VISION NOW

WASEDA VISION 150の今とこれから

観測史上最遠の
合体銀河の証拠
観測史上最遠の合体銀河の証拠

早稲田大学理工学術院の橋本拓也(はしもとたくや)氏(日本学術振興会特別研究員PD)、井上昭雄(いのうえあきお)教授らの国際研究チームは、アルマ望遠鏡を使って遠方天体B14-65666...

2つの起源で
“温めると縮む”
新材料を発見
2つの起源で“温めると縮む”新材料を発見

早稲田大学理工学術院の溝川貴司教授は、東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の酒井雄樹特定助教(神奈川県立産業技術総合研究所常勤研究員)、東正樹教授、Hena Da...

新しい放射能汚染土減容化技術
新しい放射能汚染土減容化技術

早稲田大学理工学術院の松方正彦(まつかたまさひこ)教授らの研究グループは、高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土減容化技術の開発に成功しました。本研究は、中間貯蔵・環境安全事業株式...

リアルタイムな
都市浸水予測が可能に
リアルタイムな都市浸水予測が可能に

早稲田大学理工学術院の関根正人(せきねまさと)教授、東京大学地球観測データ統融合連携研究機構の喜連川優(きつれがわまさる)教授・生駒栄司(いこまえいじ)特任准教授と山本昭夫(やまもと...

低分子化合物で植物時計の仕組みを発見
低分子化合物で植物時計の仕組みを発見

早稲田大学理工学術院の山口潤一郎(やまぐちじゅんいちろう)教授らは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の中道範人(なかみちのりひと)准教授らと共同で、低分子化...

タンパク質のリン酸化を抑制することで損傷した
視神経の再生を促進
タンパク質のリン酸化を抑制することで損傷した
視神経の再生を促進

早稲田大学理工学術院の大島登志男(おおしまとしお)教授、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター神経研究所の荒木敏之(あらきとしゆき)部長、公立大学法人横浜市立大学大学院医学研...

テラ電子ボルト領域に至る漸次的な陽子スペクトル硬化を  高精度に検出
テラ電子ボルト領域に至る漸次的な陽子スペクトル硬化を高精度に検出

早稲田大学理工学術院主任研究員 浅岡陽一 (あさおかよういち)、早稲田大学名誉教授・CALET代表研究者 鳥居祥二 (とりいしょうじ)、シエナ大学教授 Pier S. Marrocc...

細胞内へ物質を早く安全に届ける金属製ナノ加工穿刺スタンプを開発
細胞内へ物質を
早く安全に届ける
金属製ナノ加工穿刺スタンプを開発

早稲田大学大学院情報生産システム研究科の三宅丈雄(みやけたけお)准教授と北九州市立大学大学院環境生命工学科の中澤浩二(なかざわこうじ)教授の研究グループは、微細加工技術(無電解メッキ...

体温において心臓が効率良く拍動するメカニズムの一端を解明
体温において
心臓が効率良く拍動する
メカニズムの一端を解明

早稲田大学大学院先進理工学研究科博士後期課程(研究当時)の石井秀弥(いしいしゅうや、現東京慈恵会医科大学博士研究員)、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構主任研究員の大山廣太郎(...

岩手県久慈市で発見 ティラノサウルス類の歯化石
岩手県久慈市で発見 ティラノサウルス類の歯化石

久慈琥珀博物館(岩手県久慈市 館長:新田久男)と早稲田大学国際学術院の平山廉(ひらやまれん)教授、および国立科学博物館の對比地孝亘(ついひじたかのぶ)研究主幹の共同研究グループは、同...

急速ソイルセメント地中連続壁工法(AWARD-Para工法)を開発
急速ソイルセメント地中連続壁工法(AWARD-Para工法)を開発

早稲田大学理工学術院の赤木寛一(あかきひろかず)教授と(一社)気泡工法研究会のAWARD-Para工法開発プロジェクトチーム(戸田建設株式会社、前田建設工業株式会社、西松建設株式会社...

