対話型、問題発見・
解決型の授業比率

対話型、問題発見・解決型の授業比率

  • 2012年度欄は演習、実験、実習科目の比率。
  • 対話型、問題発見・解決型の授業には多様な形態があるが、ここでは学生が能動的に授業に参加し、ディスカッションやグループワークなどを活用しながら理解を深める授業を想定して2032年度の目標値とした。

Back