Waseda University TOPページへ
 早稲田大学環境保全センター
      Waseda University Environmental Safety Center
センターの組織・運営 規程 学内向けTOP 学外向けTOP

 環境保全センター規程

(1979年12月1日教務達第20号)
《所管:教務課長》
改正 2006年2月13日規約第05―74号

 第1章 総則
 (名称)
第1条 本大学に環境保全センター(以下「センター」という。)をおく。
 (目的)
第2条 このセンターは、教育研究活動等に伴い発生する環境汚染の防止と環境負荷を低
   減し、教職員・学生および周辺住民の生活環境の保全をはかることを目的とする。
 (業務)
第3条 このセンターは、前条の目的を達成するために、次の業務を行う。
  一 実験系廃棄物の適正管理および処理に関する事項
  二 環境保全のための環境分析に関する事項
  三 環境保全および安全対策について関連箇所への指導・助言
  四 環境保全および安全にかかわる教育研究支援
  五 毒劇物、特定化学物質、有機溶剤、その他の薬品管理に関する事項
  六 計量証明に関する事項
  七 その他このセンターの設置目的を達成するために必要な事項
 (研究・教育・訓練等のための施設使用)
第4条 このセンターの施設は、前条の業務のほか運営委員会の承認を得て次の目的のた
   めに使用することができる。
  一 研究活動
  二 学生の実験実習等の教育
  三 職員の教育訓練
  四 その他運営委員会が特に必要と認めた事項
 (所管)
第5条 このセンターに関する所管は、教務部とする。

 第2章 所長
 (所長)
第6条 このセンターに所長1人をおく。
2 所長は、本大学の教員のうちから大学が嘱任する。
 (所長の職務)
第7条 所長は、センターの職務を総括し、センターを代表する。
2 所長が欠けたとき、または所長に事故があるときは、第10条第1号に規定する理事が
 その職務を行う。
 (所長の任期)
第8条 所長の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 所長が欠けたときは、その後任者の任期は前任者の残任期間とする。

 第3章 運営委員会
 (運営委員会)
第9条 このセンターの運営に関する重要事項を審議するため、運営委員会をおく。
 (運営委員会の構成)
第10条 運営委員は、次の区分に従って大学が嘱任する。
  一 総長の指名する理事 1人
  二 専任教員のうちから所長の推薦する者 若干人
  三 専任職員のうちから所長の推薦する者 若干人
2 所長、教務部長、研究推進部長およびセンターの事務長は、職務上運営委員となる。 
 (運営委員の任期)
第11条 運営委員の任期は、所長の任期に関する規定を準用する。
 (運営委員会の招集および定足数)
第12条 運営委員会は所長が招集し、議長としてその議事を整理する。
2 運営委員会は、委員の過半数の出席がなければこれを開くことができない。
3 運営委員会の議事は、出席委員の過半数により決定する。

 第4章 専門委員会
 (専門委員会)
第13条 所長の諮問機関として、専門委員会をおく。
2 専門委員会は専門の知識を生かし、諮問事項に対し適切な助言を行う。
 (専門委員会の構成)
第14条 専門委員は、次の区分に従って所長が嘱任する。
  一 専任教員のうちから所長の推薦する者 若干人
  二 専任職員のうちから所長の推薦する者 若干人
 (専門委員の任期)
第15条 専門委員の任期は、所長の任期に関する規定を準用する。
 (専門委員会の議長および招集)
第16条 専門委員会は所長が招集し、所長が任命した議長により、専門委員会の議事を
   整理する。

 第5章 事務組織
 (事務組織)
第17条 このセンターに関する事務組織は、早稲田大学事務組織規則(1987年庶文達
   第20号の1)をもって別に定める。
第18条 削除

