情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

Course [email protected]事例紹介

職員の提案で出席管理と小テストを導入
大人数の授業で効率的に運用できた

田中 久稔
政治経済学術院 准教授

Course [email protected]はお知らせ機能を使う程度だったという田中先生だが、職員からの提案を受け入れて、2010年度から出席管理と小テストの導入を試みた。その結果、大人数の授業ならではの煩雑な手間を解消し、効率的に活用することができたという。今回は、職員との協働でCourse [email protected]を導入し、授業運営の効率化に成功したこの事例を紹介する。

300人分の出席管理を効率的に行いたい

田中先生は、それまではそもそもCourse [email protected]でどんなことができるのかもよく知らなかったという。「メーリングリスト的な使い方や、採点簿、出席簿の機能があるらしいという程度の認識しかありませんでした」。

2008年の着任直後から個人のブログを開設し、最近ではTwitterも活用している。ITツールの利用自体には何の抵抗もなかったが、「今さら新しいものを導入するのが面倒」という思いもあり、あえてCourse [email protected]のさまざまな機能を利用してみようとは思わなかったという。

2010年度からCourse [email protected]を積極的に活用し始めたきっかけは、授業運営支援研修の政治経済学部チームから提案を受けたことだ。この研修は、早稲田大学の新入職員がチームを作り、Course [email protected]などを利用して教職員との連携を図りながら、教職協働体験を積むことを目的としたプログラムだ。このプログラムに基づいて前年度に実施された教員向けCourse [email protected]の新機能説明および提案の中で、「出席管理」の機能に関心を持ち、導入してみることにした。

「私の担当している授業のうち、『ミクロ経済学α』というクラスは、3年生以上の参加が多い補講的なクラスです。必修科目でありながら合格率が低いために、テストの点数だけでなく、出席を考慮して加点の目安とする方法を検討していました」。

しかし、この授業は約300人と履修学生の数が多い。これだけの人数分の出席カードを回収して管理するのは、かなりの手間になる。その煩雑さを解消してくれるものとして、Course [email protected]の出席管理に2010年度より追加された新機能に注目したのだ。

学生本人が登録をし自動で集計される

Course [email protected]の出席管理機能では、通常の出席カードを回収して教員がCourse [email protected]にその情報を登録する方法に加え、学生一人ひとりに自分で登録を行わせる方法も選べるようになった。

これを利用するためには、あらかじめCourse [email protected]の出席管理機能画面から1枚ずつ異なる「出席コード」が入力された出席カードを印刷しておき、授業時に学生に配る。学生は、授業終了後に自らCourse [email protected]にログインして、この出席コードの番号を入力することで、出席登録が完了するというものだ。

この方法を使うと、教員側はあらかじめカード印刷の作業をして配るだけで済む。「この授業ではさまざまな学科・学年の学生が混在しているため、300人分もの出席カードを手動で学籍番号順に並べ替えるのはかなり大変です。その点、Course [email protected]に自動登録されたデータは、クリックだけで並べ替えも簡単にできるので、とても助かっています」。

今回は全授業のうち2回だけ、抜き打ちでこの方法を使って出席をとった。「真面目にやっているのにテストの点数があまりとれなかった学生に対して、出席点を加点するという形で利用しました。根拠のある救済措置を効率的に行えたので、満足しています。今後は2週に1回など、もう少し頻繁に実施していきたいと考えています」。

学生の登録忘れ対策にはQRコードの活用も有効
出席カード(QRコード表示)
【出席カード】

印刷される出席コードは、出席カード1枚ずつに異なる番号が生成されるため、複数の学生が同じコードで登録することはできない。つまり、教場では学生1人に対し1枚のカードだけを配るように徹底することで、代理登録などの不正を防ぐことができる。

学生にとっては、従来の出席カードならその場で書いて提出すれば完結するが、このシステムでは後からCourse [email protected]にログインして自分で入力をしなくてはいけないため、忘れてしまうケースもある。「期限内に登録しそびれたと言ってきた学生もいましたが、それはNGとして厳密に対処しました」。

携帯電話での登録画面の例
【携帯電話での登録画面の例】

こうしたトラブルの回避策としては、出席カードにCourse [email protected]にアクセスするためのQRコードを印字することも可能だ。「これを利用すれば携帯からも出席登録ができるようなので、学生は授業終了後その場で登録することができます。今回は知らなかったのですが、登録し忘れのトラブルを減らすためにも、今後はぜひ利用してみたいですね」。