WBSが国際認証EQUISを取得することが決定しました
WBSが国際認証EQUISを取得することが決定しました

2019年3月 早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネス・スクール、以下WBS)は、マネジメント教育に関する国際的な教育品質評価機関である EFMD(The Europea...

明治安田生命と包括協定締結
明治安田生命と包括協定締結

2019年3月27日、早稲田大学は明治安田生命保険相互会社と包括連携協定を締結しました。 本協定の締結により、両者は、「地方創生」「健康」「スポーツ」「人材育成」等をキーワードとした...

卓越大学院PEPプログラム キックオフシンポジウム
卓越大学院PEPプログラム キックオフシンポジウム

2019年3月18日(月)、早稲田大学大隈記念講堂(小講堂)にて、卓越大学院PEPプログラムのキックオフシンポジウムを開催しました。産官学にわたるプログラム関係者や、関心をもつ学生な...

ナノテクノロジー研究増加率 共同研究が単独研究よりも高い傾向が明らかに
ナノテクノロジー研究増加率 共同研究が単独研究よりも高い傾向が明らかに

早稲田大学高等研究所のラファエル・ジング(Raphael Zingg)講師とマックス・プランク研究所(ドイツ)のマリウス・フィッシャー(Marius Fischer)博士は、1991...

「早稲田スポーツミュージアム」開館
「早稲田スポーツミュージアム」開館

2019年3月20日(水)、演劇博物館、會津八一記念博物館、早稲田大学歴史館に続く、第4のミュージアムとして「早稲田スポーツミュージアム」が戸山キャンパス早稲田アリーナ(2018年1...

多摩美術大学と基本協定を締結
多摩美術大学と基本協定を締結

2019年3月12日、早稲田大学は多摩美術大学と「起業家育成に関する大学間コンソーシアム連携協力に関する基本協定書」を締結しました。 早稲田大学を主幹校とし、他の34機関と共に形成す...

オープンイノベーションと産学連携マッチング
オープンイノベーションと産学連携マッチング

2019年3月5日(火)、ベルサール汐留(東京都中央区)にて「早稲田オープン・イノベーション・フォーラム 2019(WOI’19)」(後援:一般社団法人日本経済団体連合会)を開催いた...

二つの共振器量子電気力学系を光ファイバーで低損失・高効率に結合成功
二つの共振器量子電気力学系を光ファイバーで低損失・高効率に結合成功

早稲田大学理工学術院の青木隆朗(あおきたかお)教授、科学技術振興機構(JST)の加藤真也(かとうしんや)さきがけ研究者、オークランド大学(ニュージーランド)のスコット・パーキンス准教...

2エリア・11分野が100位以内にランクイン
2エリア・11分野が100位以内にランクイン

英国のQS社により、研究分野別の世界大学ランキング「QS World University Rankings by Subject 2019」が発表され、早稲田大学は2エリア(S...

2018年度 早稲田大学リサーチアワード表彰式
2018年度 早稲田大学リサーチアワード表彰式

2019年2月4日、大隈会館で、早稲田大学リサーチアワード WASEDA RESEARCH AWARD 表彰式が行われました。本学では、独創的研究の推進と国際的な情報発信力の強化を目...

温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明
温めると縮む物質の負熱膨張現象メカニズムを解明

早稲田大学理工学術院の望月維人(もちづきまさひと)教授は、青山学院大学大学院理工学研究科博士前期課程2年の小林賢也(こばやしまさや)氏との共同研究により、その発見から40年以上もの長...

世界初 結晶の新しい「光トリガー相転移」の発見と機構解明
世界初 結晶の新しい「光トリガー相転移」の発見と機構解明

早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の小島秀子(こしまひでこ)研究院客員教授と、同大学理工学術院の朝日透(あさひとおる)教授、谷口卓也(たにぐちたくや)同大学大学院先進理工学研究科5年...

シンポジウム「データとしての社会」開催
シンポジウム「データとしての社会」開催

ウェブニュース、検索エンジンにおけるキーワード、インスタグラムやツイッターといったSNS等のソーシャルメディアへの投稿。現代社会では、膨大なデータが常に生み出されています。生み出され...

