6.早稲田らしさと誇りの醸成をめざして -早稲田文化の推進|早稲田の核心戦略|Waseda Vision 150|早稲田大学
早稲田の核心戦略 6.早稲田らしさと誇りの醸成をめざして -早稲田文化の推進

6.早稲田らしさと誇りの醸成をめざして-早稲田文化の推進

早稲田大学は、教旨のもとに積み重ねてきた歴史と伝統を通して、日本社会とその文化に貢献してきた。その積み重ねは、しばしば早稲田らしさ、あるいは早稲田文化と称され、卒業生の、在学生の、教職員の、そして広く早稲田関係者の誇りを形成してきた。早稲田らしさは、早稲田の地で生成・蓄積がなされたが、同時にその精神と活動は、日本の隅々に向けられ、また当初から日本を超えて世界に向かっていた。早稲田文化の強力な推進を通して、新たな文化の創成に寄与し、人類への貢献をなすための戦略とその実現のための方策について考える。このことは、早稲田の誇りの醸成について考えることでもある。

目的・目標

早稲田文化を早稲田の内外、特に、外から見たとき、それは早稲田らしさと評される。早稲田らしさが語られるとき、早稲田の関係者は、早稲田への帰属意識と誇りをあらためて感ずることになる。
 本戦略の目的は、
1)早稲田文化とは何かをあらためて確認するとともに、その充実と展開のプロセスを明らかにすること
2)早稲田文化を早稲田らしさの評価につなげ、その評価を高めること
3)早稲田の誇りの一層の醸成
にある。
 目的の実現を通して、新たな文化の創成への寄与をめざす。

改革のポイント

  1. 学生、卒業生、教職員、そして広く早稲田に関わる人たちの営みから生成・蓄積された早稲田の文化を継承・発展させるための戦略を推進する。
  2. 学生、校友、教職員等、早稲田に関係する人々一人ひとりが早稲田に持つ誇りの源泉を見つけ育てる。

関連するプロジェクト

  • ▶文化・芸術の推進とキャンパスからの文化発信PJ
  • ▶地域との連携による文化発信と施設の有効活用PJ
  • ▶バーチャルミュージアム-文化資源データベース公開の強化・拡充PJ
  • ▶早稲田大学百五十年史編纂PJ
  • ▶早稲田スポーツの新たな展開PJ
  • ▶早稲田らしさと誇りの探PJ
  • ▶ワセダ演劇の発信力強化PJ

以上

ページ最上部へ戻る
  • Waseda Vision 150について
  • 早稲田のVision
  • 早稲田の核心戦略
  • ロードマップ
  • 数値目標
  • 核心戦略の関連プロジェクト一覧
  • 学術院、高等学院、芸術学校の将来構想
  • 早稲田大学リンク
  • サイトポリシー