前橋 明

前橋 明
前橋 明
MAEHASHI, Akira
教授
研究者データベース
専門子どもの健康福祉学、幼児体育、福祉教育
学歴1977年Southern Oregon State College保健体育学部卒業
1978年University of Missouri-Columbia大学院修士課程修了、博士(医学)岡山大学
職歴倉敷市立短期大学教授を経て、2003年4月から現職

学部

学科健康福祉科学科
学系保健福祉系
研究内容子どもの疲労と体温との関連・乳幼児の生活リズム・保護者の育児疲労と育児支援について、主に研究しています。最近は、ここで得た知見を児童福祉に応用し、子どもたちの健全育成について検討するとともに、子どもたちの抱える健康福祉上の諸問題に対処するため、幼少児の健康・生活実態調査を全国的に展開しています。

大学院

研究領域健康福祉科学研究領域
研究指導名子どもの健康福祉学 研究指導(修士課程、博士後期課程)
指導内容子どもたちが心身ともに健康で生き生きとした暮らしが送れるように、また、子どもたちが社会生活をしていく上で必要なコミュニケーション能力を育て、豊かな心をもち、たくましく生きることができるように、これまで数多くの児童福祉研究や保育・教育研究、幼少児健康教育研究などがなされ、あわせて児童家庭福祉施策や小児保健施策が講じられてきた。しかし、近年になって、子どもたちの抱える・抱えさせられている心身や生活上の問題は、非常に複雑・多岐にわたり、新たな展開が迫られている。 こうした社会や子どもたちの生活の背景を踏まえながら、近年のこの分野での研究動向について指導し、さらに各自の研究テーマに基づいて、研究計画の立案・実践と論文の作成、成果の発表、社会貢献ができるよう、研究指導を展開する。
キーワード子どもの健康福祉、子どもの健全育成、保育、幼児体育、幼少児健康教育、健康福祉教育、生活リズム、子育て支援、幼少児福祉教育