情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

Course [email protected]事例紹介

休講対策で始めたオンデマンド授業
教場での実習時間が増える効果も

折井 麻美子
教育・総合科学学術院 准教授

折井准教授は、現在2つの授業の一部にオンデマンド授業を組み込んでいる。当初は休講対策として始めたものだが、実際に使ってみると、教場でしかできない実践練習の時間を増加させる効果もあった。ハードルが高いと感じていたCourse [email protected]だったが、職員の支援を受けて導入してみた結果、有効な活用法を見出すことができているという。

緊急時の休講対策にオンデマンド授業を用意

2003年、嘱任当初にオンデマンド授業の導入を勧められたときは、「IT方面には苦手意識がありましたし、対面で授業をするのが好きなので、オンデマンド授業なんて考えられませんでした。」という折井准教授。

それにも関わらずオンデマンド授業を取り入れるようになったきっかけは、2008年度の後期に、自身が妊娠・出産を体験したことだった。「妊娠後期に多少トラブルもあり、突然入院という緊急事態も起こりかねない状況でした。そこで、急な休講に備えてオンデマンド授業用のコンテンツを用意しておくことにしたのです。」

最初は、通常行う授業と並行してスタジオでも授業を収録しておき、いざというときにオンデマンド授業に差し替えるという使い方をした。出産後に復帰してからも、オンデマンド用の回を準備しておくことで、育児などの事情で突然授業ができなくなったときも、休講にすることなく乗り切れたという。「個人的な事情で学生に迷惑をかけるわけにはいかないので、オンデマンド授業というバックアップを用意しておけるのは、精神的にも安心できました。」

理論はオンデマンドで、教場では実践練習中心に

その後は、差し替えの必要が生じるケースは減ってきたが、一度使い始めてみるとそのメリットに魅力を感じ、休講対策以外でも活用するようになったという。

現在も利用している授業のひとつが、「英語音声学」だ。従来は授業時間内に資料を配付して説明していた内容を、オンデマンド授業としてCourse [email protected]から予習させておき、教場では発音練習などを中心に行う。「音変化についての理論的な説明など受動的な部分は、各自に自宅でじっくり取り組んでもらいます。その分、教場では実践トレーニングに時間をかけられるようになりました。膨大な資料も、各自プリントアウトして持参してもらうことで、準備や配付の手間と時間が省けます。」

この方法は、理論の説明など1回聞いただけでは分かりにくい内容を何度でも繰り返し学習できるとして、学生たちにも喜ばれているという。加えて、オンデマンド授業を取り入れることにより、教場で発音練習の時間が増えたことを歓迎する声も多いそうだ。「人数の多いクラスなので、一人ひとりを直接指導できる時間がなかなか取れず、学生たちからも不満の声がありました。まだ十分とは言えませんが、少しでも練習時間が増え、学生の意欲に応えられるようになったのは、良かった思っています。」

2011年度前期は、全授業のうち3回分でオンデマンドを取り入れた。「あまり多いと学生は視聴するコンテンツを溜めてしまいがちなので、このぐらいのペースがちょうどいいようです」。オンデマンド授業を視聴できる期間については、当初は3週間~1か月ぐらいに限定していたが、試験前にも見たいという学生が多数出てきたため、現在はすべて年度末までは見られるようにしている。

オンデマンド授業導入後は、オンデマンド授業を視聴していれば出席扱いとし、教場の授業では出席を取らないことにした。それにも関わらず、実際には教場の授業における出席率はほとんど下がらなかったという。「この授業では最後に発音テストもあるため、教場の実地練習時間が増えたことで、出席するモチベーションが上がったのかもしれません。」

学生の理解を深めるため説明動画と小テストを併用

もうひとつ、オンデマンド授業を取り入れているのが「英語中級コミュニケーション」という授業だ。この授業は、スピーキング、リスニング、ライティングを総合的に扱うものだが、このうちライティングの基礎となる「アカデミックライティングの基礎」という分野でオンデマンド授業を取り入れている。以前は、4回分ぐらいの時間をかけて説明していた分を、3~4回分のオンデマンド用コンテンツとして作成し、各自で視聴させる。

オンデマンド授業用のコンテンツは、動画による説明だけでなく、1章ごとに小テストを用意し、それを解いてから次の章に進ませるような作りにした。学生たちの理解を深めるための工夫として、小テスト機能も利用してはどうかという職員からの提案を受け入れたものだ。

折井准教授が解説する動画自体は1章につき3分程度にとどめ、関連する資料をダウンロードして読んだり、小テストに取り組んだり、最後はレポートを書いたりすることで、ほぼ1回分の授業に相当する学習ができるようにしてある。

オンデマンド授業導入後は、教場での授業では、自宅で学習してきた内容を添削したり、実際に書く練習をしたりという内容が中心になっている。「英語音声学」の授業と同様に、基礎的な内容はオンデマンドにて自宅で学習し、授業では実際にそれを活かした実践練習をするという形になっているわけである。

