性的マイノリティ学生を支援
「GSセンター」発足

早稲田大学では、国籍、性別(男女だけではない多様な性)、障がいの有無などに関わらず、多様な価値観や生き方を受容するキャンパスづくりに取り組んでいます。その一環として2017年4月、国内大学としては初となる、性的マイノリティ学生とジェンダー・セクシュアリティについて関心のある学生のためのリソースセンター「早稲田大学GSセンター」がオープン。早稲田大学のダイバーシティに関する施策を紹介します。

Back