ホーム ご挨拶 プログラムのご案内 組織とリンク お問い合わせ
 


       

 

2009年度に 博士論文海外リサーチ支援を受給された方の報告を掲載いたしました。


2009年 海外リサーチ報告

 

 

 ■ 橋本 有生  [民法専攻(民事)修士課程2年]   イギリス 

 

   要保護成年者の身上監護権論序説 -イギリスにおけるMental Capacity Act 2005制定を手がかりとして-

 

 

 

 ■ 徐 蘭花  [国際私法専攻(民事)博士後期課程2年]   韓国 

 

   中国 ・日本・韓国における知的財産権の譲渡及び実施等の許諾をめぐる若干の考察

 

 

 

 ■ 田川 靖紘  [刑法専攻(公法)博士後期課程2年]  ドイツ

 

   正犯概念と正犯解釈論

 

 

 

 ■ 黒岩 容子  [労働法専攻(民事)博士後期課程 4年]  イギリス・ベルギー

 

   性差別禁止および性平等規範に関する研究〜EU法における展開を素材として〜

 

 

 

 ■ 張 睿英  [知的財産権法専攻(民事)博士後期課程5年]  アメリカ

                                                                                           

  Introduce the Fair Use clause to the Copyright Law of Korea/Japan : In a comparative perspective

 

 

                                                              ※学年は受給当時

←2008年度の成果へ

 

 

 

2010年 6月16日(水)「2009年度 海外リサーチ支援報告会」を実施いたしました。

 

                                                                            → 詳しくはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

                                                                  過去のトピックス

 

   

早稲田大学 大学院 法学研究科 組織的な大学院教育改革推進プログラム 運営事務局

(c) 2010 KKP & Graduate School of Law Waseda University, All rights reserved.