学校における感染症/治癒証明書

学校における感染症

最近の感染症を取り巻く状況は厳しさを増しており、国では感染症法(感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律)が施行されています。学校においては、学校保健安全法(学校保健法改正、平成21年4月1日より施行)により「学校において予防すべき感染症」(学校伝染病)として下記のように分類され、学校における感染拡大防止のため「出席停止期間」が定められています。

pht_infection

学校において予防すべき感染症

  • 感染の危険がなくなるまで自宅療養してください(医師の許可が下りるまで)。
  • 罹患したことを所属学部・研究科等事務所に連絡してください。
  • 治癒後、所属学部・研究科等事務所に「学校における感染症治癒証明書」を提出してください。

学校における感染症治癒証明書 Certificate of recovery from Infectious Disease

School Infectious Disease Prevention Policy – Class Absence Procedures


学校において予防すべき感染症 (学校保健安全法施行規則第18条)

分類 特徴 該当する感染症
第一種 発生は稀だが重大な感染症 エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス)
中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルス)
特定鳥インフルエンザ
指定感染症
新感染症
第二種 飛沫感染し流行拡大のおそれがある感染症 インフルエンザ
百日咳
麻疹
風疹
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
水痘(水ぼうそう)
咽頭結膜熱
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 飛沫感染が主体ではないが、
放置すれば流行拡大の可能性がある感染症
コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症(O157など)
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症

School Infectious Disease Prevention Policy


出席停止期間の基準 (学校保健安全法施行規則第19条)

分類 出席停止期間の基準
第一種 治癒するまで
第二種 インフルエンザ  発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで。または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹 解熱後3日を経過するまで
風疹 発疹が消失するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
水痘
(水ぼうそう)
全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が後退した後2日を経過するまで
結核 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
第三種 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで

Mandatory Suspension Guidelines

関連リンク

医療、保健管理、学生相談から大学生活を支える

ページトップへ