自由参加の小テストで学生にチャンスを与える

もう一つ、田中先生が今回導入してみて気に入っているのが、「小テスト」機能だ。 この「ミクロ経済学α」という授業では、毎回冒頭の15分程度を前回の復習時間にあてている。この授業を見学した担当職員から「復習用にCourse [email protected]の小テストを活用してみてはどうか」という提案を受けて導入したものだ。

今回実施した小テストは、受けるか受けないかは本人の自由とした。「小テストの結果は、受けたことで一律に加点したり減点したりするわけではなく、テストの結果がギリギリのところで再試を受けられる点数に届かない学生に対して、小テストの結果を上乗せして再試の機会を与えるという使い方をしました。ですから、自信のある学生は受けなくてもよいことにしたのです」。

終了後、学生たちに採ったアンケ-トによると、「復習に有効であった」としておおむね好評だったという。「この授業で単位がとれるかどうかに卒業の可否がかかっているような、切羽詰まった学生にとっては、安心材料になったようです」。

Course [email protected]での小テストは、解答を計算結果の数字を入力するか、あるいは選択肢から選ぶ形式にすることで、自動で採点・集計をすることができる。「これは圧倒的に楽ですね。これだけの人数ともなると、紙のテストを1枚1枚照らし合わせて採点するのはかなり時間がかかりますから」。

必要に応じた厳格さを細かい設定で調整可能

小テストは冬休み中に1週間の期間を設けて実施したが、学生間の情報交換を防ぐために、回答の異なる問題を10問用意し、学生たちの画面にはその中からランダムに1問が表示されるようにした。「そのため、問題数を多く用意する必要がありました。しかし、何年も続けていけば、ストックされた分を多少アレンジして流用もできるので、その労力はムダにはならないでしょう」。

この出題形式については、事前の説明が不十分だったため、若干のトラブルもあったという。学生の中には、一度表示された画面でそのまま回答せず、いったん画面を閉じてからじっくり考えて、後から再ログインして回答しようとした者もいた。ところが、前に表示されたのとは問題が異なっていることに気がつかず続けてしまったため、不正解になるというケースが発生したのだ。「説明を周知できなかったのは反省点です。ただ、救済策として実施しているというこの小テストの性格上、この授業での活用については、問題をランダム表示するという仕掛け自体が不要だったかもしれないとも感じています」。

Course [email protected]側での設定自体は、用途や希望に応じて変更が可能だ。公正を期すための厳格さと、幅広く利用しやすくするための柔軟性とのバランスについては、その都度その事例に合わせてベストなものを選択するのが、運用のコツといえそうだ。

職員に相談すれば活用法を提案してくれる

今回の試み以前は、Course [email protected]の導入にはあまり興味がなかったという田中先生だが、「実際にやってみると、操作自体はどれも感覚的にできたし、スムーズに利用できました。今まではCourse [email protected]で何ができるのかがよくわからなかったので、あまり関心もありませんでしたが、今後は職員の方の提案を参考にしながら、いろいろな機能を少しずつ取り入れていきたいと思っています」。

そこで、現時点でどんなことができたらいいと思うか聞いてみた。「たとえば、すでに何回も行っていてほぼ講義ノートが完成している授業については、これを一括アップロードしておけば、各授業の週に合わせて、対応する分ずつ自動的に公開されるようにできたら便利ですね」。

これについては、あらかじめファイルを分割し、それぞれを公開する期間を手動で設定しておけば、現状のCourse [email protected]で実現可能だ。「毎年期間を設定するのが少し大変なので、その年のカレンダーに合わせて自動設定されるともっと助かるんですけどね」。

Course [email protected]には多様な機能が搭載されているが、どんな機能があり、それを自分の授業にどのように活用できるかは、なかなか分かりづらいかもしれない。しかし、日頃「こんなことができたらいいのに」とか「この手間をなんとか効率化できないか」などと感じていることがあったら、積極的に担当職員に相談してみることをおすすめしたい。それぞれのケースにはCourse [email protected]のどんな機能で対応が可能なのか、一緒になって検討し、活用できそうな機能を紹介してもらうことができる。

もちろん、必ずしも満足のいく結果が得られる機能があるとは限らない。だが、それらの要望の蓄積は、今後のバージョンアップによる機能向上に反映されていくかもしれない。

Course [email protected]デビューへの一言!
大人数の必修科目を持っている先生には、Course [email protected]の出席、小テストの機能は効率的に運用できて、とても便利だと思います。ぜひ使ってみてください。
小テスト回答画面
画面(小テスト回答画面)
小テストの問題は10問用意しておき、そのうちの1問がアクセスするたびにランダムに表示されるようにした。
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.