「狂言の夕べ in Los Angeles」
日本の伝統芸能を世界に発信

2017年5月5~9日にわたり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(英語: University of California, Los Angeles、通称UCLA)にて、野村万作氏(本学第一文学部卒・本学芸術功労者・人間国宝・文化功労者)や野村萬斎氏(本学推薦校友)等の出演による「狂言の夕べ in Los Angeles」、および学際的なシンポジウムとワークショップが開催されました。

これらは2014年9月、本学卒業生である柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)の個人寄付にもとづいて設立され、スーパーグローバル大学創成事業国際日本学拠点活動の一環である、「柳井正イニシアティブ グローバル・ジャパン・ヒューマニティーズ・プロジェクト(柳井イニシアティブ、The Tadashi Yanai Initiative for Globalizing Japanese Humanities)」による研究活動のひとつとして位置づけられ、UCLAと本学の連携のもとにとりおこなわれました。

6日・7日には“AN EVENING OF KYOGEN with Mansaku Nomura and Mansaku‐no-Kai”と題した狂言公演が開催されました。両日とも最終演目終了後には満場のスタンディングオベーションが起こり、興奮と感動に包まれつつ2日間にわたる公演は幕を閉じました。

本学では野村万作氏および萬斎氏の協力のもと、2010年より毎春「狂言の夕べ」を大隈講堂にて開催していますが、5日間にわたる一連のイベントの成功は、これまで築かれた信頼関係をより深めることになり、また同時にUCLAと本学との連携をより確固たるものとしました。

Back