ホーム ご挨拶 プログラムのご案内 組織とリンク お問い合わせ
 


 


研究テーマに関して海外で調査研究を行い、資料収集するための支援を行います。
主な対象は博士後期課程の学生です。
海外での調査研究終了後、報告会において調査の成果について報告し、この成果を博士論文に反映させます。
 

2010年度 募集要項

                                                         

博士論文海外リサーチ支援 募集!                    (2010/07/02)

----------------------------------------------------------------------------------

                          

●募集人数  10名程度
   
●補助対象期間  2010年 7月 29日(木) 〜 2011年 1月 31日(月)

 ※上記期間内であれば出張日数は自由。ただし、研究遂行上必要な日数に限ります。
 ※ リサーチ対象の機関・研究者との関係で、上記期間が困難な場合は、相談に応じます。
 

●応募資格  

 次の各項目にすべて該当していること
  ・法学研究科の修士課程、博士後期課程に在籍する正規学生であること。
  ・修士課程在籍者の場合、博士後期課程への進学を予定していること。

  ※ただし、以下に該当する方は、この補助の対象となりません。
   ・助手、助教等、専任教員(他大学も含む)
   ・日本学術振興会特別研究員に採用されている方


 
※2009年度に補助を受けた方の応募を妨げるものではありません

 

面接日  2010年 7月 7日(水)(面接時間は応募者にメールにて通知)

        

応募締切    2010年 7月 2日(金)   17時まで   ※募集は終了しました 
 

  ・募集案内(pdf)   ※ご参考
  

  ・申請書ダウンロード(word)    ※ご参考

 

 

お問い合わせ  大学院法学研究科 (事務局:嶋根・吉田・森脇)

 

 

【ご参考】

2008年度と、2009年度に 博士論文海外リサーチ支援を受給された方の報告原稿をアップしております。

海外リサーチへの応募の検討をされている方や興味をお持ちの方は、是非、参考にご覧下さい。

 

                                                                 →詳しくはこちら

 

2009年度 

 

2009年度 海外リサーチ支援報告会                                (2010/06/16)   

--------------------------------------------------------------------------------------

2009年度に海外リサーチ支援に参加した方の報告会を実施いたします。

今年度(2010年度)も法学研究科の正規の学生向けに海外リサーチ支援の募集を予定しております。

 

●日時 2010年 6月 16日(水) 15:30〜17:05

 

●場所 9号館 5階 第1会議室

 

時 刻

氏 名

研究課題または博士(修士)論文テーマ

行先(学会・調査)

15:30-15:35

挨拶  近江幸治 法学研究科長

15:35-15:55

橋本 有生

(修士2年)

要保護成年者の身上監護権論序説
−イギリスにおけるMental Capacity Act 2005制定を手がかりとして−

イギリス

(調査)

15:55-16:15

徐 蘭花

(博士2年)

中国・日本・韓国における知的財産権の譲渡及び実施等の許諾を

めぐる若干の考察

韓国

(調査)

16:15-16:35

田川 靖紘

(博士2年)

正犯概念と正犯解釈論

ドイツ

(調査)

16:35-16:55

黒岩 容子

(博士4年)

性差別禁止および性平等規範に関する研究
〜EU法における展開を素材として〜

ベルギー・イギリス

(調査)

欠 席

(報告書のみ)

張 睿英

(博士5年)

Introduce the “Fair Use” clause to the Copyright Law of Korea/Japan : In a comparative perspective

アメリカ

(調査・学会)

16:55-17:05

講評  尾崎 安央 教務主任

                           

                                                                     <学年は申請時>

                 事前申込み不要 当日、直接ご来場下さい                                                                              

                                                                                                       →過去のトピックス

 

                                                                                             

   

早稲田大学 大学院 法学研究科 組織的な大学院教育改革推進プログラム 運営事務局

(c) 2010 KKP & Graduate School of Law Waseda University, All rights reserved.