情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

教員コラム

社会人になってから役にたつもの
プロフェッショナルズ・ワークショップへの誘い

高橋 竜一
メディアネットワークセンター 助教

DrTakahashi

皆さんはプロフェッショナルズ・ワークショップという言葉を聞いたことがあるでしょうか?プロフェッショナルズ・ワークショップとは、早稲田大学と企業との新しい連携となる取り組みです。様々な企業が提示した問題に対し、学生がグループを組み、解決法を提案するという実践型産学連携ワークショップです。2011年度はANA総合研究所、NEC、木島平村、KUMON、JAXA、Jリーグ、日産自動車の抱える問題に対して、学生が様々な提案を行いました。

普通、学生が企業に触れる機会というと、インターンシップを思い浮かべると思います。インターンシップは企業にて一定期間、学生が研修生として働きますが、業務内容などは企業側から指示され、企業の管理のもと業務に慣れていくというのが実態かと思います。プロフェッショナルズ・ワークショップでは、解決すべき問題こそ企業側から提示されるものの、解決法の提案に関しては完全に学生主導で行います。学生が自ら調べ、考え、意見をまとめて一つの解決法を導き、企業へ提案します。素晴らしいアイディアを提案できれば、そのアイディアが採用され、商品やサービスといった形になる可能性もあります。

私は今年からNECのプロフェッショナルズ・ワークショップを担当することになりました。NECのプロフェッショナルズ・ワークショップでは、「クラウド時代の新しい生活者向け サービス・アプリケーションの企画」というテーマに取り組みました。NECが持つクラウド技術を利用して、これまでに無い新しいサービスを学生の視点から提案しようというものです。本年度は15人の学生が3つのチームを作り、8・9月の2カ月を費やし、新たなサービスの提案を行いました。あくまでサービスの提案が目的ですので、必ずしもクラウド等の知識がある必要は無く、本年度の参加学生も様々な学部・学科から、学年や国籍も異なる人が集まりました。

プロフェッショナルズ・ワークショップで求められるのは、学生ならではの視点からのアイディアですが、クオリティは実際に企業で働く社会人と同レベルのものが求められます。しかし、いきなり学生の皆さんに社会人と同じ企画を出せるかというと難しいものがあります。そのため、最初に事前講義という形で、「ロジカルシンキング」「発想法」「プレゼンテーション」等のスキルの習得を行います。これらのスキルは社会人としての必須スキルであるとともに、普通は就職後に研修などを通じて身につけるスキルです。また、NECのプロフェッショナルズ・ワークショップでは、クラウド技術を利用したサービスの提案ということで、NECの方に、NECが持つクラウド技術についての講習も行っていただき、グループ活動の準備をしました。

議論中
【ディスカッションの様子】

準備が整ったら本番のグループでの活動です。各グループにはNECの若手社員の方が一名ずつ付き、提案に対して様々な意見を貰い、時には私たち早稲田の教員や職員も加わりながら議論をしていきました。各グループはこちらで用意したグループディスカッションの時間の他に、自主的にファミレスで集まったり、Course [email protected]等を使ったりして、多くの時間を調査や議論に費やし企画の話し合いをしていました。中には、友人等にアンケートを取ってデータを集めているグループもありました。途中、中間発表にて厳しいコメントを貰い、大きく方向転換が必要となったグループもありましたが、どのグループも粘り強く議論を重ね、新たなサービス企画をまとめあげました。最終成果発表会では、NECの役員の方達の前で見事自分たちの企画のプレゼンテーションを成功させました。

最終結果報告会
【最終結果報告会】

今回、NECのプロフェッショナルズ・ワークショップには、先にも書いたとおり文系理系問わず、学年も下は学部1年から上は大学院生までと幅広い学生が参加してくれました。どの参加者も今回のように本格的な企画を立て、プレゼンするという経験が無かったという点ではスタートラインは一緒でした。そして、全員に共通していたのは非常にモチベーションが高かったということです。予め用意したディスカッションの時間以外、特に最後の2週間程は、ほぼ毎日と言ってよいほどどこかに集まり、議論を重ねていたようです。そして、その成果は確実に最終発表に表れ、参加者の身についたことでしょう。プロフェッショナルズ・ワークショップの経験は、普通に大学の授業を受けているだけでは決してられるものではなく、そして社会人となってからも確実に役に立つものになることでしょう。

もし、皆さんの中に、ただ大学の授業を受けるだけでは満足せず、より自己を研鑽したいという学生がいたら、プロフェッショナルズ・ワークショップに参加してみるのはどうでしょうか?そのやる気がきっとあなたをより成長させることになるでしょう。


プロフェッショナルズ・ワークショップWebサイト
http://www.waseda.jp/wpo/propro/
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.