唐津市と産業・文化・教育・研究・まちづくり等に関する協定を締結
唐津市と産業・文化・教育・研究・まちづくり等に関する協定を締結

2019年2月7日、早稲田大学と唐津市は、大学が保有する知的資源を活用し、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的として、産業、文化、教育、まちづくり、学術研究の分野等における協...

「大学におけるデータサイエンス教育の現状と未来」開催
「大学におけるデータサイエンス教育の現状と未来」開催

2019年1月23日、データ科学総合研究教育センターが第5回シンポジウム『大学におけるデータサイエンス教育の現状と未来』を大隈小講堂にて開催しました。5回目となる今回、東京大学、横浜...

カタール大学と学術交流協定「カタールチェア」締結
カタール大学と学術交流協定「カタールチェア」締結

2019年1月29日、本学の協定校であるカタール大学のHassan Al-Derham学長が来校し、カタール大学と早稲田大学との学術交流を促進するための「カタールチェア」に関する協定...

IoT機器からクラウド環境への通信量を大幅削減する実証実験開始
IoT機器からクラウド環境への通信量を大幅削減する実証実験開始

日本電気株式会社、国立大学法人 東京大学 大学院情報学環中尾研究室、日本電信電話株式会社、学校法人 早稲田大学は、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT機器と共通基盤間における重要通信...

原発性硬化性胆管炎の病態に関与する腸内細菌を発見
原発性硬化性胆管炎の病態に関与する腸内細菌を発見

早稲田大学理工学術院の服部正平(はっとりまさひら)教授は、慶應義塾大学等と共同で、肝移植以外に有効な治療法が少ない難治性自己免疫性疾患である原発性硬化性胆管炎(PSC)患者の便中に、...

バーミンガム大学×早稲田大学が英国政府の研究基金を獲得
バーミンガム大学×早稲田大学が英国政府の研究基金を獲得

早稲田大学とバーミンガム大学は、2000年に学術協定を締結して以来、学生交流・研究者交流を活発に行い、信頼関係を強めてきました。2016年に共同研究の戦略パートナーシップに合意し、現...

ガソリンエンジン及びディーゼルエンジンともに正味最高熱効率50%超を達成
ガソリンエンジン及びディーゼルエンジンともに正味最高熱効率50%超を達成

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的燃焼技術」(プログラムディレクター:杉山 雅則(トヨタ自動車株式会社))(管理法人:国立...

国内初 駅ホームにおける「5G」を活用した安全・安心のための実証に成功
国内初 駅ホームにおける「5G」を活用した安全・安心のための実証に成功

株式会社国際電気通信基礎技術研究所、KDDI株式会社 、パナソニック株式会社、早稲田大学、京浜急行電鉄は、増加するインバウンドにより多くの利用が見込まれる国際空港の駅ホームにおいて、...

手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功
手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功

早稲田大学理工学術院の石井裕之(いしいひろゆき)准教授、株式会社Genics(社長:栄田源(さかえだげん))の共同研究グループは、手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に...

「第15回 日本学術振興会賞」本学理工学術院教授の受賞が決定
「第15回 日本学術振興会賞」本学理工学術院教授の受賞が決定

このたび、早稲田大学理工学術院の滝沢研二教授が、独立行政法人日本学術振興会の「第15回(平成30年度)日本学術振興会賞」の受賞者として決定しました。 平成30年度は、学術研究機関及び...

早稲田大学におけるバーミンガム大学デー開催
早稲田大学におけるバーミンガム大学デー開催

早稲田大学とバーミンガム大学とは、2000年に学術協定を締結して以来、学生交流、研究者交流を活発に行い、信頼関係を高めてきました。その後、2016年に共同研究の戦略パートナーシップに...

次世代のシンボル早稲田アリーナ竣工
次世代のシンボル早稲田アリーナ竣工

創立75周年を記念して1957年に竣工した記念会堂に代わる多目的施設「早稲田アリーナ」(37号館)が遂に完成し、2018年12月10日に竣工式が行われました。かつての記念会堂は、約6...

