早稲田大学 本庄プロジェクト推進室

所沢校地

早稲田大学所沢校地エコロジーキャンパス支援活動

本学では埼玉県下の所沢市と本庄市でキャンパス整備を進める傍ら生物多様性と調和した建設計画(エコロジーキャンパス)を推進しています。
両地区の良好な自然環境(所沢校地・狭山丘陵・本庄校地・大久保山)の実態を踏まえた建設計画から工事実施、共用後に至るまでの自然環境配慮や各種対策委員会事務局・環境調査を(財)埼玉県生態系保護協会へ委託しています。
学識者で構成された「早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会」および「本庄新都心地区環境検討委員会」(共に委員長は石原勝敏埼玉大学名誉教授)では、毎年の建設工事の内容が諮られ対策の効果を検証しながら、生物多様性への影響を回避・低減・代償すると共に、現況以上に改善させることも視野に入れた取組みが行われています。
第三者機関である埼玉県生態系保護協会による所沢および本庄校地の“自然環境対策の概要”と各年度ごとの取組みをまとめた“年次報告”は以下の通りです。(クリックすると埼玉県生態系保護協会のHPへ移行します)

1)早稲田大学所沢校地B地区における自然環境対策の概要

  1. 「早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会」の設置・開催
    1. 評価委員会設立趣意書・設置要綱・委員名簿・評価委員会開催状況
  2. 「早稲田大学所沢校地B地区自然環境評価委員会」における主な取決め事項
    1. 評価委員会・提言書【平成13年8月11日】
    2. B地区湿地環境管理方針、B地区回復緑地植栽計画方針【平成14年5月15日】
    3. 湿地再生プラン(B地区湿地保全計画2006.)【平成18年5月10日】 (準備中)
  3. 早稲田大学所沢校地B地区における生物多様性対策
    1. B地区開発全体計画の変更―評価委員会発足時と提言書提出時―
    2. B地区における主な開発造成域への自然環境配慮と生物多様性試験エリアの取組み
      開発造成域
      1. 進入道路造成域
      2. 研究等利用域
      3. 調整池・砂川堀整備域
      生物多様性試験エリア
      1. 自然草地創出エリア
      2. 湿地再生エリア
      3. 二次林再生エリア

2)早稲田大学所沢校地・『年次報告』

  1. B地区自然環境評価委員会による生物多様性改善に向けた取組みの経験
  2. 地区の生物多様性に関する留意点と取組みの概要
  3. 年度ごとの評価委員会・報告
    平成20年度 第1回評価委員会 第2回評価委員会
    平成21年度 第1回評価委員会 第2回評価委員会
    平成22年度 第1回評価委員会 第2回評価委員会
    平成23年度 第1回評価委員会 第2回評価委員会
    (1)会議次第  開催年月日/場所/議事
    (2)評価委員会・議事録
  • (公財)本庄早稲田 国際リサーチパーク
  • 地域連携 子ども大学 ほんじょう
  • 彩の国本庄拠点 フィルムコミッション