トップ > 教員・カリキュラム > 教員について > 教員プロフィール

古谷 修一

資格

教授

担当科目

国際関係公法基礎,国際法応用演習I,国際法応用演習II,
国際人権法

出身校等

中央大学法学部
早稲田大学大学院法学研究科

主な経歴・在外研究等

国際人道事実調査委員会委員
ユトレヒト大学オランダ人権研究所客員教授

主な研究/実務テーマ
  • 国際法
  • 国際機構論
  • 国際刑事法
主要著書・論文等
※「共著・編著」を含む
  • 「国際組織犯罪防止条約と共謀罪の立法化-国際法の視点から-」(『警察学論集』61巻6号)
  • 「国際刑事裁判権の意義と問題―国際法秩序における革新性と連続性」(村瀬信也・洪恵子共編『国際刑事裁判所―最も重大な国際犯罪を裁く』所収))
  • “State Immunity: An Impediment to Compensation Litigation―Assessment of Current International Law” (The International Law Association, Report of the 72nd Conference 2006)
  • 「稼動を始めた国際刑事裁判所の課題―外からの抵抗と内なる挑戦」(『法律時報』79巻4号)
  • “Implementing International Refugee Law through a National Legal System: Practice in Japan” (Japanese Annual of International Law, vol. 47)

2014年4月現在

一覧に戻る