個々のマウスの位置情報を自動検出する解析ソフトウェア開発に成功
個々のマウスの位置情報を自動検出する解析ソフトウェア開発に成功

早稲田大学人間科学学術院の掛山正心教授(重点領域研究機構環境医科学研究所長)らの研究グループは、集団生活しているマウスの社会的近接性を調べるため、個々のマウスの位置情報を自動検出する...

人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発
人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発

株式会社富士通研究所と学校法人早稲田大学理工学術院高橋真吾教授は、人間行動シミュレーションの結果から混雑につながる原因を自動で分析する技術を開発しました。 本技術により、インバウンド...

2018年度 早稲田大学リサーチアワードの受賞者が決定
2018年度 早稲田大学リサーチアワードの受賞者が決定

早稲田大学では、独創的研究の推進と国際的な情報発信力の強化を目的として、2014年に早稲田大学リサーチアワードを設け、大規模な研究を主導的に推進している研究者および国際発信力の高い研...

4分野で1位を獲得
科研費分野別の採択件数ランキング
4分野で1位を獲得
科研費分野別の採択件数ランキング

文部科学省は、2018年度科学研究費助成事業(以下、科研費)の新規採択の累計数について、研究分野別に上位10研究機関を公表しました(2018年11月7日)。本学は全65の研究分野中、...

シャーレ内での脳機能モデリングに向けて道筋
シャーレ内での脳機能モデリングに向けて道筋

東北大学材料科学高等研究所の平野愛弓教授(同電気通信研究所を兼務)と山本英明助教、同電気通信研究所の佐藤茂雄教授、バルセロナ大学物理学部Jordi Soriano准教授、東北福祉大学...

東京オリンピック イタリアチームの事前キャンプ地に関する正式契約締結式
東京オリンピック イタリアチームの事前キャンプ地に関する正式契約締結式

早稲田大学は、所沢市とともに、東京2020オリンピック競技大会におけるイタリア共和国オリンピックチームの事前トレーニングキャンプについて、イタリアオリンピック委員会と正式契約を締結し...

欧州との連携によるBeyond5G先端技術の研究開発
欧州との連携によるBeyond5G先端技術の研究開発

早稲田大学理工学術院の川西哲也(かわにしてつや)教授の研究グループは、千葉工業大学、岐阜大学、日本電気株式会社、高速近接無線技術研究組合とブラウンシュヴァイク工科大学、ドイツテレコム...

本学副総長がイタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ章を受章
本学副総長がイタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ章を受章

橋本周司副総長がイタリア共和国大統領より「イタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ章」を受章しました。2018年10月29日に在日イタリア大使館で伝達式が行われ、ジョルジョ・スタラーチ...

ベンチャーキャピタル2社と提携契約を締結
ベンチャーキャピタル2社と提携契約を締結

早稲田大学(総長:鎌田薫)は2018年10月29日に、本学発の知的財産を活用したベンチャー企業の創出を目的とする「早稲田大学提携ベンチャーキャピタル」として、ウエルインベストメント株...

日本・スウェーデン間の共同研究促進プログラムMIRAIワークショップ開催
日本・スウェーデン間の共同研究促進プログラムMIRAIワークショップ開催

2018年10月11日(木)と12日(金)の2日間に渡り、日本とスウェーデンの大学間で進めている共同研究促進のプログラム MIRAIワークショップが本学で実施されました。 MIRAI...

極端紫外線レーザーにより熱影響が極めて少ない材料加工を実現
極端紫外線レーザーにより熱影響が極めて少ない材料加工を実現

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】分析計測標準研究部門 放射線イメージング計測研究グループ 澁谷 達則産総研特別研究員、田中 真人主任研究員、小川 博嗣主任研...

1分で装着可能、腰だけでなく腕の負担も軽減する補助スーツを開発
1分で装着可能、腰だけでなく腕の負担も軽減する補助スーツを開発

早稲田大学理工学術院の田中英一郎(たなかえいいちろう)教授の研究グループは、旭蝶繊維株式会社と共同で、持ち上げ動作時にゴムベルトおよび布の変形収縮により腕と腰を補助するスーツ「e.z...

Back