情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

特集

図書館の様々なサービスの活用方法について

早稲田大学図書館 利用者支援課

早稲田大学の図書館はその質・規模ともに国内有数の存在です。図書館を使いこなせるか否かによって、みなさんの学習・研究に大きな差が出ることは必至です。早い段階で図書館活用法をマスターしましょう。今回は主なポイントに絞って紹介します。

 図書館ホームページ

学内の図書館・図書室の開館日程などの案内をはじめ、蔵書コレクションおよびサービスの紹介、さらに各種情報検索サイトへのリンクや情報検索ガイドなど学習・研究に欠かせない情報が満載です。携帯用サイトも公開しています。

http://www.wul.waseda.ac.jp/index-j.html
携帯サイト
http://www.wul.waseda.ac.jp/m/
学術情報検索

図書館では、本や雑誌といった紙ベースの資料以外にもオンラインで利用できるデータベースや電子ジャーナル(約8.5万タイトル)・電子ブック(約41万タイトル)を多数提供しています。「学術情報検索」はその窓口となるサイトです。

http://www.wul.waseda.ac.jp/imas/
 WINE

WINE(ワイン)では、早稲田大学の図書館・図書室などで所蔵している資料(図書、雑誌、新聞、視聴覚資料、博士論文、電子資料など)が検索できます。

http://wine.wul.waseda.ac.jp/
 学外アクセス

大学が契約している電子資料を自宅や出張先などの学外から利用できる便利なサービスです。早稲田大学に在籍する学生・常勤の教職員で、Waseda-net IDを持っている方が利用できます。

http://www.wul.waseda.ac.jp/imas/remote/index.html
 自分のPCを持ち込んでの利用

図書館・図書室によっては、自分のパソコンを持ち込んで利用できるエリアがあります。電源コンセントが利用できるところや、無線・有線LANに対応したエリアもあります。詳しくは図書館のホームページや各図書館・室にてお尋ねください。

 グループ学習室

図書館・図書室によっては、グループ学習用のエリア・部屋を用意しています。利用方法はそれぞれ異なる場合がありますので各図書館・室にてお尋ねください。

例:中央図書館2階 グループ学習室A(予約不要)
http://www.wul.waseda.ac.jp/CLIB/group.html
 2010年夏より情報検索端末にWord、Excelなどを搭載

図書館内にあります情報検索用端末に、これまで要望の多かったWordやExcelなどのオフィス系ソフトを導入しました。

「リサーチNAVI」など各種ガイドコンテンツ

情報の探し方がわからない、データベースの使い方が分からない、といった方のために各種ガイドを公開しています。情報検索で迷ったり悩んだりした時に是非ご活用ください。

 各種申請がオンラインで可能

2010年6月より図書館サービスのオンライン申請フォームが新しくなりました。文献の取り寄せ、購入希望、紹介状の発行依頼、各種質問などが図書館に出向かなくてもオンラインで行えます。詳しくはこちらをご覧ください。

図書館は新しい情報から古い情報までぎっしりと詰まった「知の宝庫」です。そしてその守備範囲は図書館内に留まらず、オンラインでのサービスや電子資料の提供などにも力を入れています。どうぞ図書館のサービスを上手に使いこなしてください。

Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.