ホーム ご挨拶 プログラムのご案内 組織とリンク お問い合わせ

 


 

 

 

 学生が外国語で研究報告を行い、外国の研究者から質問を受け議論をする機会を提供します。
法のグローバル化は、法の普遍性と、国民国家における法の歴史的コンテクストの関係を如何に捉えるか、という理論課題を我々に突きつけ、法律学のグローバル化を一層促しています。法学研究者は、将来ますます国外の研究者と緊密な協力関係の下で共同研究を展開する必要に迫られることでしょう。こうした今日的状況にあって、学問上の国際交流能力を身につけた研究者を養成すべく、このプログラムを実施します。

 

海外ワークショップとは

 海外ワークショップでは、(1)自分の研究内容を外国語で報告し、 (2)外国の教授から報告へのコメントをもらい、(3)このコメントに応答し、

(4)外国の院生から質問を受け、(5)この質問に応答しつつ議論する 、このような経験を積むことができます。

 これは、外国語で学問的議論を展開する能力を身につけるための大きなステップとなるでしょう。また、外国の研究者の卵との議論を通じて、将来にわたって研究交流できる人的関係を構築することもできます。


2010年度 海外ワークショップ募集

 

募集中のワークショップ

 

  現在募集中のワークショップはございません。

         

  

-----------------------------------------------------------------------------

 

  以下の募集は終了しております。

 

   ベルリン自由大学 2010年度  (追加募集2)        【募集要項】 ※ご参考  

     吉林大学  (中国) (追加募集)               【募集要項】 ※ご参考  

      国立台湾大学 (早稲田へ来訪)台湾)          【プログラム】 ※ご参考 

   吉林大学  (中国)                        【募集要項】 ※ご参考 

    ベルリン自由大学 2010年度  (追加募集)           【募集要項】 ※ご参考  

   ウォリック大学 2010年度(早稲田へ来訪)          【プログラム】 ※ご参考

    中国人民大学 2010年度(早稲田へ来訪)          【プログラム】 ※ご参考

    ベルリン自由大学 2010年度                【募集要項】 ※ご参考  

    ペンシルベニア大学  (アメリカ)              【募集要項】 ※ご参考

 

 

2009年度  海外ワークショップ

・2010年6月12日(土)ベルリン自由大学(ドイツ)、ウォーリック大学(イギリス)、中国人民大学へのワークショップに参加された方たちの

 報告会を実施いたしました。                                                          

 

  募集は終了しております。

    ウォーリック大学 2009年度(イギリス)              【募集要項】 ※ご参考  

    パリ第二大学 (フランス)                                   【募集要項】 ※ご参考

     ベルリン自由大学 2009年度(ドイツ)              【募集要項】 ※ご参考

     中国人民大学 2009年度(中国・北京市)           【募集要項】 ※ご参考

 

2008度 海外ワークショップ

 

  募集は終了しております。

   スタンフォード大学 2008年度    (アメリカ)            【募集要項】 ※ご参考  

    ベルリン自由大学 2008年度      (ドイツ)              【募集要項】 ※ご参考  

 

                                                                                                                                             →過去のトピックス

   

早稲田大学 大学院 法学研究科 組織的な大学院教育改革推進プログラム 運営事務局

(c) 2010 KKP & Graduate School of Law Waseda University, All rights reserved.