 第6章 経理
 (会計年度)
第19条 このセンターの会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
 (経費)
第20条 このセンターの経常費は、大学からの交付金、寄附金、計量証明に係る事業収入
   その他の収入をもって充てる。
 (会計処理)
第21条 このセンターの会計は、一般会計および特別会計をもって処理する。
2 計量証明に係る事業収入は、特別会計をもって処理し、他は一般会計をもって処理する。
 (収支の予算)
第22条 所長は、毎年度の終わりに次年度の収支予算案を作成し、運営委員会の議を経て、
   大学の承認を得なければならない。
 (収支の決算)
第23条 所長は、毎年5月末日までに前年度の収支決算書を作成し、運営委員会の議を経て、
   大学の承認を得なければならない。

 附 則
  この規程は、昭和54年12月1日から施行する。
 附 則(昭和57年5月4日教務達第2号)
  この規程は、昭和57年5月4日から施行する。
 附 則(昭和58年11月24日庶文達第39号の4)
  この規程は、昭和58年12月1日から施行する。
 附 則(昭和62年11月12日総文達第23号)
  この規則は、昭和62年11月12日から施行し、改正後の各規則、各規程等の規定
  は、昭和62年6月1日から施行する。
 附 則(1994年4月22日規約第94-3号)
  この規程は、1994年4月22日から施行し、改正後の環境保全センター規程の規定
  は、1994年4月1日から適用する。
 附 則(2001年12月21日規約第01―50号)
  この規程は、2002年4月1日から施行する。
 附 則(2004年9月15日規約第04-14号の14)
  この規則は、2004年9月16日から施行する。
 附 則(2006年2月13日規約第05-74号)
  この規程は、2006年2月13日から施行する。


所長挨拶へ  あゆみへ  組織・委員へ  スタッフ・取得資格へ



このページの先頭に戻る


業務別メニュー

 Ⅰ.化学物質購入保管
  1. 実験計画
  2. SDS取扱い入手方法
  3. 化学物質管理システム(CRIS)
  4. 化学物質購入
  5. 化学物質使用・保管方法
  6. ドライアイス・液体窒素購入
 Ⅱ.化学物質の使用
  1. 作業環境測定について
  2. 流し(洗浄施設)について
  3. 化学薬品使用後実験器具等洗浄ルール
 Ⅲ.実験系廃棄物取扱い
  1. 実験系廃棄物廃棄方法流れ
  2. 実験系廃棄物収集処理依頼方法
  3. 分別収集方法
  4. 不要薬品処理依頼方法
  5. 分別収集区分該当しない実験系廃棄物取扱い
廃棄物・廃液 分類図/区分表
  1. 廃棄物発生から最終処分まで
  2. 分別収集流れ
  3. 無機廃液区分
  4. 有機廃液/固体試薬区分
  5. 感染性/実験器具廃棄物区分
  6. 感染性/実験器具/固体試薬分別
  7. 生物実験から発生する廃棄物取扱い
  8. 実験動物等処理依頼フロー

分析・研究支援
  1. 分析業務紹介
  2.  [パワーポイント(11MB)]
  3. 学内水質管理及び環境分析
  4. 定期排水分析結果
  5. 教育・研究支援
  6. 分析機器一覧
ケミカルショップ
  1. ショップ場所・開室時間
  2. ドライアイス購入
  3. 液体窒素供給方法
刊行物等
  1. センター利用手引き
  2. 年報「環境」
  3. ニュースレター「環境保全」
環境関連法規
  1. 法規歴史
  2. 法規一覧
  3. 法規概説
  4. 水質汚濁に係る基準

サイトマップ

関連リンク


私立大学環境保全協議会

早稲田大学トップページへ
 早稲田大学環境保全センター
  〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1 55号館N棟B1  
西早稲田キャンパス(旧・大久保キャンパス)案内図
   TEL:03-5286-3089 FAX:03-5286-3465
   学内から内線TEL:73-6202 FAX:73-4055

©2007 Waseda University Environmental Safety Center,All Rights Reserved.