保崎 則雄

保崎 則雄
保崎 則雄
HOZAKI, Norio
教授
研究者データベース
専門英語教育方法論、教育コミュニケーション学、メディアリテラシー研究 教材開発研究
学歴1977年金沢大学法文学部法学科卒業
1987年米国オハイオ州立大学院教育工学科 博士課程卒業。Ph.D.(Instructional Design & Technology,Foreign Language Education;The Ohio State University,1987)
職歴オハイオ州立大学生涯教育講座講師、神奈川大学外国語学部教授を経て、2000年4月から現職

学部

学科人間情報科学科
学系コミュニケーション学系
研究内容メディアリテラシー能力育成を実践、研究する。映像モード、音声モード、身体動作モードを文字情報と複合的、選択的に呈示して効果的なプレゼンテーション、コミュニケーションを試み、メッセージ伝達能力向上を追求する。小学校から社会人までのメディア利用の英語教育方法研究を行う。メッセージ映像やTV番組を制作する。

大学院

研究領域教育コミュニケーション情報科学研究領域
研究指導名教育コミュニケーション学 研究指導(修士課程)
指導内容言語表現力、メディア表現力、身体表現力はauthenticな状況での使用において習得される。Media attributes、BICS(生活言語能力), CALP(学習言語能力)の基本概念の理解、批判などを踏まえ、メディア利用の言語教育などを考えつつ、メディア教育、教材開発などを研究する。メディアとしてのシンボルシステムである言語、映像、音声、文字の効果的な提示、伝達をデータ収集、分析をしつつ学習の効果などについて研究する。加えて、身体、言語、映像、音声などを統合的に組み合わせた日英語でのeffective media presentationの研究、指導を国内外の学会発表などを通しつつ指導する。Seeing is believing. Listening is comprehending. And participation in activities will develop your new learning.
キーワードMedia literacy、TESOL/JAFL、教育コミュニケーション、言語教育と身体、Media production, Study abroad、Teacher training, Media specialist