道筋をCourse [email protected]上に集約しておくということだ。それにより、教員が過去の授業記録を確認できるだけでなく、学生にとっても、自分の学習履歴が蓄積されたポータルサイトとしてCourse [email protected]を活用できるという意義は大きいはずだ。

オンラインツールの活用は学生との双方向性に必須

最後に、TwitterやCourse [email protected]のようなオンラインシステムを学習に活用することのメリットについて聞いてみた。「学生が分からないことを把握できることですね。私は外で講演会をさせていただくときにもTwitterを使って聴衆の要求を探るようにしています。それができない状態で話をするのは、私自身にとって非常にストレスを感じます」。尾澤准教授自身は、こうしたツールを用いない授業というのはもはや想定できないという。

自分の授業に対する学生からの反応を受け取れるということは、授業の質を向上させるヒントにもなる。意欲のある教員にとっては、モチベーションの向上にもつながることは間違いない。学生との双方向性を重視しようとする授業においては、このようなツールの活用は一つの選択肢として今後さらに定着していくであろう。「今後は、こういうものを使うのが当たり前の世の中になってきます。それに慣れるためにも、学生たちにはぜひ、Course [email protected]を使いこなしてほしいですね」

Course [email protected]デビューへの一言!
Course [email protected]を使うと、その授業に関するさまざまなデータが蓄積されます。授業履歴は、授業改善などにも幅広く活用できるので、ぜひ積極的に使ってほしいと思います。
twitter画面
授業用に指定したハッシュタグを添えて文章を投稿すると、このように関連投稿を一覧で読むことができる。これらのサイトは全てCourse [email protected]から辿れるようになっている。
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.