実際に取り入れてみて折井准教授が感じているのは、授業の内容によって、オンデマンド授業に適しているものと、そうでないものとがあるということだという。「教場で学生の反応を見つつ、口頭で説明したほうが効果的なものもあれば、私が逐一説明するのは非効率なものもあります。その内容によって、うまく使い分けるのが理想ですね。」

ゼミ生の復習用にも基礎資料として活用

この「中級コミュニケーション」の授業用に作成した「アカデミックライティングの基礎」のオンデマンドコンテンツは、折井准教授が担当するゼミの学生たちの基礎教材としても活用されている。レポートや卒論を書くにあたり、英語ライティングの基礎も必要となるが、すでに学習済みの内容であっても、忘れている学生もいる。そこで、このコンテンツを、ゼミに在籍している間自由に見られるようにしておくことにした。

ゼミの学生たちは、各自が適宜必要なコンテンツを見て、復習に役立てている。「以前はゼミ内の1コマ、2コマを使って、資料を配り説明していました。Course [email protected]からいつでも利用できる形にしておくことで、必要な部分を自分のペースで見られるようになり、とても好評です。」

リスニング用教材を音声ファイルで公開

さらに「中級コミュニケーション」の授業では、2011年度になってから、リスニング用教材をCourse [email protected]上の資料コンテンツとして公開することにした。授業中に聞かせたリスニング用の教材を、復習用に配付してほしいという要望に応えたものだ。著作権の問題もあるため、学生たちのレベルや内容にあったものをオリジナルで作成し、利用することにした。

公開用のデータは、最初はオンデマンドコンテンツ同様に動画として収録するつもりでいたが、職員から、音声ファイルとして公開する方法を勧められた。これは2010年度からCourse [email protected]に新たに加わった機能で、「資料コンテンツ」などに動画音声ファイルを埋め込んでおくと、Course [email protected]上のプレイヤーをクリックするだけでそのまま音声を再生できるという機能だ。オンデマンドコンテンツ用の動画を作成するにはスタジオで収録する必要があるが、この方法なら音声ファイルを用意するだけでよく、手間は各段に軽減できる。

Course [email protected]上では、リスニング用の教材に合わせて、授業で習ったリスニングのテクニックを駆使して、練習問題にもトライできるようにした。 「私自身は、MP3(※音声のファイル形式)とは何かも分からないほど、その方面の知識が乏しかったのですが、職員の方が丁寧に教えてくださいました。指示された素材さえ用意すれば、アップロード作業もサポートしていただけたのでスムーズに利用できました。」

これを利用すれば、学生は授業時間外であっても何度でもリスニング練習に取り組むことができる。「全員に必須とはしていませんが、やる気のある学生の熱意に応えるために、何かしら可能性を提供できればと思っています。」

新たな可能性が見え意欲が沸いてきた

折井准教授が、最初に休講対策にオンデマンドの導入を決めたのは、事情を知った職員から提案を受けたことによるものだった。「自分には無理だと思って敬遠していましたが、こういうのがあるんですけどやってみませんか?と具体的に提案していただいたおかげで、思い切って始めることができました。」

始めた当初は、周囲に迷惑をかけないための次善の策という意識だったが、実際に使ってみると、むしろ普通の授業ではできないことも可能になるという魅力を感じたという。「自分の手間を省力化するという目的ではなくて、Course [email protected]の導入で効率化することで、学生たちと対話する時間を増やせるという点が、積極的に導入しようと思えた理由かもしれません。慣れてくるといろんな可能性が見えてきて、面白いと思うようになりました。どんなものか分かってくると欲も出てきて、今後はもっといろいろなことに挑戦してみたいですね。今の課題は、事前にオンデマンドを見ないで教室にくる学生をいかに減らすかです。『試験前にまとめて視聴』では、教場授業の効率が上がらないので、後期からは授業の最初に、オンデマンドコンテンツの理解を確認するクイズを出すなどしていますが、より効果のある方策を模索中です。」

Course [email protected]デビューへの一言!
私のようにITの知識に自信がない人でも、職員の方がしっかりサポートしてくださるので、有効に活用できています。同じような理由でためらっている方は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。
オンデマンド講義構成
画面(折井先生_オンデマンド講義構成)
「英語中級コミュニケーション」のオンデマンドコンテンツの画面。3分前後の動画を視聴した後、小テストに回答する。回答後に次の動画を試聴させる。
資料コンテンツでの音声ファイル利用
「英語中級コミュニケーション」のリスニング用教材の画面。
「資料コンテンツ」などで動画音声ファイルを埋め込むことにより、Course [email protected]上でプレイヤーを表示させ、音声を再生できる。
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.