情報化推進レター

早稲田大学の学生・教職員の皆様に情報化推進計画のお知らせを配信させていただきます 。

MNCの視点

セカンドメール 校友へリリース

2010年5月11日より、Waseda-netメールを補完するメールサービスとしてYahoo!メールをベースとしたセカンドメール」の校友向けサービスを開始しました。

今まで校友の皆様には学生時代に利用していたWaseda-net ID(メールアドレス)を転送専用メールとしてご利用いただいておりましたが、今後はスプールサイズが1GBの送信可能なメールシステムをご利用になれます。

セカンドメールはヤフー株式会社が教育機関向けに提供する「Yahoo!メール Academic Edition」を利用したメールシステムで、2009年7月に在学生向け、2009年9月に教職員向けサービスを開始し、現在約27,000名が利用しています。校友向けセカンドメールの特徴・機能は学生向けとほぼ同じです(詳細は以下URLを参照ください)。

Waseda-net IDと同様に学生時代に利用していたセカンドメールのアドレスを卒業後も利用できますが、一部機能に違いがあります。詳細は以下の比較表一覧をご覧ください。

学生/教員/職員向けセカンドメールと、校友向けセカンドメールの比較一覧
機能 学生向けセカンドメール 校友向けセカンドメール
メールスプールサイズ 2GB 1GB
広告表示 広告表示なし 広告表示あり
  • メール本文
  • Webメールの画面に表示
利用可能機能
  • メール
  • アドレスブック
  • メール
  • アドレスブック
  • ノートパッド
  • カレンダ
Webメール画面
※詳細は下図参照
早稲田大学専用画面 Yahoo!メール Academic Edition画面
ウイルス対策 "受信箱"にメールが届く前にウイルス付添付ファイル駆除 Webメール画面から添付ファイルをダウンロードする際、ウイルス付添付ファイル駆除
学生向けセカンドメールと校友向けセカンドメールのログイン後の画面比較

校友向けセカンドメールのログイン後Webメール画面は学生向けのセカンドメールサービスとは異なります。また、校友にはメール機能だけに限らず、「カレンダ」、「ノートパッド」を利用することができます。

                 
img1img1
【学生/教員/職員向けセカンドメール】
(早稲田大学専用画面)
【校友向けセカンドメール】
(Yahoo!メール Academic Edition用画面)
Copyright(C)Media Network Center, Waseda University. All rights reserved.