Waseda University TOPページへ
 早稲田大学環境保全センター
      Waseda University Environmental Safety Center
センターの組織・運営 所長挨拶 学内向けTOP 学外向けTOP

 環境保全センター 所長挨拶


 早稲田大学環境保全センターは、「教育・研究活動にともない発生する環境汚染の防止と環境負荷を削減し、教職員・学生および周辺住民の生活環境の保全をはかる」ことを目的として1979年12月に設立されました。大学における環境安全・環境教育の重要性を当時理工学研究所長であった加藤忠蔵現名誉教授が早くから認識・努力され、本センターの設立に至ったもので、当時の早稲田大学の取り組みは私立大学として非常に先駆的であったと申せましょう。
 現在では、センター設立当時の理念を継承発展させ、安全講習会をはじめとする教育面での充実も図りつつ、学内より発生する実験系廃棄物の適正な分別管理及び法律に則った処理の委託、大学の特定施設から排出される下水の水質管理・分析、分析機器および施設の研究者・学生への開放・研究支援・分析相談などを行い、多面的な活動を展開しております。特にこの数年は、化学物質管理システム(CRIS)の導入、卒修論生を対象とした安全e-learningプログラムの制作・運用、さらに労働安全衛生法に基づいた研究室・実験室における作業環境測定の開始など、新たな業務に積極的に取り組み、大学における化学物質および安全衛生の質的向上に貢献しております。

 本センターは、大学の環境・安全を守りつつ研究教育の充実発展に貢献する中核機関として、早稲田大学のみならず全国の私立大学を牽引する存在となることを目指していく所存です。今後とも本センターの活動に対し、ご理解とご支援をお願い申し上げます。

環境保全センター
所長 菅原 義之




あゆみへ  組織・委員へ  規程へ  スタッフ・取得資格へ




このページの先頭に戻る


業務別メニュー

 Ⅰ.化学物質購入保管
  1. 実験計画
  2. SDS取扱い入手方法
  3. 化学物質管理システム(CRIS)
  4. 化学物質購入
  5. 化学物質使用・保管方法
  6. ドライアイス・液体窒素購入
 Ⅱ.化学物質の使用
  1. 作業環境測定について
  2. 流し(洗浄施設)について
  3. 化学薬品使用後実験器具等洗浄ルール
 Ⅲ.実験系廃棄物取扱い
  1. 実験系廃棄物廃棄方法流れ
  2. 実験系廃棄物収集処理依頼方法
  3. 分別収集方法
  4. 不要薬品処理依頼方法
  5. 分別収集区分該当しない実験系廃棄物取扱い
廃棄物・廃液 分類図/区分表
  1. 廃棄物発生から最終処分まで
  2. 分別収集流れ
  3. 無機廃液区分
  4. 有機廃液/固体試薬区分
  5. 感染性/実験器具廃棄物区分
  6. 感染性/実験器具/固体試薬分別
  7. 生物実験から発生する廃棄物取扱い
  8. 実験動物等処理依頼フロー

分析・研究支援
  1. 分析業務紹介
  2.  [パワーポイント(11MB)]
  3. 学内水質管理及び環境分析
  4. 定期排水分析結果
  5. 教育・研究支援
  6. 分析機器一覧
ケミカルショップ
  1. ショップ場所・開室時間
  2. ドライアイス購入
  3. 液体窒素供給方法
刊行物等
  1. センター利用手引き
  2. 年報「環境」
  3. ニュースレター「環境保全」
環境関連法規
  1. 法規歴史
  2. 法規一覧
  3. 法規概説
  4. 水質汚濁に係る基準

サイトマップ

関連リンク


私立大学環境保全協議会


早稲田大学トップページへ
 早稲田大学環境保全センター
  〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1 55号館N棟B1  
西早稲田キャンパス(旧・大久保キャンパス)案内図
   TEL:03-5286-3089 FAX:03-5286-3465
   学内から内線TEL:73-6202 FAX:73-4055

©2007 Waseda University Environmental Safety Center,All Rights Reserved.