是枝裕和教授の監督作品「万引き家族」が、カンヌ映画祭で最高賞を受賞!

「万引き家族」が、
カンヌ映画祭で最高賞を受賞

映画監督
1987年第一文学部卒業

是枝 裕和

第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和教授(基幹理工学部表現工学科)の監督作品「万引き家族」が、最高賞のパルムドールを受賞しました。日本映画としては21年ぶりの快挙です。
是枝教授は、1987年第一文学部卒業。映画監督として国内外で高い評価を受け、世界三大映画祭の一つといわれるカンヌでは、これまでにも、『誰も知らない』(2004年)で主演の柳楽優弥さんが男優賞を受賞、『そして父になる』(2013年)はコンペティション部門で審査員賞を受賞しています。2014年4月には基幹理工学部教授に就任し、大学のキャンパスという新たなフィールドで、講義を通じて映画製作の技術と精神を後輩に伝えています。

※掲載情報は取材当時のものです

Back